2015年02月28日

二月尽               本日のおすすめ

AM5:00起床。

昨晩から吹いている北風は体感温度を下げる。

開き始めた毛穴が窄み、ゆるみ始めた肌は再び乾燥している。

寒が戻り、仕舞った防寒着を引っ張り出し、バイクのインナーグローブを着ける。

20150228 河岸.jpg

本日のおすすめ。

かつおは長崎のもちもちとしたかつお。

ネットリ感が強く、旨味も濃厚。

銚子のほうぼうは身質細やかで甘味も十分にある。

あら炊きもおすすめ。


久しぶりのえいヒレは北海道礼文島。

煮付けにして旨く、軟骨の食感が鮭を誘う。

20150228 浅蜊.jpg

春はあさりで、知多半島の初物入荷。

肉厚で旨味あり。

これから肉に厚みが増し初め、こうご期待。



冬から春へと食材が変わりだした。

わらびを仕込む。




posted by tenmogura at 08:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

九夜月                朧夜

痛恨の春雨は、閉店時間になると上がっていた・・・_s(・`ヘ´・;)ゞ..チッツ

雨雲は去り、西の夜空に朧な半月が浮かぶ。

春は朧だ。


風は未だ冷たいが、ゆるゆると春は訪れる。

新玉葱が甘かったり、蕗のとうの苦みが増したりと、春は芽吹き始めている。


身体の毛穴が開き始めて来ると、冬の食材に興味がなくなる。

うどんを打つ額にうっすらと汗がうかぶと、汁の割合を変える。


身体が春の準備をしている。



冬の灰汁が出始めると、眠くて、眠くて、・・・・

一瞬時間が飛ぶのは約10分、わずかな時間を盗まれる。

メニューを書いている時間がいつもより長くかかるのは、気のせいではなかった。


時量師神が寝ろと言っている。

posted by tenmogura at 09:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

226                本日のおすすめ

AM5:00起床。

ラジオの天気予報では午前中から雨が降ると言う。

防寒レイン雨エアーを着込んでバイクで走る。

行きは良いが、帰りは怪しい。

20150226 河岸.jpg

本日のおすすめ。

かつおは銚子の巻き網で、延縄よりはやや落ちるが旨さには変わりはない。

同じく銚子は、春子鯛昆布〆。

天ぷらもおすすめ。

江戸前さよりは刺身&天ぷらでおすすめ。

知多半島の白魚は、天ぷらで春の味。

天ぷらは色々豊富。

はまぐり・春野菜・れんこん・穴子、どれもおすすめ。


山菜は出揃った。

週末にあさりが入るか、来週に天ぷら用の小鮎が入るか、


春は近い。


posted by tenmogura at 09:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

上弦の半月              道眞忌

環状八号線は甲州街道方面から南下すると、小田急線の高架が見える。

高架先の南側交差点は、小田急線と平行に城山通りが走っている"砧2丁目"の信号機となる。

この信号機は右折信号があり、城山通りは成城へ抜ける道で、右折する車の交通量が多い。

河岸の帰りは、何時もここを右折する。



小田急線高架に平行して、高架北側にもう一本道が走っている。

この道は環八に分断されて車の交通量は少ない。



環八を南下して城山通りを右折する。

赤信号に引っかかると、信号の手前の高架北側の道を右折して成城方面に抜ける。

これが出来るので、右折の交通量が多くても右折待ちの車は少なく、渋滞が起こり

にくくなっていた。


・・・・・なっていた。



先日フッと見ると、環八の分離帯にポールが立ち、

高架北側の右折が出来なくなっているではないか・・・アッ!(゚ρ゚;


