2016年09月30日

晦日月                 春風

AM6:30起床。

窓のカーテンを開けて、空模様を確認する。

雲は多く、ゆっくりと流れる。

湖畔に立つと、東の端から西の端まで空が見渡せる。

雨は降らないであろうが、すっきりとしない空模様だ。

とりあえずは、昨晩洗濯して於いた服を干す。



小生の住まいを北上するとクレアモントという小洒落た町がある。

コテスロウの駅まで徒歩10分、電車に乗って3駅で約3〜4分。


昨晩、地図を眺めていたら・・・・

何だ、住まいと駅とクレアモントは三角形で繋がっていた。

スワンリバーの湖畔沿いを歩けば2,5キロ。

地元松沢病院を1週ちょっとの距離であった。


車で2〜3回ほど連れて行って戴いたのだが、立地が判らなかった。

・・・と言う訳でリュックを背負い、散歩がてらに歩き、

町を散策し買い物をする。


魚を売っている店をチェックして、フラフラと彷徨う。

町一番のスーパー“コールズ”で食材を見繕う。

ここは魚も多く売っており、野菜が豊富だ。

野菜と鶏肉を丸で1羽。

シーフレッシュというべたな名前の魚屋へ入り、

サーモンのアラ・はた・白いかを購入。

はた・チキン・白いか.jpg

8時半に出かけて10時過ぎには住まいに戻り、粗仕込みをする。

はたは3枚におろし・・・・

1ヶ月ぶりに魚を卸し新鮮味を感じる。

寝かせて置いた西京味噌に漬け、兜は保存。

サーモンのアラははじっくりと煮込む。

いかは明日の夕食用に仕込む。

鳥は解体をして部位別に保存し、ガラで出しを取る。


昼までは仕込みに費やして、午後は図書館にて家族との安否を確認する。

メールには知人の叱咤激励の文章が何通か入っている。

有り難いことで、自分の立ち位置を確認できる。




着いた当初は、ナント広い町だと思っていたのだが、

歩き回り、地理を把握する度に町がどんどん狭くなっていく・・(^∇^)アハハハハ



posted by tenmogura at 14:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

蟄虫戸を閉ざす            春暖

二十四節気・七十二候と季節が逆でメチャクチャだが、

これはこれで面白いかと・・・

そういえば豪州も季節の暦はあるのであろうか?



