2015年11月16日

小春日和               かいわり釣行

AM2:10起床。

店の小上がりから起き出し、朝の準備をする。


モダ氏のお誘いにて、久しぶりの南房は須崎へと釣りに行く。

季節は移ろう。

いさきから、かいわり五目へと釣り物が変わった。

そして漁場もかわり、棚も変わり、仕掛けも変わる。

80メートル〜100メートルに深く落ち、電動リールの出番となる。

潮は中潮、風は微風、晴天の釣り日和。


かいわりはあじ科の魚なれど、しまあじより旨いと思う。

魚影少なく数は釣れないが、五目釣りということで他の魚に期待をする。

港から15分という近場で深水100メートル。

仕掛けを落として底から探るも・・・・・

仕掛けが落ちない。

途中でさばが邪魔をする。

1時間もさばと格闘をしたであろうか。

ッ抜けはしたがさばは要らない、仕掛けの消費が激しい。

さばの猛攻を避けて、仕掛けが底に落ちるとなにやら魚が掛かる。

初のかいわりは30pオーバーで肉厚。

さば攻撃をかわしながらダラダラと釣り上げるも、かいわりは1枚のみ。

12時の起き上がりまで悶々としながら、一応五目を達成。

れんこだいは黄鯛・姫小鯛・目張で、数に不満あり。

20151116 須崎釣り.jpg

店に戻り、丁寧に仕込みをする。

魚はあるが、祭りはないな・・・(´〜`ヾ) ポリポリ・・・



posted by tenmogura at 17:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。