何時の間にこんなものを立てた。

これが右折渋滞の元となるのだ。


だが、バイクは通れるが・・・

これが怪しい・・・・・・(ーΩー )ウゥーン



先日午後、田舎の帰りがけにレンタカーを返して、店へとバイクで向かう。

バイクで右折をしようと交差点のラインに変更をするも、右折車が詰まっている。


ポールの間を抜けて右折しようかと思案、右手方向をを見ると、

ナント、バイクが一台捕まっている。


多分右折禁止で捕まったのであろう。


やはり怪しかったか。

バイクにとっては格好の餌食だ。


砧2丁目の交差点には陸橋がある。

信号待ちでフッと陸橋を見ると、警察官らしき人影が見える。

やはり、これだナ。


くわばら、くわばら、危うく成城署の生け贄になるところであった。


道眞忌で“くわばら"だ・・・・(-m-)ぷぷっ

posted by tenmogura at 07:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

霞始めてたなびく           本日のおすすめ

AM5:00起床。

今朝の寒さは緩くなったので、グローブのインナーを外す。

これだけで随分と運転しやすくなる。

20150224 河岸.jpg

本日のおすすめ。

宮崎のかつおは6,6キロの大型。

赤身が鮮やかで、舌に絡みつく様なネットリ感がある。

旨味は濃厚。

ひらめは養殖ながら昆布〆で旨い。

あら炊きもおすすめ。

銚子の春子鯛は昆布〆で旨い。


北海道噴火湾の水だこは歯ごたえよく甘い。

三重尾鷲のいさきは走りで、塩焼きにて春の味。

伊豆の金目鯛は釣りもの。

脂は少ないが旨味はたっぷり有り。

兜煮もおすすめ。

青森鰺ヶ沢の子持ち槍いかは、焼いても良し煮ても良し。

ご注文があればフライも旨い。


茨城野菜は色々楽しめる。

陸のりは天ぷらで、蕗のとうは天ぷら&コロッケが旨い。

れんこん・薩摩芋は天ぷらで、白菜は甘酢漬け。


昨晩、アイスプラントなる野菜を食べたのだが、

揚げても旨いが、これは生に限る。




posted by tenmogura at 09:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

皇太子誕生              本日定休

昨晩は久しぶりにカウンターにて熱い討論会となり、残業となった。

論破出来ず、まだまだ勉強が足りない。


AM5:00起床。

昨晩からの小雨は小康状態となっている。

コーヒーを入れながら本を開き、久しぶりの読書時間は1時間半。

バイクでレンタカー屋へ走り、車を借りる。


今日は女将&娘2人を乗せて義父の見舞いに行く。

環状2号線から常磐道にかけてはガラガラで、スムーズに病院へ着く。

女将と娘はお見舞いに行かせ、病院の駐車場にて仮眠をする・・・(*+_+)ノ・・・ネ・・ネムゥ・・・・・


お墓参りをしてから田舎の家に寄る。

20150223 田舎田んぼ.jpg

そろそろ田んぼの草むしりをせねばならぬか。

来月ぐらいに予定をしておく。


帰りがけ、行方JAから玉造道の駅、霞ヶ浦JAの3店舗の店へ寄り野菜の買いだめをする。

自宅へ帰り家族を降ろして、製粉所・大型スーパーへ寄り、店にて仕込み。

20150223 北浦野菜.jpg

冬から春への端境期は、これだというメインがない。

蕗のとうの大量買いをして、春の盛り合わせと蕗のとうのコロッケの具材とする。

おか海苔とアイスプラントは天ぷら用。



先日、「魚ばかり食べていないで偶には肉でも」と次女の学友、ニコラスの母より頂いた牛肉。


霜降りの美味しいところ。

北浦野菜とにんにくバターでサッと炒める。

こんな肉は何年ぶりだろうか・・・・・O(-人-)O アリガタヤ・・



posted by tenmogura at 17:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日定休 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

