2014年09月05日

秋づく                月明り

夜も更けると大地が澄みだし、空が高くなる。
南に浮かぶ孤高の半月は、近づいてくる様に見える。

朝夕の涼しさで身体が癒される様に、夜半の半月に心も癒される。


毎年8月の末頃から出始める鮭の真子。
季節の移りと共に、真子の粒に力が入り出す。

柚の風味と味醂をきかせた醤油だれに漬け込む。

“筋子の醤油漬け"は、秋も深まると旨さも増す。


ノルウェーサーモンのカマと腹側と尾を塩水に漬けて塩干しにする。

天火でじっくりと焼き、身をほぐす。

20140905 親子丼.jpg

熱々のご飯に白ごまを振りかける。

大葉を敷きほぐした塩サーモンをのせて、その上に筋子の醤油漬けを盛る。

サーモンの程よい塩加減と、筋子の食感と、白ごまの歯ごたえと、
大葉の風味と、柚の香りと・・・・・(。・ρ・)ジュル

鮭の親子丼は酒の〆に・・・・これはヤバイ。





posted by tenmogura at 07:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ほくそ笑むレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。