2016年05月25日

居待月                青嵐

某社団法人協会から仕事のオファーを待っているのだが、いつ来るかが判らない。

仕事を待っているとは言え、ブラブラとしている余裕はなく、

とりあえずの仕事を探さねばならない。


先日、新聞の折り込み広告をめくっていたら、京王線沿線にあるSスーパーの募集が目に入った。

"鮮魚部時給1、200円"

これでも良いかと丸を付ける。


横で女将がアッと、

小田急線S学園前駅の大型スーパーで"鮮魚技術1、500円"と出ていた。

知命を半分も越えるおやじには、バイトとしては良い時給。


即、電話をする。

「最低でも1年は働いてください」と、

何故かと問えば、「仕事を覚えるまで3〜4ヶ月掛かります」と、

笑止!

「鮮魚であればその日から、何の種類でも何十枚でも仕込めますよ」と、


魚の卸しは仕込みではない。

卸した後、如何に商品にするかが仕込みというのだ。


今日は昼過ぎから祖師谷大蔵へ出かけ、解体終了の立ち会いと打ち合わせがある。

その足で隣町まで出かけてバイトの面接を受ける。

その後は店のHP関係の打ち合わせで、新宿寄りの隣町で一献。

また明るい内から酒か・・・・┐('〜`;)┌

マラソンまで後4日・・・・大丈夫か。



posted by tenmogura at 09:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。