2016年09月06日

萩月                黒の日 その2

AM5:30起床。

夜半に涼しい風が吹いていたのだが、日が出ると途端に蒸し暑くなってしまう。

朝の準備をして河岸までバイクを走らせる。

調理道具を買ってから、中河岸をブラブラと歩く。

DSC_1658.JPG

昨日注文をしていた気仙沼のかつおは、台風の影響が残り2番船の

かつおしかないという。

色目は悪いが脂は乗って旨味が出るという。

〆鯖を食べたかったのだが良いのが無いというので諦めた。


長崎の白いかを2杯と銚子の大いわしを5匹。

特別にお安くして戴いた。


今夜は、明後日の羽田まで荷物を運んでくれる釣り弟子R太を、御礼ということで

夫婦で招待。

店から持ってきた日本酒と焼酎が未だ残っているのだ。



posted by tenmogura at 11:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

萩月                 黒の日 その1

地元上北沢の外れ、甲州街道沿いに小さな小さな串揚げ屋さんがある。

スーパー鮮魚部の帰り道に前を通るのだが、気になっていた。

当分はいけないので、食べて後悔するよりはということで、

胃疲れの女将には申し訳ないがお付き合いをしてもらう。


小さな開き戸の戸を引くと、カウンター6席の店となっている。

串揚げがメインなのだが秋刀魚の塩焼きやら、かつおの刺身やら、

一品料理もそこそこのお値段で提供をしている。

軽く飲んで、かつおの刺身とお任せの串揚げ。

アラカルトで追加をして、〆はオム焼きそば。

厳ついオヤジだが、御夫妻で回している良い雰囲気。

入って良かった。

ここは、長女が好きそうな店だ。


ナントこの店は今日までで閉店をして、上北沢の商店街に移転するという。

posted by tenmogura at 09:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

秋声                 

日中は五月蠅いように鳴いていたミンミンゼミは、夕方になるとヒグラシの

鳴き音に替わり、日が沈むとコオロギの音色が聞こえる。

吹く風に秋の気配を感じる。


どうしても欲しい道具があり、明朝河岸へ走る。

河岸で挨拶をしわすれた仲買人のオヤジに会いに行き、

ついでにかつおでも買ってくるか。

美味しいかつおが食べたい。


そしてこの河岸を最後に、毎日のように乗っていた、訳ありバイクを売りに出す。

3年も放っておく訳にはいかずに、バイク屋のオヤジと話しはつけてある。


3年間放って置くと言えば・・・電動リール。

これも使わなければ劣化だのサビだので駄目になってしまう。

世田谷通りの中古買い取り釣り道具屋さんへ持って行き査定をする。

電動リール2台で1万3千円。

10年間楽しんだことを考えれば、良い値で引き取ってくれた。

これは飲み代と消える・・・・┐('〜`;)┌


持って行くだけが準備ではない。

区役所も回り、税務署にも行った。

壮行会のご予約は昨晩で終わった。


後は荷物をスーツケースに詰め込むだけか。

posted by tenmogura at 13:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

夕月                秋暑

早いもので出発まで4日と迫った。

昨晩は祖師ヶ谷大蔵の飲み仲間が集い、盛大な追い出し会を開いてくれた。

5時から始まった宴会はビールから焼酎にかわり、飲めやしゃべれやの大騒ぎ。

途中30分ぐらいか、意識がなくなり良く寝てしまった。


女将と長女は先に帰り、2次会3次会はワイン。

これでしばらくは祖師谷ともお別れかと思うと、

独りぼっちの帰路は、切なくて虚しい・・・(/_<) ナケルネェ




スーパー鮮魚部は昨日で退社をした。

これ以上引き延ばすと渡豪の準備が遅れてしまう。


2ヶ月半しか勤めていないのにも関わらず、今夜送別会を開いてくれるという。

チェーン居酒屋だが、文句は言うまい。

posted by tenmogura at 13:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

八朔                 新月

スーパー鮮魚部は又々延びて、土曜日が最終となった。

昨日は4時間の仕事で、棚卸しのお仕事。

ハンディ端末機を持って、鮮魚部の商品のバーコードを一つ一つ読み込み

数を入力していく。


そして、残る冷蔵庫&冷凍庫の棚卸し。

ボア付きの防寒着を着て挑むも、20分と持たない。

手がかじかんで足の指先が痺れ、まるで富士山頂上に居るかの如く寒い。


これを毎月末やっているという、ご苦労な仕事だ。


雨の山にて低体温症で亡くなったというニュースを読んだが・・・

人ごとではない。

スーパーの冷凍庫で凍っていた・・・ヾ(- -;)


自宅までの帰り道に山チャリを漕ぐも、汗が出ない。
posted by tenmogura at 08:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。