2018年04月08日

花祭り

AM5:00起床。

久しぶりの寝不足だが、毎日同じ起床時間なので身体が自然と動いている。

部屋のカーテンを明け留めて、窓を開き裏のドアを開ける。

夜が明けぬ裏庭から、爽やかな風と笑いカワセミの鳴き声が流れる。

ストレッチをしてからバスルームに行く。


日曜日と木曜日は洗濯日で、洗濯機に洗い物を入れる。


約3週間毎の散髪日は、バスタブに頭を突っ込みバリカンで髪を剃る。

剃り残しが判るように最近は1.5ミリと短くした。


シャワーを浴びてから机に座り、白湯を飲むのが毎日の日課。


脱水をした洗濯物をロープに干す時に顔を上げる。

頭上のロープの先に青空が映え、下弦の半月が見える。

豪州の空は蒼が強く、朝日で明るくとも月がはっきりと見えるのだ。



週の中半にうどんのデリバリーがある。

日本人学校の40周年と校舎移転のレセプションで

子供達に手打ちうどんを振る舞い、うどん打ちのパフォーマンスを披露する。

DSC_0047.JPG

200パック分の小麦粉は量にして13キロ。

ロスを考えて少し多めに打つ。

一日では打ち切れずに、昨日から仕込みながら打っていた。

朝から打ち込み、昼までに打ち終えた。

柔になったか、量を打つと手のひらが痛む。


休み返上のうどん打ちを終えて、自分へのご褒美に

ビールをプシュッとな・・・(*~ρ~)ゞプハー

昼下がりのビールは旨し。

ビールを飲みつつ、ピスタチオをポリポリと囓る。

そして、スマフォを片手にウトウトと微睡む。

・・・・・至極。

20180408 本.jpg

女将が帰って早1ヶ月以上が経つ。

持ってきて貰った本の1冊、遠田潤子「雪の鉄樹」を読み始めた。

過酷な生い立ちの中、愛する人を待つというサスペンス。

だが、ハラハラするというよりはイライラする。

一度読み出したら止まらなくなり、450ページを一気に読んでしまった。

気がつけば既に丑三つ時であった。


これはもう一度読み返す。



posted by tenmogura at 13:17| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。