2016年05月06日

晦日月                本日のおすすめ

AM5:00起床。

途中で起きたりはしたのだが、如何にしろ7時には床に就いていた。

背中の痛みと寝過ぎのだるさで調子が出ない。


連休は未だ続き、甲州街道の車は空いている。

そして、河岸は観光客で賑わう。

DSC_1327.JPG

本日のおすすめ。

かつおは房州勝浦で脂がうっすらと乗り、旨味は有る。

かつおと行者にんにくの和えものも旨い。

ひらめは養殖ながら昆布〆で旨い。

縁側一塩干し&あら炊きもおすすめ。


鹿児島からは春子鯛の昆布〆。

天ぷらもおすすめ。

佐賀の真サバは脂は少ないが旨味はたっぷり。

〆しめさばで旨いし、味噌煮も旨い。


佐島の真だこは甘い。

胡桃麩とよもぎ麩で生麩の磯辺焼き。

浜名湖のあさりは新キャベツとバター焼き。

あさりの旨味がキャベツに移る。

DSC_1328.JPG

うには酒蒸しでとろろと和える。

蒸しうにとろろ。


そして明日も河岸へ行く。





posted by tenmogura at 09:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

蛙始めて鳴く              端午の節供

AM5:00起床。

立夏の早朝は、夏日の如く日差しが射す。

自宅から八幡山を抜けて芦花公園。

DSC_1309.JPG

芦花公園八幡神社、わかれの杉で軽くストレッチ。

芦花公園を1週。

八幡山の住宅地をダラダラと走り、松沢病院を1周する。

所定の場所でストレッチをする頃には汗がダラダラと流れる。



午前中は店の買い物をするべくバイクにて走る。


午後はゆっくりと家飲みをしようと、ベランダに炭を興す。

DSC_1313.JPG

鮎の炭焼きは絶妙。

DSC_1316.JPG

ベランダバーベキュー略してBBBQ・・・・┐('〜`;)┌

ぼっちBBBQと思いきや、長女が休みの日であった。

日が沈む前にお開きで、後は寝るだけ。


明日からはバタバタと忙しくなるので、早めに床に就く。

posted by tenmogura at 16:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日定休 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

みどりの日               春の暑さ         

AM4:30起床。

外を確認するも、南の暴風雨が強く蒸している。

ジョギングを諦めて、30分二度寝。

この30分のウトウトが気持ちよい。


午後からは天気が良く暑くなるという。




店で使う調味料で、醤油は生と本醸造の2種類。

味醂は昔仕込みの本みりんで、どれも値が張るが、味・質ともに安心して使える。

これらの調味料が有ったればこそ、店を続けられたと言ってもよい。



常連S氏の奥方は、アメリカに出稼ぎに行っている。

年数回日本に帰ってくるのだが、アメリカへ戻るときにこの味醂を持っていく。

そして、アメリカからジャマイカの知人に持っていくという。

ジャマイカで、この味醂を使った魚の煮付けがうけているという。

この壮大な長旅を蔵元の社長に伝えるか。

posted by tenmogura at 09:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

憲法記念日              春惜しむ

業務用冷凍庫の整理をしていたら・・・・

−50度の箱の底の底に、ひらめの出汁が固まっていた。

日付は12月8日。

昨年末、ヒラメ師と行った鹿島釣行のひらめだし。

DSC_1302.JPG

通常はお通しでだすのだが、ひらめだしの玉子豆腐でメニューに入れる。

流し缶一つで9人前で、後二回分ぐらいあるかな。

posted by tenmogura at 09:25| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

有明月                本日のおすすめ

AM5:00起床。

ジョギングではなく河岸へ行き、連休の為に仕入れをする。

甲州街道はガラガラで、銀座近辺までスイスイとバイクは進む。

だが、築地付近は仕入れと観光の客で賑わっている。

そして、連休の中日の平日は魚が少ない。

DSC_1301.JPG

本日のおすすめ。

かつおは鹿児島の、ネットリと舌に絡みつくような身質。

深紅色が映えて旨味も深い。

ひらめは養殖ながら昆布〆で旨い。

あら炊き、縁側一塩干しもおすすめ。

ひらめ出汁の玉子豆腐は一押し。


しまあじも養殖ながら、歯ごたえよく甘味あり。

兜焼きおすすめ。

下関の春子鯛は肉厚で旨味あり。

昆布〆、天ぷら、どちらもおすすめ。

ひらめ・あいなめ・石鯛・真鯛をミンチにして白身魚のメンチカツ。

けっこういける。



本日は午後5時から営業いたします。


posted by tenmogura at 09:38| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 本日のおすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

八十八夜               春陰

蒲鉾を切って山葵を摺り下ろしただけでお金を取るという、

そば屋のシステムを否定している。

如何に高い蒲鉾をだそうが、手間が掛かっているか否かだ。



お気に入りの蒲鉾は山口県の“白銀"で、蒲鉾と板の間に銀紙が引いてある。

この旨味と甘味、食感がお気に入り。

醤油も何も要らず、硬めの歯ごたえは噛めば噛むほど旨味が口に広がり、

これはこれだけで完結をする。


DSC_1294.JPG

常連I氏に頂いた北海道の行者にんにくを、鴨挽肉とで炒めて赤味噌を加える。

行者にんにく鴨味噌。

このままつまんでも旨いのだが、何か足りない。

ということで、蒲鉾に載せる。


白銀だと歯ごたえが強すぎて味噌が負けてしまう。

ということで、小田原の丸うを使った。

これも力強いのだが、薄めにスライスをして丁度よい。

行者にんにくの味と香りと鴨のこく、蒲鉾の食感で二合はいける。



ボイルした行者にんにくを天つゆに漬けて、生姜のみじん切りと白ごまを混ぜ込む。


かつおをざっくりと切り、クリームチーズとこの漬け込んだ行者にんにくを

混ぜ合わせる。

かつお行者にんにく和えもいける。

posted by tenmogura at 09:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 他人のフンドシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。