2011年01月26日

下弦の半月         朝霜

AM6:30起床。
南の空に下弦の半月が浮かび、途中の畑には作物が無く、朝霜が寒さを誘う。
出汁をひき、うどんを打つべく店へ急ぐ。
寒さの所為か、温かいうどんがよく出る。

20110126 塩辛.jpg昨日買った北海道の生するめいかは、ワタがパンパンに詰まっている。
しっかりと塩の中に漬け込み余分な水分と臭みをとり塩を染みこませる。
身は酒に漬け込むこと約2時間。
令風扇で1日風を送る。
ワタが多いく水っぽくなりそうなので、身はからからに干す。
ワタは一昼夜つけ込み、塩を切り中身を取り出す。
細かく切った身と和える。
今回のするめいかの品質は良い。

20110126 塩辛2.jpgワタと身と塩の味がばらばらでまずい。
毎日かき混ぜて発酵を促進させる。
余分なものは何も入れない。
身はよく干したので、完成までは1週間は掛かるであろう。
立春の塩辛。


posted by tenmogura at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。