2010年03月28日

春なのに・・・

母は白血病で6年前に逝っている。
小生、その1年後に大腸がん発覚でS字結腸を切った。

その後店の移転に四苦八苦し、やっとの思いで開店した年に大腸がんの傷が開く。
腹壁ヘルニアで2週間の入院生活。

翌年はバイクの横転で2ヶ月にわたる通院とピロリ菌退治に精を出した。
昨年は胃がんによる胃半分を摘出。
退院間近に不慮の事故で義母をなくし、義父は現在半身不随状態で1人暮らしをしている。

人生の壁をやっとの事で乗り越えると、その先にはまた壁が立ちはだかる。
そんなことは26年前に父親を亡くしたときから知っている。

試練を乗り越えられる人のみに試練を与えると言うが・・・・
そんなものは欲しくはない。

そして・・・・・・・次の試練というか、壁というか・・・・・


女将が入院する事になった。

昨年の暮れ当たりから子宮筋腫が大きくなってきたらしい。
夏の盆休みを多めにとって入院しようと話しをしていた。
出血が多く夏までには間に合わず、しきゅう入院する事となった。

命がどうなると言う話ではないが、どうやら子宮を取るらしい。
小生は胃を取り威張っているが、女将は子宮を取り語るという。

店の営業は一人では回らなく、かといって短期ではバイトが見つからない。
断腸の思いで2週間の長期休暇を取ることになった。
また休むのかと心苦しく思ってはいるが致し方がない。
それにしても引っ越しの片付けやら、病院の通いやらで忙しくなりそう。
おまけに家の主婦業までやらなければ。

もう闘病日記は書かないだろうと思っていたが、今度は女将闘病日記でも仕上げるか。

なんだか騒がしい夫婦で、又々御心配をおかけし申し訳なく思っている。

そう言う訳で4月4日〜4月19日まで休ませて戴きます。
ご宴会、御会合、歓迎会等々のご予約はやらせて戴きますョ。


posted by tenmogura at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック