2016年10月29日

暁月                  とらふぐの日

大きなパーティーが入ると食材の量が増えるのだが、端やら皮は使えない。

捨てるのも勿体なく、何かしら仕込む。

魚のアラはじっくりと煮込んで保存しておく。

野菜は塩漬けにして保存。

大根の皮を取って置き、千六本に切り天日で干す。

20161028 切り干し大根.jpg

切り干し大根は、日本食材店には売っているのだが安くない。

需要が少ないのだナ。


茨城は北浦のJAに行けば、大袋150円ほどで売っているのに。

懐かしい・・・( -_-)フッ






パーティの設宴で、お手伝いさんが来るとシェフと呼ばれる。


初めは誰のことかと、見渡した・・・?c(゚.゚*)・・・・

こちらでは普通の呼び名なのだ。


店にいた頃は御主人だとか、マスターだとか、大将だとか色々と

呼び名があったのだが・・・シェフはこそばゆい。




シェフは懸命に、大根の皮をを干している・・・・ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ



posted by tenmogura at 16:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。