PCを開き、過去の撮り溜めていた写真をめくる。

家族の写真やら、店の写真。

食材写真は豊富な野菜・魚介類と、すぐに手に入る高級調味料。

なんだかんだと、日本は平和な国なのだとつくづくと感じる。

豪州も平和だが・・・(^^)ニコ



家族写真・店の写真・料理写真を眺めて、なんだかホロリと心に染みいる。

1回の人生だから後悔をせぬように一日々を大事にする。


こちらのWi-Fi環境は日本より悪く、重い写真はなかなか上げれれない。

posted by tenmogura at 15:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

有明月               春荒れ

午前中は長閑な陽気だったのだが、昼を過ぎると風が強く

春の嵐のような雨風が吹く。

西側はすぐにインド洋なので、風はもろに吹き込む。



出汁を作るが、致し方なく粉末の出汁を使う。

鰹節は売ってはいるが値が高く、普段の食事では使えない。


偶に削り節で出汁を引くがパック詰めの輸入なのか、質に不安が残る様な気がする。

だが、香りと旨味はやはり違う。

粉末の出汁は旨味というか、甘みが付いているので良く味を見ないと

塩を多めに入れてしまう。


旨味は野菜やら肉、ガラなどで補う様にしている。

豪州の食材は総てにおいて旨味が強い。

野菜は萎れていたりするが、味は濃厚。

肉は固いが水っぽくない。

旨く下処理をすれば、日本の食材より旨くなる物もある。


先週トンカツを揚げた。

筋を良く切り、丁寧にたたく。

パン粉の質とにかくとして、味わい深く臭みもない。

探せば探すほどおもしろい食材が出てくる。


今日午前中MyareeWestemという町のシーフレッシュの店を視察しに行ってきた。

ここは2人の日本人がいて、日本語で意思の疎通が出来る。

刺身の微妙なニュアンスが伝わる。

なるべく1匹買いをして無駄が出ないように調理をする。

これで野菜・肉・魚・調味料の店がほぼ揃った。


糠床に胡瓜をつけてみたのだが、発酵は未だ未熟だ。

とは言え、糠の風味がする胡瓜は感動をする。


posted by tenmogura at 15:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

秋彼岸明               春風

日曜日は休みで息抜きが出来る。

とはいえ、毎日息抜きをしている様なものだが・・・・・(^▽^)/

「レセプション&パーティー前はメチャクチャ忙しいので、暇なときはゆっくりして下さい」と。

有り難いお言葉。

それにしても、色々な食材の仕込み調整をせねばならぬ。

ここの胡瓜は値が高く、皮がやや固い。

南瓜は早く煮上がり、皮がやや口に残るのを確認した。

肉は固いが、旨味は日本産よりある・・・などと徐々に学んだ。



スマートライダーという、日本で言うパスモみたいなカードを作った。

これを使うと25%割引になる。


午前中はパースの1つ手前の駅シティウエストで降りて歩く。

パースの北側、ノースブリッジを隈なく散策する。

日曜日なので閉まっている店はあるが、ちょっと気になった店は覗く。

中華系の店は頑張っている。

使える食材を見つけたら、値段と賞味期限を確認・・・・(ノ_-;)ハア…

同じ調味料でも値段が違い、確認しなければ1年以上過ぎているのも平気で売っている。

・・・・マジで。


帰りにスピアコの日本食材店に寄りちょっとした調味料を見繕う。

ここはやや高いが、他に無い微妙な調味料が売っている。



午後は図書館に行き、2時間無料のWi-Fiで安否確認をする。

家族と離れていても、安心して暮らせる時代なのだ。



今日もお値打ちなワインを探して、夕方は早めからチビチビと楽しむ。

休みの日の過ごし方が出来つつある。


明日はクイーンバースディで豪州は祝日。

で、明日は図書館はお休み
posted by tenmogura at 14:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

秋分                  雷声を収む

西豪州はバース駅を中心に南に2本、北に2本の電車が走っている。

小生の住まいは、パースからフリーマントル行きの電車で北に下ること約20分。

コテスロウはホームの中程に乗車券の販売機がある無人駅で、乗降客も少ない。

ここは“ウォールウォーズ”という大衆スーパーと、“ボートシェード”という

高級スーパーがある。

日常の食材を買うときはウォールウオーズで買い物をして、

オフィシャルな食材はボートシェードへ行く。

それでも和食の食材は少ない。


コテスロウからパースに4駅上がったクレアモントのスーパー“コールズ”

