2016年06月21日

十六夜               乃東枯る

冬至に芽を出した草が枯れる時期だという。

何やら心が枯れ始め、缶チュウが1本増えてしまった。

十年ぶりに人間関係で悩む。


職場にいる訳の解らないオヤジは、東南方向のアジア人だが仕事は出来る。

大手水産会社にて40数年勤めたという派遣社員。

仕事は出来るが、一こと言えばイヤミが5つ返ってくる。

・・・・・しぇ〜、ザンス。


鮮魚部の担当とお話をした。

「理不尽なことは多々有りましょうが、7月一杯で派遣契約を切るので、

それまで何とか耐えてください」と、

小生には別に構うなと、「そんなことは見習いの時代から慣れている」

「それよりは他の人が心配でしょう」と。


そんなオヤジに文句を言われるのが悔しくて、

YouTubeにて「魚屋 卸し 裁き」・「魚屋 卸し 切り身」・「魚屋 鮪」

日々動画で研究をしているが・・・・

いやはや何とも様々な裁き方があり、見る度に感心をする。



海洋国家「日本」・・・・・ヽ(^◇^*)/ 万歳





警視庁から通知が届き、今年は試験場まで足を運ばなければならない。

二回続いたゴールドは、一回お休み。



posted by tenmogura at 17:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。