太子会                春雨

年末に痛めた右肘が未だに痛むのだが、寧ろ痛みが強くなった様な気がする。

肘を伸ばすと鈍痛が激しい。


先日地元のクリニックへ行き、痛いと訴えた。

「使わなければ治るョ」と、

そりゃそうだ・・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…


使わない訳にはいかないから、来てるんじゃないか。


リハビリに行く時間はないし、痛みを抑えるバンドを巻くと仕事に差し障る。

という訳で、いつもの湿布薬を気休めに頂き、サポーターでカバーしている。


リールを巻くには支障はないが、鍋を持つ時に痛みが走る。

湯がいてるうどんをざるに上げるたびに、いちいちむかつく。



月日は早いもので、肘の故障してから2ヶ月ほど経つ。

暮れにテニスのやり過ぎで痛めた・・・・ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ

サポーターを見て心配をされるが、栗きんとんを裏ごしして痛めたのでは格好が悪い

ので、お客様にはテニス肘と言っておく。



そう言えば左の肩の痛みは、もう10年ぐらいお付き合いをしている。

このお付き合いは有り難くはないが、これはこれで動かし方に慣れた。


通常の生活には差し障りはないが、

船上で大物が掛かり、竿を持ち上げた時に痛みが走る。

これを「喜びの痛み」と呼んでいるのだが、

嬉しいのやら悲しいのやら・・・・ヾ( ´Ω`)ノ フッ

posted by tenmogura at 09:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

三日月                本日のおすすめ

昨晩は、早朝のロケ弁のご注文が入り、閉店後に女将がせっせとお握りを握る。

玉子を焼き、ちくわを揚げて、お新香を盛りつけて、おかずを詰める。


AM5:00起床。

陽気が良ければ気持ちよく起きられるのに・・・

寒さと眠気にめげずに気合いで起きる。

だるい眠気は、早朝のバイクが消し去る。

20150221 河岸.jpg

本日のおすすめ。

房州勝浦のかつおは、ネットリ系で旨味十分。

青森鰺ヶ沢のやりいかは刺身で甘い。

子持ちやりいかの焼き&煮付けもおすすめ。


釧路のししゃもは子持ちの生干し。

サッと炙ってレモンを搾る。

これが旨い。

名残の生牡蠣はポン酢も旨いがバター焼きも合う。

牡蠣うどんもおすすめ。


冬の食材は徐々に消えていき春へと変わる。

月曜日は茨城に野菜を買い出しに行くが、端境期は余り期待できない。




posted by tenmogura at 09:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

土が潤い起る             本日のおすすめ

AM5:00起床。

未明の空には雨雲はないが、路面は濡れている。

湿気が多く、吐く息がヘルメットのシールドを曇らす。

未だ寒い。

20150219 河岸.jpg

本日のおすすめ。

長崎のかつおは脂なく赤身が鮮やかに出ている。

味は濃厚で落ちかつおの赤身を思わせる。

青森鰺ヶ沢の槍いかは刺身が旨い。

子持ちやりいかは焼いたも煮てもおすすめ。


房州のさよりは刺身でサッパリと良し、天ぷらおすすめ。

江戸前富津、むきはまぐりは天ぷらで旨い。

酢醤油がはまぐりの身にしみる。


知多半島はみる貝と三陸のあわびは酒蒸し。

帆立貝の3種を合わせて、貝の盛り合わせ。

江戸前竹岡のかさごは塩焼きが旨い。

煮付けも有り。

鴨団子は天王寺蕪と炊き合わせておすすめ。

名残の生牡蠣は春野菜とバター炒めでおすすめ。

銚子のいわしはつみれ煮でおすすめ。


茨城北浦三つ葉は菊花とおひたし。

小鮎は一塩で唐揚げが旨い。



帰りがけの甲州街道は、すでに明るくなっている。

陸橋オーバーでは、妙な車のパッシングと思いきや・・・・

サイドミラーに映る朝日が心に染みいる。

背に朝日を受ける度に、髄液が徐々に解凍されていく。

posted by tenmogura at 09:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

晦日月                春寒

先日の休みに女将と次女で、隣町のうどん屋さんへ出かけた。

新しく出来た製麺所系の讃岐うどん店で、ラーメン屋で言えば家系か。

製麺機がガラス越しに誇らしげに見えるが・・・・(ーΩー )ウゥーン

そば屋なら、製麺機などは絶対に見せないのだが、

うどんとそばの市場性の問題か。


製麺会社のフランチャイズであろうか、うどんは正にモチモチの讃岐うどんで、

出汁には化学調味料を使っていない。


上から目線ではないが、味は悪くはないし、お手頃な値段で提供をしている。

日本酒を飲みながら、天ぷらぶっかけうどんを注文した。




バブルがはじけて20数年が経つ。

バブル時代に楽を覚え、それに加えてデフレの時期が長すぎた所為か、

昨今日本の職人技術の伝承が消えつつある。


見習いから入り、時間をかけて徐々に仕事を覚えていくシステムがなくなる。

辛い見習い仕事が敬遠されて、楽な仕事に流れてしまう。


料理屋の確かな仕込みが出来なくなり、安易な出来合パックの料理が多くなる。


そして、仕込みもそうであるが、道具の使い方がお座なりになってくる。



祖師谷大蔵に店を出す前、約8ヶ月ほどいた都心のそば屋。

ここは職人が辞めては入る、人の出入りの激しい店であった。

必然、仕込みの基準がない。

天紙の裏表すら判らすに折っていたし、折り方が逆の人もいた。

不祝儀であろうそれすらも判らず、もはや仕事とは言えない。



先日行ったうどん屋の厨房を眺めていると、何か違和感を感じる。

天ぷらの粉をかき混ぜる天ぷら箸を逆さま持っているではないか。

・・・・・ヽ(´o`; オイオイ

20150218 天ぷら箸.jpg

天ぷらの箸だけは、料理用箸の中で特に変わっている。

持ち手が細く、先に行くほど太くなるという特別な形状をしている。

天ぷらの衣は、器に水を入れて小麦粉を加える。

箸で衣を作るのだが、グルテンが出ない様に太い箸でかき混ぜる回数を少なくする。


先端が太いと摘みにくい。

これで1日に何千個の具を油に落とす。

揚げられた天ぷらは金箸で摘むのだが、この金箸も通常より長い。

箸自体が重く、これも一日中使っていると指先がつる。

箸の取り扱いが完全でなければ、次の仕事へ上がれない。


料理業界の中で、最も箸の使い方が旨いのが天ぷら職人ではなかろうか。


見習い時代の忍耐が仕事を完成させる。

教えられて覚える仕事ではない。

毎日毎日の繰り返しの中で染みこむ技なのだ。


仕事を教える職人も少なくなったが、自ら覚える人も少なくなった。

永い時間掛かるものだけに、経済が発展しても職人は急には増えない。

困ったものだ・・・・┐('〜`;)┌



因みにこの店は、海老の天ぷらの盛りつけが裏になっていた。

女将「・・・・・(゚O゚)\(--; シーッ」、煩いって。

posted by tenmogura at 10:33| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。