2015年09月20日

秋彼岸入               秋澄む

残暑が短かったり、台風だ地震だなどと騒いでいるうちに、

中秋も彼岸になってしまった。

朝晩はめっきりと冷えだして夏がけでは些か寒いと感じる。


火曜日は祝日で河岸は休みとなり、明日から嫌々二連休を取る。

だが、これも田舎の畑仕事で休みが潰れてしまう。


畑を耕運機で耕して雑草を取り除き、防草シートなるものを張る。

二日間で出来ると思うのだが、長女が休みを取って手伝ってくれるという。


DSC_0203.JPG

銀杏の水分が抜けて、歯ごたえが出てきた。

色は翡翠色から比べて薄くなってきたが、逆に風味が出てきた。


百合根は北海道産で、京都産と比べても遜色は無い。

これを薄い衣で揚げ、銀杏は唐揚げにする。


薩摩芋をイチョウにくり抜き、松葉は茶そうめん。

百合根と銀杏揚げは580円。


中秋を半ば過ぎて、食材も秋らしくなってきた。




土浦JAは、はすの里と言われるほど一面蓮田が続いている。

只、天候不順で茨城の野菜が有るのか心配をしている。







posted by tenmogura at 07:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。