2015年12月31日

大晦日                宵月

大晦日、AM4:00起床。

・・・・・・(|||ノ`□´)ノオオオォォォー!!

迂闊にもまた寝過ごしてしまった。

とは言え、余裕を持った起床時間に設定をしていたので、

余裕がなくなっただけのこと。

そして慌てれば間に合う。


焼き物を焼きながら、煮〆を炊く。

煮〆を冷やしているうちに玉子を焼く。

昨晩頑張って切り付けをして於いたので後は詰めるだけ。


6時半に女将と長女が登場。

娘は今夜、介護の夜勤だという。

そう言えば、お節を始めた時からの手伝いをしてくれていた。

段取りも何も解っているので有り難い。



順を追って詰めまくり、

何だかんだで今年はスムーズに運んだ、と思いきや・・・・・



女将が注文のないお客様に、出汁を2パック渡してしもうた。

・・(〃´o`)=3 フゥ


出汁を引くも味醂の在庫が足りない。

まさか向かいの生協で味醂風味を買う訳にもいかず。

引き取りを待ちながら飲む算段をしているのでバイクはない。


女将のママチャリを借りて赤堤まで走る。

往復約40分・・・・・・。。゛(ノ><)ゝ ヒィィィ

走りにくいチャリだ。

DSC_0752.JPG

ついでに買った樽酒は、信州佐久菊秀の本醸造。

年明けにメニューに載せる。



引き渡しを全て終えると、焼酎も効いて良い心持ち。

自宅へ帰り久しぶりにゆっくりと風呂に浸かり、1年の灰汁を流し出す。


そう言えば息子が福岡の単身から帰ってくるのであった。


忙しくて忘れていた・・・・ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ




風呂から上がり、ホットひと息。


これで、夕食中に寝てしまうのであろう。



気がつけば年が明け元旦となり、早々に仕込みをする。

フッと見れば桜が咲き、暖かくなりすぐに初夏となる。

暑い暑いと思う間に北風が吹き、またお節の算段をする。



諸行無常の響きあり、盛者必滅の理をあらわす・・・とな。








posted by tenmogura at 17:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お節奮闘記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。