2010年04月05日

清明 燕来る         女将闘病日記

AM5:20起床。
外は雨で今朝も走れず。
そして早朝からまたまた引っ越しの片付け。
女将が居ないとなんと大変な事なのかとつくづく感じ入る。

本日午前中は小生の問診日。
病院が一緒なので都合が良く、休んでいる間を利用して来週に胃カメラの検査を予約する。

明日の手術の説明を受けるのが午後3時。
それまでの間、店に行き掃除&春夏の器の入れ替えをしてとんぼ返りで病院に戻る。

子宮に出来た筋腫は粘膜下筋腫と言い、子宮の内側に出来て不正出血を引き起こす。
この筋腫だけを取ると血が止まらなくなったり、いたずらをする可能性が多いらしい。

子供も生んでる事なので子宮を取る見立て。
それでも切開はせず腟式手術でダメージが少なくすむ。
卵巣は残るので更年期の障害はまだ無いと言う。

そして良く解らないが、月々の煩わしさから解放されるらしい。
婦人病はいささかデリケートな話で、聞いていても全然実感がない。

悲しいかな子供はもう産めなくなった。
先生曰く「たとえば、娘の代理出産はもう出来ませんョ」だって・・・・

なんだか、病気で手術をする様には感じられないゆる〜い雰囲気であった。

胃が無いのと子宮が無いのとはどっちが面白く語れるのであろう。
飲食店の語りからかなりずれている様な気もしないでは・・・・・・・

そして明日は手術。



posted by tenmogura at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 闘病日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック