2016年04月27日

居待月                花曇

10年前の開店当初から課題であった喫煙。

飲食店禁煙を都条例で決めてくれれば考えなくて良いのだが・・・・

昨今喫煙者が減っており、満席になっても店の空気がクリーンな時もある。


昨晩、お客様の喫煙をお断りして、エレベータホールに灰皿を置いた。

多少店の中に煙が流れてくるが、気になる程でもない。


喫煙者の肩身が狭くなっているのか、お客様も嫌な顔をしない。

早く始めていれば良かったと思う。


今更だが、閉店まで店内禁煙とさせて戴く。

そして、格好が悪いが禁煙シールをベタベタと貼る。


煙いのとお小言は嫌いだ。



posted by tenmogura at 07:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。