パースに近いスピアコの日本食材店の“フジマート”。


パース駅の北に歩くこと10分。

ノースブリッジという町を、暇を見て食材探しに歩き回る。

DSC_1714.JPG

"愛する寿司"か。

ここは、怪しい中華食材店やら鮮魚の店が並ぶ。


総領事夫妻の食事はある物で良いと仰るが、色々と手を変えて使い回しをしている。

如何にしろ物価は日本の3割増し。

日本の食材となると2倍から3倍もする。

値段と質を把握しなければならない。


大根の皮は干して保存。

パンの耳が余れば、干してパン粉を作る・・・( ̄▽ ̄)うへへへぇ〜


先日フジマートで、800グラムで$3,50の煎り糠を買ってきた。

早々に糠味噌を仕込んだのだが、一袋では足りずに買い足しをした。


祖師谷の店で精米していた時は、魚の仕込みにも惜しみなく使っていたのだが

指先に着いた糠まで丁寧に拭い取る・・・・・(/_<) ナケルネェ


ぬか漬けを仕込んで10日程で胡瓜と蕪を漬けてみた。

未だ味はイマイチだが、何故か旨い・・・・・(/_<) ナケルネェ



コテスロウで見つけたパン屋さんに入り1つ買ってみたのだが、

やはりこの国は小麦が旨い。

posted by tenmogura at 16:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

十六夜                蘆花忌

豪州の生活は1週間を迎えたが、いまだ落ち着かない。

明日はゆっくりと休んで下さいと・・・・

お気遣い有り難いが、身体は十分休んでいる。

のだが・・・明日の会食が気になる。



AM6:30起床。

ベッドにて微睡む。

DSC_1689.JPG

朝の準備を済ませて、日課のウオーキング。

小高い丘から見下ろすスワンリバーと、向かい側パースの町から上がってくる日の出。

これで心の充電をする。



今日はフリーマントルでも行って見様かと、ウオーキング途中でフッと思う。


偶然にも、領事御夫妻に一緒にフリーマントルに行きませんかと誘われた。

そいつは野暮だ・・・・・・┐('〜`;)┌



地図と財布をショルダーバッグに詰め込み電車に乗る。

ショルダーバッグを襷がけにキャップをかぶり、肩からデジタル一眼を首に提げる。

寂しいオヤジの一人旅・・・・ヽ(゚▽、゚)ノ ウヘヘヘ


切符は買った、もちろん無賃乗車ではない。

電車は距離で値段が決まり、距離内であれば3時間は乗り降り自由。



観光地だが、人はあまりいない。

駅からE Shedマーケットを見て、湾岸沿いをブラブラと歩く。

スワンリバーがインド洋に流れ着く終点はインド洋の見事な大海原。

川といい、河口といい、汽水といい、日本とは別次元の光景に圧巻。

それに加えて、電車で4駅という近さ。

IMGP0046.JPG

湾岸から町中を散策し、観光地でもあるフリーマントルマーケットへ。

何が何だか色々な物が売っているし、人で賑わっている。


怪しい匂いが漂うと思うと、たこ焼き有りの、焼きそば有りので、

後ろから聞こえる日本語に心がホットする。


1パック$4、00の詰め込みイチゴを購入。

これは冷凍をしておいて、何かのパーティーのデザートに使う。


「この国は、ある時にの買わないとそのあとは無いよ」とnobuさんが言っていた。


駅周辺をブラブラと彷徨い、デジ一をパシャパシャと写真を撮りまくる。


訳の解らない奴さんが来たら、手を広げて顔を傾ける。

これでOK。


走るのが好きだが、歩くのも好きだ。

ブラブラと彷徨う。

切符の時間までに電車に乗り込み、コテスロウに帰り着く。

午後は図書館でWi-Fi通信。


今日は早めにワインでもちびちびと飲み、最近見始めたフードチャンネルを点る。

言葉は通じねど、なんだかおもしろい。



これから始まる仕事に備えて、心が萎れない様に渇を入れる。

試練は、乗り越えられる人にしか与えられないと、誰かが言っていた。

とはいえこんなものはまだ試練でもないナ・・・


早くこの世界に慣れなければいけないのだが、慣れたら慣れたで

日本が恋しくなるのであろうかナァ・・・(^^)ニコ

posted by tenmogura at 13:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

燕去る                望月

小生の手違いで、住まいのモバイルWi-Fiが使えなくなってしまった。

コッテロスの図書館で領事館御夫妻共々、無料Wi-Fiを使わせてもらっえいる。


AM6:30起床。

朝夕はまだ寒く、ベッドの中で微睡む。

早朝の準備をして、総領事夫妻のコーヒーの用意をする。

ジョギングシューズに履き替えて、30〜40分のウオーキング。

これを早朝の日課とする。


ジョギングウエアーと靴下を買って早く走ろうと思うのだが、

それよりは寝しなのワインを買ってしまう・・・ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ



早朝のスワンリバーから吹く風はまだ冷たい。

話によると、夏はドライヤーの熱風の様な乾いた暑い日差しとなるらしい。


仕事はご夫妻の昼夜の食事とパーティ・レセプションの料理。


店を営業していた頃は、自分の作りたい料理を作ってきたのだが

この仕事は、好みをお聞きして作るという真逆な作業となる。



豪州に来て1週間が経つが、微妙に慣れてきた。

買い物は一人で出来る・・・(*'-'*)エヘヘ

電車にも乗った・・・・(*'-'*)エヘヘ

はじめは解らなくて、無賃乗車をしてしまった。

後から聞いたのだが、見つかると相当の罰金を取られるという。

とはいえ、3割近くの人は解っていて無賃乗車をしているという話を聞いた。



タイ人のメイドrataさんと日本人の使用人nobuさんは、週末以外館内にいる。

rataさんとnoboさんは英語が話せる。

意思疎通はnobuさんが入ってくれるが、簡単な話は身振り手振りで何とかしている。


事務所の運転手をお借りして、パーズの町中の食材店を廻る。

こちらの物価は日本と比べると、2〜3割ほど高い。

人件費が嵩むという。

日本産となると、2倍かそれ以上となる。


前日見た焼酎“いいちこ"のボトルは$75

日本円で約6千円・・・・w(゚o゚)w オオー!

