2016年03月02日

下弦の半月              余寒

AM4:30起床。

夜明け前の大気は澄んでいる。

下弦の半月は南の空に冴え、雲すら寄せ付けない。

5qのランニングを終える頃には冷えた身体は、

うっすらと汗をかき吐く息は白い。


走り初めて1週間ほど経つ。

徐々に身体はついてきたが、いまだ重く感じる。



春の準備をする。

うどんは宵ごねに代えてから楽に打ち込める。

粘つくような玉のお陰で太さの調整が楽になった。


汁は計りの割合を変えるだけで、何時でも対応が出来る。

丼タレは徐々に変えていく。

ぬか漬けは、かぶの色が呆け始めて来たらオクラに代えればよい。


稚鮎は安定し始め、海草類が豊富に出回ってきた。


八百屋では山菜が多く並び始めて、

竹の子はそろそろ値が下がりだすであろう。

春メニューは徐々に増えていく。



posted by tenmogura at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。