2015年04月27日

春暑し                 本日定休

AM3:50起床。

船宿は何時の間にやら夏時間となっていた。

早々に早朝の準備を済ませて、釣り道具をバイクに積む。

2月始めの目張釣行以来、竿を握ってはいない。

何時でも準備万端なのだが、天候が意地悪をしていた。


第三京浜から横横道の合流で夜が明け始める。

風は微風だが、やや寒い。

それにしてもバイク釣行は心躍る。




佐島港から約15分、三戸浜沖で仕掛けを降ろす。

いきなり50メートル棚であじを釣る。

久しぶりの釣りで、当たりの間合いが合わない。

バラシ、棚間違え、段取りの悪さ等々で、

2時間で5匹という不甲斐なさに・・・(_ _。)・・・シュン


いさき狙いでポイントを変えて、城ヶ島まで走る。

だがイサキは姿を見せない。


再びポイントを変えシーボニア沖70メートルの棚。

・・で大当たり。

仕掛けを入れるたびにアジがかかる。

此所のアジは小さいサイズがいない。


横のオヤジとお祭りをしていても、あじが掛かる。

船長と話し込んでいても、あじが掛かる。

足下のバケツから逃げたあじを、捕まえていてもあじがかかる。


前半の不漁は何だったのであろうかという程の小気味よい当たり。

起き上がりまでの2時間で15匹を追加して、馬面・メジナをゲストに納竿となった。

20150427 佐島.jpg

大型あじは21本・・・ヌオォ!! (;`O´>゜))))彡 ガブガブ・・・


店へ戻り、仕込みをする前に島田農園へ。

予約した筍を買いに行く。

筍を仕込みながら、アジを仕込む。


刺身は薬味たっぷりのぶつ切りが良いか・・・

塩焼きも有り、なめろうも有り・・・・

そして、皆様お待ちかねの・・・


あの、幻のあじフライ・・・・(*^0゚)v ィエーイ☆彡

衣サクサクにて身はホクホクで、カラッとしながらジューシーで、

あじの旨味があふれ出る。

ソースのコクとあじの旨味、全てが溶けあって春野菜の上で踊る。

口の中は竜宮城・・・・・・ヘ('◇'、)/~ ウケケケケッ



天候不順なのか、いさきは姿を見ない。

あの小気味の良い当たりを堪能したいが、梅雨前後かナ。




posted by tenmogura at 18:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。