2018年02月18日

土が潤い起る

毎朝5時に起床をしている。

徐々に暗くなり初め、今は6時前でうっすらと明るくなる。

今月で夏も終わり秋に入るのだが、暑さは衰えていない。


かれこれ5年ぐらい寝かせていた三国志のDVDは全48巻。

諸葛亮孔明が晩年の後半はダラダラと続くので、やっと見終えた

と言う感じが強い。

主役級が次々と亡くなっていく切なさの表現は、

北方兼三の「三国志」が群を抜いているであろう。

もうDVDは見返す気力はないが、北方版「三国志」はもう一度読みたい。



起床後、朝の支度をして軽いストレッチ。

シャワールームで禊ぎをしてから・・・ヾ(- -;)

総領事のお弁当を作り、8時半まで机の前に座る。

午前中は買い物に行ったり調べ物をしたり、

奥様の昼の支度をして、午後は本を読んだり散歩をしたりと・・・

夕食の準備をして片付けが終えた8時以降はワインを傾けながら

まったりとした時間を過ごすも、なぜだかすぐに眠たくなってしまう。

気がつくと、朝が来てしまう。

睡眠時間は申し訳ないぐらいに取っている。

会食と大きな設宴が入ればそれなりに忙しいが、普段はゆるい。

ゆるい生活とは言え時間の流れは速いのだ。



昨年秋頃に女将と長女が遊びに来ると言っていたのに、

もう間近になってしまった。

木曜日に到着する。

お休みを頂き観光予定を入れているのだが、如何にしろ当の本人が

余り出歩かないので、何処ゾに連れて行って良いやらで思案中。


ノブさんに頼みレンタカーを予約して、ノブさん御夫妻と

マーガレットリバー周辺を一泊で観光する。

願わくば星降る夜空と、バッセルトンの桟橋に掛かる

抜けるような蒼天を見せてあげたい。



posted by tenmogura at 13:52| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。