2011年06月22日

乃東枯る          闘病日記

朝の回診で抜糸をしたが・・・・・
女先生「ハッ・・」って、
ハッってなに?

どうやら完全に着いていなく、傷口が2pほど開いている。
そういえば、一番始めの大腸がん手術の時も傷が開いたまま退院して、自宅で養生をした記憶がある。
シャワー時に傷口を良く洗ってねと。
ガーゼを貼って終わり、大した問題はない。

日中の外は夏日、日差し強く気温が暑い。
女将の部屋とディルームに避難をして読書三昧。

女将の手術はPM:400予定のはずだったのだが、前の手術が押せ押せで1時間遅れ。
ソケイ部を開き、腸を埋め戻し、人工筋膜を貼り一丁上がりで1時間。
硬膜外麻酔はせずに全身麻酔のみ。
小生のベッドに手術の終了を知らせに来るも、また手術室へ説明を聞きに行かなければならない。

午後の回診時に、やはり傷口が気になるらしくプチ手術をした。
ベッドに横になり、局部麻酔を打たれ糸で縫う。
4針ぐらいか、まるで他人の腹のように感じる。
縫うところは始めてみたが、釣り針の様な半円の針であった。
ただしカエシはない・・・・おぉら掛かったぁ!!(;`O´)o/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ >゚))))彡。

動画を撮ったが人には見せられないので記念に保存しておく。
こういうのは、祖師谷在住の作曲家M婦人と造形作家I氏のご夫妻が好きなのだ。

20110622 病院食.jpg
夕食はかれいの様な白身魚の甘酢あん。
副食は茹で青菜&大根と浅蜊の煮びたし。
デザートはキウイ。
浅蜊はカワハギのエサクラスだが一人前に味がある。

夕食は鶏肉だと予測をして、売店でポケモンふりかけ(カルシュウム入り)を買っておいたが役に立たず。

何も考えていなかった。
ついうっかりとデザートのキウイを口に入れてしまい、急いではき出した。
ついうっかりどころの話ではない。
一口食べただけでも呼吸困難になってしまうほど、完全なキウイアレルギー。
まさか退院の前日にキウイアレルギーで死んでいたなどとはシャレにならない。

夏至の夜は長いが、病棟の中は規則正しくPM9:00消灯。



posted by tenmogura at 19:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 闘病日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
だいぶ回復なさっているようでよかったです。
うどん屋女将のご回復も早いことを祈っています!

私も、自分の親不知抜歯の際、ビデオで撮っておきたかったと思っていました。
来月、また親不知抜歯をするので、先生にお願いしてみようと思います\(^o^)/
Posted by kiyama at 2011年06月22日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。