2018年02月08日

うぐいす鳴く

昨年の大きなパーティーでミスを犯してしまった。

ベジタリアンがいたのだった。

指摘されて急遽、生野菜でサラダを作ったが

あり合わせ感が強く、余り食べてもらえなかった。


好き嫌いなら食べずに済むが、宗教的なものとベジタリアン

そして特にアレルギーには注意をしなければならない。


会食の予定表には前もってそれらが書いてあり作り分けが出来るのだが

大きなパーティーとなるとなかなか難しい。

如何にしろ移民が多い国。


宗教がら豚肉は駄目とか、アレルギーで海老は駄目とかは問題ない。

1〜2品使わずとも十分な食材がある。


先日6名の会食でベジタリアンが1人だけいた。

一口にベジタリアンと言っても10種類ぐらいあるらしい。

ナンチャッテから始まり、植物性食品と魚・卵・乳製品の




肉以外は食べる。

肉は一切駄目で、植物性食品と乳製品・卵は食べる。

そして、植物性食品のみを食べる。

この人をビーガンと言う。

食品だけでなく、毛皮などの動物製品も使用しない人もいるとか。

究極は何も食べない・・・・・オットォ!(・oノ)ノ

話しには聞く。


日本ではまずは見かけなく、法事の料理でも普通のコース料理

でいいですと言うご注文が殆どだった。



先日お越しになられたゲストの一人はビーガンであった。


肉魚は元より、乳製品・玉子も駄目。

言ってみれば精進料理なのだが、此方で揃えられる出汁系は

昆布と干し椎茸。

料理が大変というよりはめんどくさい・・・・┐('〜`;)┌

かと言え全員に精進料理をお出しできる訳はない。

ローストビーフの替わりは豆腐のステーキ。

天ぷらは精進揚げ。

揚げ茄子と豆腐の揚げ出しに、寿司は胡瓜・人参・アボガドの巻物。

デザートはフルーツの盛り合わせにレモンの寒天掛け。

トロトロ感を出したいがゼラチンが使えなく、

寒天では固すぎるのであえてレモンを使った。


豆腐ステーキを少し残されただけで完食。

食べ終えらなければ安心できない。

そして、赤ワインは飲んでいたという。

これは・・・葡萄か。




posted by tenmogura at 22:05| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。