2011年09月18日

燕去る           かいわれ大根の日  

南大東島付近で停滞してる台風ロウキーは、どうやら九州に進路を変えるらしい。
紀伊半島の被害が気になるところ。
そして台風ソンカーは父島付近ににあって、銚子に進んでいる。
前回と同じパターンを辿る。

西日本と東日本の太平洋側で荒れると、どうやら来週の河岸は期待薄。
この台風が夏の暑さを運び去り、本格的な仲秋になってくれるのか。

夏の暑さによる夏バテで胃腸が疲れてくるのも今時で、食中毒の多い時期となる。
万全の注意をするも、フト6年前に勤めていた蕎麦屋の仕事を思い出してしまう。

今を去ること6年前、今の店のつなぎに仕事をした神楽坂付近の手打ちそば屋。
手打ちと言っているが実は裏で機械打ちをしている。

ここは蕎麦はもとより、天丼・カツ丼・親子丼など、そば屋の定番はあるが・・・・
刺身・焼き物・煮物・焼き鳥・とり鍋・・・・ステーキ・うなぎ・懐石コース・・・何でもござれの店。

料理を仕込むが、仕込んだ料理を仕舞うタッパーが一つもない。
梅干し・お新香の使い捨てプラスチック容器、スーパーのビニール・手提げ袋、などを壊れて破れるまで酷使する。
柔らかい煮物などは寸胴に仕舞いラップでかぶせる。
クッキングシートやらペーパータオルなどは皆無。
お客様が使った業務用のおしぼりを消毒して、キッチンタオルとして遣い回す。
奥の座敷で休んでいると、ダニに食われて皮膚がかぶれる。

今まで働いてきた店は数あれど、こんな不衛生な店は初めて見た。

だめ押しは、店を閉めてシャッターを下ろすと親父の飼っている大型犬が厨房の中をうろつく。
この光景を目のあたりにした時は目眩がした。

保健所に通報しようかと考えたほどの不衛生さでも、生活のために働く辛さ。
今までよく食中毒が出なかったのが不思議でならない。





posted by tenmogura at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 今は昔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。