2016年08月12日

蜩鳴く                君が代記念日

今の職場の鮮魚部は人が少なく忙殺。

朝の8時前から入り、定時の4時上がりなどとんでもない。

残業は2時間以上で、休んでいるヒマなどない。

休憩の1時間など要らないから働かせろというと、とんでもないと。

なにやら働きづらい世の中になった。

DSC_1597.JPG

色呆けしたまぐろやら、白いかのゲソやら、鯛の兜やら、

パックに詰め込んで安く売っている。

これらの売れ残りは次の日の廃棄する・・・・┐('〜`;)┌モッタイナイ

鮮魚チーフに頼んで安く譲って貰うのだが、安すぎる・・・・(人-)謝謝

尚かつ社割りで一割引・・・・(人-)謝謝

こういう特権があるので、辞めるには忍びない。


生キハダはバター焼きにでもするか。


白いかのげそは、炙って薬味をたっぷりまぶす。

生姜をたっぷり入れて身体を温める。

冷房で冷え切った身体に心地の良いつまみとなる。


土・日も人が居なくてチョー忙しい・・・・ガッツだぜ! ヽ(~-~(・_・ )ゝ


posted by tenmogura at 19:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

素秋                 西鶴忌

AM5:00起床.

気絶をするが如くに熟睡をしたのだが、筋肉痛で寝返りが打てずに起き出す。


「ミレニアム4」を完読する。

なにやらこの続編が出るような怪しい終わり方をしている。

これは乞うご期待といった処か、とは言えオーストラリアにて

日本語版が買えるのか?



昨日の富士登山の余韻と筋肉痛を残して、レンタカーを借りに行く。

女将を乗せて茨城の田舎へお墓参りに出かける。

DSC_1590.JPG

そして、仕舞い込んだ店の調理道具を取りに帰る。

手に慣れ親しんだ道具は持って行きたい。



今日は余裕があるので、東関道を走るかと・・・・

DSC_1588.JPG

渋滞の原因はポケモンか。

DSC_1589.JPG

帰りがけに農協へ寄り、野菜を見繕う。

家族は揃わず沢山は買えないが、スイカが安いのだ。

茄子・はぶら瓜・ししとう・ピーマン、梨・スイカ、そんなところか。



自宅へ戻り、地元クリニックで破傷風の予防接種を受ける。

破傷風は自費とのこと・・・・┐('〜`;)┌

一本5千円だったのだが、自費ということで2千円おまけをしてくれた・・(^○^)