とはいえ、食材はジャンクを含めるとある程度そろっている。


探すのに難儀をするのは刺身用の鮮魚。

海に囲まれた大陸だがらと言って魚は少ないのだ。

一つは日本の様な仕込みが出来ないらしい。


築地が懐かしい。



なにやら昔の修行時代を彷彿とさせる。

何をやるにも時間がかかるが、任期終了まで力一杯。




住まいの裏庭はポッサムの糞が至る所にある。

これを踏んで家の中に入ると、rataさんに怒られるのだ。

日も沈み出すと、カカカカッ・・カカカカッ・・

と、笑いカワセミが騒ぎ出す。
posted by tenmogura at 11:28| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

十三夜月                冬尽く

先週の木曜日に日本を発ち、羽田からシンガポール経由でパースに着いたのは次の日の午後を廻った。

空港で迎えのリムジンに乗り・・・ヾ(・ω・o) ォィォィ・・ウソウソ。

パースの隣町の事務所まで30分。

色々と説明を聞き、住まいであるコッテスローという町まで送られた。


海外旅行は少なからず経験があるが、長期滞在となると未知の生活。

言葉と文字の疎通が出来ずに挫折。

行けば何とかなるは学生の話。

即仕事をせねばならぬプロとして思案不足であった。

料理本より英単語の本を持ってこなかったのが悔やまれる。


本当にここで仕事が出来るのであろうか、途中で逃げ出さないで全う出来るか

初日に挫ける。

それに加えてWi-Fi環境がまだ整っていなく、家族とも話が出来なかった。

やっと繋がったモバイルWi-Fiにて、辛うじて近況を報告。

家族ラインで心が救われる。


それにしても、周りの温かい誠意に勇気を戴き、「よっしゃ」やるしかないな、と。

近くのスーパーから日本食品店やら、色々と廻って戴いたスタッフの皆様に感謝。



DSC_1672.JPG

朝はスワンリバー沿いを散策し、アップダウンの多い道をチェックしながら何処を走ろうかと思案する。

色々な手違いでジョギングシューズは持ってきたのだが、ジョギングウェアーが一つもない。

それと下着類も置いてきてしまった。

下着は何とかなるであろうと、近所のスーパーで下着を買うも、

慌てて買ったXLでは些か大きい・・・・


インド洋まで走って20分。

丁度よいジョギングコースになるのであろう。



老魚が太平洋の荒波に揉まれる如く・・・大変だ。

posted by tenmogura at 10:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

サンフランシスコ平和条約調印記念日

昨日は午前中に全ての準備を済ませて、ソファーでまったりとしていた。

スマフォのバッテリーの調子が悪いので、モバイルバッテリーでも買おうかと思案。


突然、中学時代の旧友Nからメールが入る。

奴さん今年の4月に連れ合いをガンで亡くして、その時以来

4ヶ月ちょっと連絡をしていない。


「連絡は取れるか」とメールが入った。

・・・・・・(゚_。)?

豪州に行くことを知らなかったのだ。


最後の夜は家でゆっくりとしようと思い予定は入れていないが、

新宿に出たいので丁度よかった。


夕方に待ち合わせをして、駅近の居酒屋さんで乾杯。

話しに因ると、昼前に会社付近で小生に激似のオヤジとすれ違ったという。

ドッペルガー現象か・・・・(ノ゚听)ノびっくり!!


小生、丁度その時間に、同じ仲間と激励メールを

やり取りしていた・・・・・(・_・;)_・;)・;);)) ナントッ!!



そしてNは、N設計のリノベーション設計部主管をして、

公邸の建物劣化調査をしに行っているという。


昨年はインドに行き、デリー・ムンバイ・チェイナンを廻ったという。

つい最近はシドニーに行ってきたらしく、詳しい話しは守秘義務に掛かるので

言えないが、近況と街の有り様を語ってくれた。


将来を語り合い叱咤激励しながらひと時を過ごす。


なにやら歯車がまた重なり広がっている。

最後に合いたい旧友に会えた。

駅で抱擁をし別れ、3年後を夢見る。


「流るる水を眺むれば、夢はずかしき涙かな」・・・(/_<) ナケルネー

posted by tenmogura at 07:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

萩月                 黒の日 その3

欲しかったが、なかなか買えなかった骨抜きがある。

DSC_1659.JPG

骨抜き如きで4千円なんてと思っていたのだが、この際だと

買ってしまった・・・┐('〜`;)┌

女将があきれる。


異国では使うチャンスはあるのであろうか。

強いて言えば"お守り"のような物で、

間違いや失敗はついて回り、これは仕方がないことで、

その失敗の修正に精神的なエネルギーを使う。

この負のエネルギーを幾らか和らげる為に、

お気に入りの道具が"お守り"の替わりをする。


などと言い訳をしながら・・・眺めるだけでは道具が泣くな。

きっちりと使いこなす仕事をする。


実はこの骨抜きはまだ安い方で、最高級になると萬を越える・・・オットォ!(・oノ)ノ


バイクは思っていた金額で売れたので、一安心。



posted by tenmogura at 12:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。