2017年04月23日

暁月

掛け終わりそうな月は、明るくなり始める東の川岸に落ちようとしている。

川岸とはいえ湖畔のような広さがあり、裸眼では川岸がぼやける。


走り終えた後はスクワットとストレッチをしてから汗を流す。


が、うすぼらけの川岸を見上げて・・フッと思う。

月の掛ける向きが日本と逆か・・・(´△`) えっ?

脳裏に記憶する月欠けの位置が違う様な・・・

半球が北と南で違うのか。



汗を流し茶を入れ、机の前に座る。

教科書を開くのは、休みの日とて変わらない。


昼前はブラブラと散歩をするついでに買い物をする。

と言うて、たいした物を買うわけではない。


冬雨用のウインドブレーカーでも買うかとアウトドアショップを覗くも

値段が合わずに見るだけだったりする。


リュックには缶ビールとお手頃ワインを入れて、手提げ袋にはパンとインスタントスープ。


午後も遅くに、冷えたワインを水筒に入れて住まいの目の前の川沿いで本を開く。

日曜日の湖畔は子供達が走り回ったりカヌーを漕いだりと、長閑な時間が流れる。


平日は御夫妻の料理の味見で食事兼のつまみとなるのだが、

休日は自分の分を作らなくてはならない。

人様の料理は嬉々として作るのだが、事自分の分となると苦痛でならない。


休日の夕方は何時も悩む。

買い置きのうどんを茹でて、その鍋に買い置きのレトルトカレーを突っ込む。

20170423 休日に語る.jpg

冷凍をして於いた納豆を解凍して・・・

20170423 納豆カレーうどん.jpg

待つこと10分、納豆カレーうどん・・・・(*`д´)b good!



時間は悠々と流れる。

慌てるほど若くはないし、焦るほどの年でもない。

単身出稼ぎは、来月で8ヶ月が経とうとしている。

寂しくないかと問われるも・・

まぐろ漁船と比べれば、月見蕎麦とスッポン鍋ほどの違いがある。


今の瞬間に納得をしていれば悩む必要はない。

アッという間に時が経つ・・

で、やはり今が大事なんだろうなと。

ボケずに健康でいれば、後50年はいけるか・・・ヾ(--;)ぉぃぉぃ



posted by tenmogura at 19:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。