2016年06月15日

宵月                 梅雨雲

週4日・3日と分けて仕事をしようかと思っている矢先に、

5日入れてもらえるかと言われた。

他より時給が高いのでOKをしら、他の店舗からは週2日では困るとのお断り。


週に2日も休みがあると身体が鈍るので何か仕事を入れたいのだが、

週2日だけ使うバイトはなかなか見つからない。



夕方4時に仕事を終えて、15分後には自宅に帰っている。

夏のこの時期はまだ明るく、読書量も幾分増えた。

早くから飲むと寝る時間も早くい。

良く寝られるのだが、寝過ぎて背中が軋む。




店舗の保証金が入らずイライラしていたのだが、やっと入金してきた。

引き渡しをしてから10日は経っている。


壁にネジの穴が開いているだの、壁の吹きつけが残っているだのと

難癖を付けてきた。

その割には、エアコンのパイプを残せたとかガス管を残せだとか、

解体業者に直接言ってくる。

DSC_1413.JPG

本来なら全部外してスケルトンで引き渡すのだが、

「パイプや管を残すから細かいことは言うな」との交渉。


最後まで嫌らしいことをするが、これで縁が切れてスッキリした。




らっきょう・青梅・実山椒・・・・

この時期は仕込みの繁忙期なのだが、一つもふれていない。

何か寂しいものを感じる。



posted by tenmogura at 08:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。