2009年11月07日

立冬 椿開き始む       闘病日記

午前中で最後の点滴が終わった。
足枷が外れて動きやすくさっぱりしたが、歩く足下が心許なく感じる。
そして本格的な食事療法が始まる・・・といっても食事をするだけだが。

20091107朝食.jpg今朝の食事は3分かゆ・炒り玉子・牛乳・お茶。
昼との中間食に、缶詰洋なしのドロドロ&牛乳。

入院前は、ぱっと切ってゆっくり休んで復帰と考えていた。
実際はそうであるが、大事なことを見落としていた。
・・・・というか、考えにも及ばなかった誤算。

通常、食べ物が胃に入ると、胃と十二指腸の境にある括約筋が閉まる。
胃の中で十分消化されて、十二指腸に小出しに送られる。

小生の場合、胃の下部と十二指腸の境にある括約筋が無い。
そして、下部が無いと胃酸が出ないらしい。

食物が入っただけ残った胃から十二指腸に流れてしまう。
一口食べただけで満足してしまうどころか、なんと空腹感が少ない。
のどが渇いたと水を一口飲んだだけで腹が張る。

話には聞いていたけれど、まさかこれほどのものだとは思いもよらなかった。
料理雑誌をめくる度に、これが食べたいあれが食べたい・・・・・・
と頭の中は色々巡っているのだが、胃が受け付けない。

食事療法はただ食べるだけではすまない。
2週間をかけ徐々に胃と思考をならしていく。

恐るべし、小錦式ダイエット。





posted by tenmogura at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック