2009年11月06日

秋の果           闘病日記

昨日から始まった重湯も食べ(飲み)重ねると味が単調なだけに飽きが早く、ちょっと旨い塩が欲しいとか生醤油を数滴垂らしたら、とか考える様になる。

それでもまだわずかな量で満腹になり、一口すすっては横になり、などと行儀悪い食べ方になる。

女先生曰く「好くかんで食べてね」だって。

食事開始と同時に消化酵素を高める薬と、胃腸の動きをよくする薬を飲み始める。

入院前までは胃酸を押さえる薬を処方されていたのだが、胃を半分切っただけなのに薬の効用が逆になるとは思いもしなかった。
そしてこの薬を飲む水の量も気をつけなければなならなくなった。

傷口もふさがり痛みはまだ残るもの順調に回復し手いる。
予定より早い復帰かと思いきや、重要なのは食事治療だそうだ。


posted by tenmogura at 10:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 闘病日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
釣りカメラマンI氏の相方です。
I氏より、ご主人が入院されたことを聞き、気になっておりました。
先日、K楼に行ったのですが、
F氏も「お見舞いに行きたいんだけど」と、言っていましたよ。

昨日、「たしかブログをやっておられたはず」と思い、
アクセスしてみたら、
手術も無事終えられたとのこと。
本当になによりです。

どうぞお大事になさってくださいね。
ご快癒、心からお祈りいたしております。
Posted by 佐伯明子 at 2009年11月06日 12:03
お騒がせしてスミマセン。
Posted by 店主 at 2009年11月07日 15:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック