2013年07月22日

土用丑の日              本日定休

AM3:30起床。
朝の準備を済ませて地上に上がると、釣り弟子モダ氏が迎えに来ている。
平目師I氏然り、毎度の車の用意に申し訳なく思う。

久しぶりの佐島ライト五目は、季節が変わり夏支度。
河岸同様にスポーツサンダル&短パンで出かける。

6時出船で、はじめは三戸浜沖30メートル棚を攻める。
潮は大潮で適当に流れている。

昔使っていたライト用の竿を使って見ようと、納戸から引っ張り出して手入れをしておいた。
6年は使ってなかったのだが、そこそこに物が良く感度は衰えていない。

コマセを撒いて誘う、誘う、誘う。
クヮン、クヮンと、小気味の良い引きに心踊らせる。
一投目から中型のイサキが顔を見せる。

竿は軽くて穂先が細いので、魚が小さくても引きの面白みはある。
針掛かりする魚の感度は敏感。

仕掛けを落とす度にぽつりぽつりと顔を見せ、飽きがこない。
開始一時間半で20本をつり上げる。
流しを変えるも、外れはない。
数えるのも面倒になりはじめ、飽きてきた。

ポイントを変えての深棚のアジは、別竿の電動リール。
70〜80メートルを探りながら攻める。
棚にはまれば一家で上がる。
電動スイッチをオンにすれば、あれよあれよと顔を見せる。

これまた飽きてしまった・・・・
というか、仕込みを考えると・・・・・

午前中は曇り空で暑くはなく、凌ぎやすい海の上。
沖上がり1時まで堪能をした釣りであった。

店へ戻り速攻で仕込み、明日に備える。

20130722 佐島あじ.jpg
アジは大型18本&真サバ・ゴマサバ。

20130722 佐島いさき.jpg
イサキは小中合わせて49本。

流石のプロでも、仕込みに1時間半もかかってしまった。
いさき刺身・あじたたき・いさき塩焼き・あじフライ・・・
明日からの佐島祭りは、バッチリ大サービス。

自宅風呂場で、道具の掃除をしながら水を浴びる。

睡魔降臨・・・・o(~ρ~)o zzz・・・

因みに、おニューの電動リールをおろしたモダ氏も超満喫したが・・・・
いさき19本・あじ38本、仕込みどうするよ・・・?!(・◇・;) ドウスルヨ?


実は、女将に内緒でライト用の釣り竿の算段をしていたのだが・・・
この古い竿がすこぶる調子がよい事を発見した。

もっと前から使っていれば良かったと今更ながら思う。



posted by tenmogura at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。