2017年10月28日

小雨時々降る

豪州は春・夏・秋・冬の四季しかないが

11月になると晩春に入る・・・と、勝手に季節付けをする。


朝夕の風が爽やかに吹き過ごしやすく、日が延びて

夜は6時過ぎまで明るくなってきた。



豪州では公邸の中で寝泊まりをしている。

・・・・ので、家賃は掛からない。

無論、水道光熱費もロハ・・・・・(⌒・⌒)ゞイヤァ


約12畳の広さの部屋をあてがわれている。

ベッド・机・ダイニングテーブル・ソファー・大型テレビ

ワードローブとチェスト、そして冷蔵庫まで置いてある。

1人で生活するには十分な広さで、天井も高く圧迫感がない。

南側にドアがあり、西側に窓が2つ、北側に窓が1つ、東側にバックドアがあり

南半球なので北側に日が差す。


天井は高いのだが窓が狭く、閉塞感は否めない。

部屋で食事をすると匂いが籠もり、特にインスタント系は出汁の微妙な

匂いが抜けなかった。

西側の窓は開くのだが風は入らないので、ドアの上の小窓を開けている。



東側のバックドアは前にワードローブが置いてあり、開かずの扉であった。

初めのうちはドアに意識が無かった。

先日、開くかどうか、ワードローブをずらして試したのだが

ドアと桟がきつく挟み、びくともしない。


スチュワードであるノブさんに相談をしたら、ドアをこじ開けて修理をしてくれた。

当たっている箇所を削り網戸を直し、掃除をして色を塗り直して貰った。

20171025 バックドア.jpg

裏庭に抜ける入り口が出来あがり、光が入り開放感を感じる。

西側の窓を開けると心地の良い風が部屋に流れ込む。


今までは部屋にいることに閉塞感を感じていたのだが

これで休みの日の午後は完全に引きこもりだな。

段々と住みやすくなっていく。


posted by tenmogura at 15:37| 東京 ☔| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

二十六夜月

キッチンから見える裏庭の大木に葉が出始め、あっという間に緑に被われた。

1年前、この窓から裏庭を眺めながら、「豪州に来て早1ヶ月、不安が大きい」

などと思いに耽っていたのだが・・・・すでに13ヶ月が過ぎた。



8月から引きずっていた右膝の痛みは、ほぼ消えて普通に歩けるようになった。

今回は長い怪我であった。

とは言え膝を深く曲げると多少痛みが出るので、走るにはまだ怖い。

来月後半の天皇誕生日レセプションまでは無理は出来ない。


9月に健康診断があり、日本語医療センターへ採血と問診を受けきた。

先日連絡が入り、便から菌が出たというので慌ててしまった。

聞くところに由ると、此方では好くある菌で、下痢、膨満、疲労、吐き気等を催すらしい。

水道水か、または試食の食べ物か、感染患者や汚染された飲食物が主な原因だという。

症状はなかったので青天の霹靂という感じであった。


たいしたことは無いと言われたが料理に携わっている身、速効で治療をする。

抗生部質を飲めば問題はなく、再検査は無しと言うことで3日間飲んでいるのだが、

この間は禁酒・・・・(_ _。)・・・シュン

昔治療をしたピロリ菌みたいな感じがする。

そういえば、ピロリ菌退治の1年後に胃ガンにかかってしまったという

情けない経験があった。


夜は長いが、副作用の所為か眠くて眠くて、良く寝られる。

それとγ-gtpが基準値をオーバーしていると言うことで採血の再診と言われた。

アルコール摂取量は日本にいた頃と対して変わらないと思うのだが、

焼酎の蒸留酒とワインの醸造酒の違いか、はたまた運動量不足か。

日本では注意で終わって仕舞うのだが、再検査は面倒臭い。

兎にも角にも、運動が出来ないのでアルコールをも少し節制を

しなければと、一応誓う・・・ヾ(- -;)



朝晩の冷えは無くなり、日中は27〜8℃でTシャツでも汗が出る気候と

なってきた。

朝夕の日も延びて気分が高揚してくる。

DSC_0411.JPG

毎晩の様に屋根裏を走り回っていたポッサムは親子であった。

裏庭の新緑眩しい大木にて初の撮影に成功。



あと1ヶ月もすれば夏!

蠅が五月蠅くなりだし、顔廻りの湿っているところにまとわりついてくる。

冬は平年並みだと言っていたので、

今年は灼熱地獄が待っている・・・ヽ(゚▽、゚)ノ ウヘヘヘ

posted by tenmogura at 10:20| 東京 🌁| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。