2016年09月06日

萩月                 黒の日 その3

欲しかったが、なかなか買えなかった骨抜きがある。

DSC_1659.JPG

骨抜き如きで4千円なんてと思っていたのだが、この際だと

買ってしまった・・・┐('〜`;)┌

女将があきれる。


異国では使うチャンスはあるのであろうか。

強いて言えば"お守り"のような物で、

間違いや失敗はついて回り、これは仕方がないことで、

その失敗の修正に精神的なエネルギーを使う。

この負のエネルギーを幾らか和らげる為に、

お気に入りの道具が"お守り"の替わりをする。


などと言い訳をしながら・・・眺めるだけでは道具が泣くな。

きっちりと使いこなす仕事をする。


実はこの骨抜きはまだ安い方で、最高級になると萬を越える・・・オットォ!(・oノ)ノ


バイクは思っていた金額で売れたので、一安心。





posted by tenmogura at 12:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。