2015年12月14日

吉良祭                太刀魚釣行

AM5:00起床。

昨晩の雨が大気を洗い、空は済んでいる。

速攻で早朝の準備を済ませてバイクにまたがる。

後ろの荷台には釣り道具を積む。


先週のひらめに続き太刀魚を狙う。

2週連続で釣りに行くのは初めてのことで、この年末の忙しい時期に

良くやるよと。

何故ならば太刀魚もポイントが貯まったからである・・ψ(*`^´)ψウケケ


暗く寒い横横道をひたすら南下する。

終点馬堀海岸を左に曲がり、走ること3分で大津港の定宿に着く。

ここのところの天候不良で数が少なくなったり、大型が出なかったりと

不安なのだが

とりあえずは指4本サイズが10本ほど釣れれば良いかと竿を出す。

DSC_0642.JPG

オオッ・・目の前を護衛艦“いずも”が走る・・・(*`д´)b OK!

日本の平和を守る自衛官に敬礼。



さて、深水80メートルで底から探る。

さばの切り身がフワフワと泳ぐように、上へ上へと誘っていく。

コッツ・・・・

エサが当たる。

太刀魚がエサをいたぶっている。

・・・・エサを誘う。

コッツ・・コッツ・・・

エサを誘うと、竿が持ち上がらなくなる。

ここで軽く合わせると、竿がしなる。


太刀魚の面白さはこれだけではない。

竿に伝わる重みと引きは水面まで続く。

海面まで引き上げた仕掛けをたぐり寄せ、一気に引き抜く。

と、太刀魚が空を舞う。

これも太刀魚の醍醐味。




だが、その後ウンともスンとも・・・


となりのオヤジは調子よくコンスタントに釣っている。

横目で見ながら悩んでしまい、どつぼにはまる。


・・・・・・"ノ(-________-;)ウゥーム・・・



流しを代る度に拾い食い。

そして、沖上がりの11時半まで5本のみ。


久しぶりに悩む釣りとなってしまった。

DSC_0645.JPG

とは言え十分に仕事にはなったし、

何故か太刀魚の仕掛けに大アジも掛かった。


速攻で帰還し、店にて仕込み。

ついでに床の掃除をして帰宅。


風呂に入りながら竿の手入れ。

湯船の缶チュウが胃に浸みる。


明日の準備をして早く寝る。



5本といえども流石の太刀魚。

十分な仕事となり、明後日の宴会に使っても問題はない。


炙り刺身・塩焼き・天ぷらということで、

お待ちしております。





船宿でポイントカードを出して判子を押してもらった。

「次回は無料で使えます」と、

・・・・(゚o゚)エツ!!・・今日じゃないの?


鹿島は押した時に使え、ここは押してから次回に使える。

ルールが違うのか。

年末の忙しい時期に、

無理をしてまで行かなければならなかったのかと・・・・(ーΩー )ウゥーン

でも・・次回はロハ・・・(*`д´)b OK!







posted by tenmogura at 17:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。