そして明日からは5連チャンで鮮魚部の仕事が入っている。

中一日休み経堂で仕事、また5連チャンで鮮魚部という忙しさだが、

これにて退社。


posted by tenmogura at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

長崎原爆忌              台風一過

我が家の宗教は神教で、江戸時代の富士講の流れを汲んでいる。

年に一回、修行と拝みの場として富士山頂上に登る。


父が死去した35年程前に初めて登った。

当時は大した防寒道具が無く難儀をした覚えがある。

店を始めて時間が合わず、30数年ここの行事には参加できないでいた。


そして初登山から、10数年・・・・

子供達が小学生になると、試練の家族旅行と称して毎年登っていた。

そして次女は小学1年から中3まで毎年登っている。


ア〜、小生は祖師ヶ谷大蔵に店を構えてからは登っていないな。




今年の夏、次女が8合目の山小屋のアルバイトに応募をして受かった。

8月の1ヶ月間は山に籠もっている。


そこで今年は30数年振りに、神教の本庁に連絡をして参加表明をした。


昨日の月曜日の早朝。

女将をバイクに載せて、リュックと荷物をシートの中と荷台に積み込み

集合場所まで走る。


観光バスに乗り換えて、東名高速を御殿場で下りて山中湖まで。

五合目到着は、午後1時。


総勢20名が、準備をしてゆっくりと登り始める。

DSC_1580.JPG

台風の影響か風が吹き、心地の良い登山の開始となった。

5月の末に走った山中湖を一望。




だが七合目を過ぎる頃に、霧が多くなり風が吹き出した。

強風は霧を舞上げ、前が見えずに歩くのも苦しい。

雨が降ってもいないのに、メガネが曇り先が見えない。

約2時間の試練の修行。


八合目の宿泊する山小屋までは何とかたどり着いた。


午後も8時を回り、やっと着いた山小屋に入ると

従業員が出迎えてくれ、濡れた身体を拭いてくれる。



そして・・・・・

その中によく見た顔が・・・・・

DSC_1573.JPG

ナント・・次女だ。

何やらどうやら、頑張っているらしい。




寝る準備を済ませて、食事の時間となる。

カレーハンバーグ・・・・(ーΩー )ウゥーン


水っぽいご飯と当然カレーはインスタント。

そしてハンバーグは合成肉・・・(;-o-)σォィォィ・・・

下界なら絶対に食べない。


だが、朝からおにぎりを1個半しか食べていない。

運動量は半端ではない。

合成肉だろうと、芯が残る水っぽい御飯だろうと、レトルトカレーだろうと・・

至福の食事だ。

ガツガツと完食で、旨いッス。


ガツガツ過ぎて写真もない。


5月の入院検査以来、久しぶりに酒を抜いた夜であった。






AM1:30起床。

風は強いが雲はまばらで、天の川と下界の夜景が幻想的。

8合目の山小屋を2時に出発。


約2時間の修行登山が始まる。

頂上は寒い・・イヤイヤ、寒すぎる。

DSC_1578.JPG

御来光を仰ぐも、雲が厚く断念。

DSC_1582.JPG

先祖供養と拝みを終えて下山をする。

行きは辛いが、帰りは早い。

とはいえ、長い道のりなのだ。

とりあえずは、次女と話が出来てマア好いか。





昼前までに下山して、観光バスはのんびりと帰還。


楽しい様な・・・

辛い様な・・・・

悲しい様な・・・複雑な旅を終えて、

一歩一歩自分を確かめて歩く辛い登山。

心に溜まったアクを絞り出し、また新しい心の細胞が成長する。


別れは悲しいが、何時か会えるまでの成長が楽しみだと


元気で長生き。

posted by tenmogura at 19:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月06日

広島原爆忌 夏惜しむ

AM5:00起床。

早朝の涼しい風で1〜2キロは心地の良いジョギングだが、

重い汗がまとわりつき、4キロで断念してストレッチをする。


午前中は富士登山の準備をして、経堂まで山チャリにて走る。

午後まで仕事をして、長女の勤めている介護施設のお祭りを見学。

という予定だったが・・・・・


朝、スーパー鮮魚部から電話が入る。

刺身担当が一人倒れたとのことで、応援に来られないかと・・・┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

仕方がない、急ぎ山チャリで走り刺身を切りまくる。


11時半、片付けもせぬまま経堂まで山チャリを漕ぐ・・・。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

新記録というか初めてのことで、西永福から経堂までナント・・13分。


寿司屋仕様の魚の仕込みをこなして、夜用の野菜を炊き合わせる。


仕事を終えて自宅に戻る。


自分へのご褒美で缶ビールを・・・・・プハァー(*^Q^)c[]オカワリ!



午後は、長女の勤めている介護施設のお祭りを見学。

学生時代のアルバイト経験を生かして、たこ焼きを焼いている。


プロ並みの腕前で、意外にもこういう処に経験値が出る。

たこ焼き専門店で働いていた。


久しぶりに女将と2人でランデヴーは、地元の餃子専門店でビールをあおる。

怒濤の一日を終えた。

そして明日の仕事を終えると3連休で、富士登山と茨城お墓参りに出かける。

・・・・・・・・・・・・( -.-) =зフウー



posted by tenmogura at 17:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

三日月                暑気

怒濤の4日連続の忙しい仕事を終えた。

速攻で帰り、湯船で一杯が至極の幸せ。

日中が如何に暑いにせよ、鮮魚部は冷蔵庫の中にいる。

夏だとて湯船でくつろぐのは必須で、温かい湯船で背中と脊髄を温める。

そして、冷たい発泡酒で頭を冷やしアルコールにて胃を奮起させる。


明日は美登利寿司で仕込みのバイトだが、早朝一番で走り

富士登山の準備をせねばならぬ。


午後はまったりとして、日曜日はまた忙しい。

posted by tenmogura at 18:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

既朔                 朝涼

夜半に降った雨が、早朝になると涼しい風を運ぶ。

だが日中は暑いのであろうか、地下の作業場は寒い。



週明けからベトナム料理屋で痛飲。

翌日は店でお世話になった先生に壮行会を開いて戴いた。


次女は富士山八合目で一ヶ月間アルバイトに出かけ、

昨日A型肝炎の1日目の予防接種をした。


職場は人が居なく残業の毎日だが、仕事がスムーズに運び出して

気がつけば夕方になっているという忙しさ。

自宅へ戻り、女将と一献傾けながらの生活も後何回か。


兎にも角にも、健康と怪我だけは気をつけなければいけない。

posted by tenmogura at 06:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

八月朔日                夏雲

鮮魚部にいたオヤジは、東南方向のアジア人だが仕事が出来た。

大手水産会社にて40数年勤めたという派遣社員。

仕事は出来るが、一こと言えばイヤミが5つ返ってくる。

・・・・・しぇ〜、ザンス。


このオヤジが7月一杯で辞めた。

最後の3週間は魚の仕込みのコツを教えて貰う代わりに、和食のコツを教えるという

取引をした。

料理のレシピや調味料の使い方を教えてきた。

そして、天ぷらを教えるという事で、オヤジの仲間のベトナム料理屋へ行く。


この1ヶ月半で、魚のおろしと刺身に磨きが掛かった・・・・と思う。

posted by tenmogura at 08:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。