2016年09月22日

秋分                  雷声を収む

西豪州はバース駅を中心に南に2本、北に2本の電車が走っている。

小生の住まいは、パースからフリーマントル行きの電車で北に下ること約20分。

コテスロウはホームの中程に乗車券の販売機がある無人駅で、乗降客も少ない。

ここは“ウォールウォーズ”という大衆スーパーと、“ボートシェード”という

高級スーパーがある。

日常の食材を買うときはウォールウオーズで買い物をして、

オフィシャルな食材はボートシェードへ行く。

それでも和食の食材は少ない。


コテスロウからパースに4駅上がったクレアモントのスーパー“コールズ”

パースに近いスピアコの日本食材店の“フジマート”。


パース駅の北に歩くこと10分。

ノースブリッジという町を、暇を見て食材探しに歩き回る。

DSC_1714.JPG

"愛する寿司"か。

ここは、怪しい中華食材店やら鮮魚の店が並ぶ。


総領事夫妻の食事はある物で良いと仰るが、色々と手を変えて使い回しをしている。

如何にしろ物価は日本の3割増し。

日本の食材となると2倍から3倍もする。

値段と質を把握しなければならない。


大根の皮は干して保存。

パンの耳が余れば、干してパン粉を作る・・・( ̄▽ ̄)うへへへぇ〜


先日フジマートで、800グラムで$3,50の煎り糠を買ってきた。

早々に糠味噌を仕込んだのだが、一袋では足りずに買い足しをした。


祖師谷の店で精米していた時は、魚の仕込みにも惜しみなく使っていたのだが

指先に着いた糠まで丁寧に拭い取る・・・・・(/_<) ナケルネェ


ぬか漬けを仕込んで10日程で胡瓜と蕪を漬けてみた。

未だ味はイマイチだが、何故か旨い・・・・・(/_<) ナケルネェ



コテスロウで見つけたパン屋さんに入り1つ買ってみたのだが、

やはりこの国は小麦が旨い。



posted by tenmogura at 16:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。