2012年12月03日

冬ざれ               本日定休

AM2:30起床。
店の小上がりから起き出す。

本日は鹿島へひらめ釣行へと出かける。
今年はひらめが湧いているとのこと。

出発の準備をしているとひらめ師I氏が迎えに来る。
外は思っているほど寒くはない。
一路鹿島へ向けてまっしぐら・・・I氏の運転で。

AM4:40到着。
月曜日の朝にもかかわらず、湾内の駐車場は車であふれている。
週末が風で荒れて船が出なかった影響らしい。

早々と船に乗り込み、準備をする。
新竿にリールをセットして仕掛けを結ぶ。
女将が入れてくれたコーヒーをすすりながら時間まで待機。

時間が来ても船は動かず・・・・

船長、どうやら風が気になるらしい。

・・・・・・なにやら怪しくなってきた。

湾内はやや風が吹いているぐらいの感じなのだが、外海はすごいことになっているらしい。
無理をして出した船がもまれているという・・・・・(=゚ω゚=;) マジ!?

小一時間様子を見て、船長は中止を決定・・・・(/ヘ ̄、)グスン
これから風が強くなり、荒れるらしい。

船長の自宅へ寄りお茶をすすりながらひらめ談義。

オヤジ2人で鹿島までのドライブは、車の中で悲壮感が漂う。
昨晩店であんなに吹いたのに・・・
釣れなかったのではなく、釣ることが出来なかったということで、ひらめ祭りはまたまた延期となった。

自宅へ戻り午後まで昼寝。

今年の初めに購入した新竿はまた使わずに仕舞って仕舞った。


釣り人は多少荒れても船を出してくれと言う。
先週、荒海で出した船から一人海に落ちた。
死人が出れば、組合が問題になっていただろうと船長が言っていた。



posted by tenmogura at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。