2017年08月31日

宵月

今日で8月も終わり豪州では明日から春となる。

庭の梅の木に2〜3倫の花が咲き始めた。

そういえば来豪して早々、公邸の梅の花を見て感激をした覚えがあった。

早いもので1年が経とうとしている。

あっという間の1年に多少の焦りを感じている。


DSC_0370.JPG

宝箱が届いた。

半年毎に常薬を送ってくれる。

それだけではつまらないので、色々と箱に詰め合わせてもらう。

今回のメインはネットで注文をしていた作務衣とご飯用冷凍コンテナ。

この御飯用冷凍のコンテナは多分日本でしか売っていないのであろう。

その他雑貨等々は、漬け物と文庫本2冊に日本酒4合瓶。

此方では売っていない物を取り寄せる。


黒龍の吟醸酒。

日本に居た頃は毎日の様に味見をしていたのだが、此方では秘蔵酒。

これは一緒に飲みたい人がいるのでしばらくは眺めるだけ。


宝箱、前回までは6sで送料1萬円だったが・・

どうやら6sを大量に超えて、ギリギリ10キロで収めたと言う。

船便で送れば安いのだが、早く手元に欲しい。

送料は10キロで1萬4千5百円也・・・・(人-)謝謝


朝夕の冷えは無くなったが、雨が降ると肌寒い。

だが、日中の日向はTシャツ1枚で過ごせる程の暖かさになる。

休日の散歩が心地よい。


日々の会食は別にして、この後の大きな仕事は暮れの天皇誕生日となる。

そして、9月は暇なのだ・・・・ポリポリ f  ̄. ̄*)

posted by tenmogura at 19:19| 東京 ☁| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

小望月

4月の初秋に走り初めたが・・・

しばらくしてから背中に痛みを覚える。

日にちが経つにつれて痛みが激しくなり、寝ていて寝返りを打つと

うめき声が出るほどの痛みであった。

立っている分には問題ないので仕事には支障がない。


ソロソロと痛みと付き合いながらボチボチと走っていた。

癌や腹壁ヘルニアの手術やら長い病歴で、痛みには慣れているが

マジで、肝臓か腎臓かと心配をした。

原因を探るも、もしやベッドが合わないのかと

マットとパットの間にベニヤを敷いた。

アラよ、1〜2週間で痛みが無くなった。


しばらくしてから、右膝が痛み出した。

しゃがめない程の痛みで、即サポーターを買った。

走り始めと下りになると痛みが激しいが登り坂では問題はない。


これも何時かは治るであろうと、ダラダラと走っていた。


7月の後半に100人規模のパーティが入っていたので

膝を心配して1ヶ月チョット走らずに様子見をしたら、痛みは無くなった。


そして、今朝からまた走り始めた。

身体に溜まっていたアクがモゾモゾと毛穴から出てくる様な汗をかいた。

久しぶりの汗に身体が火照る。


そういえば2〜3週間前から左肩が痛む。

四十肩で、これで釣り竿が持てなくなるではと言う程悩んだ。

やっと直ったと思っていたのだが、痛みがぶり返した。

普通に生活をしている分には問題がないのだが、妙に変な動きをすると

激痛になる。

年齢が違うと病名が誓うのか・・五十肩、もとえ六十肩か。

これもボチボチと付き合うか。


先月末に知命を7年経た。

階段を3段飛びで飛び降りる如くが衰えると言われていた。


明日の為にその一・・・・走るべし。

明日の体力健康は、今日作るのだ。

などとつらつら思いながら、豪州生活も11ヶ月が経とうとしている。

長いのだか、短いのだか・・・兎にも角にも日々生きる。



そろそろホームシックではと言われているが、日々の刺激が強くまだ大丈夫。

SMSで電話をしているし、日本の情報は毎日ネットでチェック。


強いて言えば、鰺と鰯のたたきが食べたい。

薬味たっぷりで、どんぶり山盛りで・・・(。・ρ・)ジュル

posted by tenmogura at 20:14| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

大雨時々降る

昨日はうどん県から某高校生10名程が、西豪州産小麦粉の勉強をしに来豪した。

高校生と引率の先生方、西豪州の小麦粉農家&製麺関係者総勢30名が

公邸にてランチ会食。

此方の地粉で打った手打ちうどん&海老と野菜のかき揚げ。

これだけでは足りないので巻き寿司といなり寿司を仕込む。


うどんは前日に6sを打ち込んでおく。

久しぶりに打つ大量のうどん、無くなりかけていた掌のうどんだこがうずく。


早朝から仕込みを初め、昼前までには余裕で間に合っていたのに・・・

お湯の沸き時間まで計算に入れずに仕上げで慌ててしまった。


そして料理を出し終えてからのうどん打ちデモンストレーション。

時間制限もあったが、総勢30名の前で打つうどんは緊張しまくり。


うどん踏みは数名に踏んで貰い、宵ごねをしていた玉と交換をする。

伸しは高校生の経験者に手伝って貰い、仕上げで均等にする。

手打ち麺は珍しいのであろうビデオ片手に周りを囲む。

打ち方に多少反省有りだが、まぁ日本の手打ちうどんを披露出来て良しと。

写真は上げられないのだぁ。
posted by tenmogura at 12:27| 東京 ☁| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする