2018年05月01日

十六夜

4月も終わり、今日から晩秋に入った。

朝夕はもとより、日中も陰ると寒くなり始めた。

日中は25℃ぐらいで、Tシャツ一枚では肌寒くウインドブレーカーを羽織ると汗ばむ。

気候も程よくなり、空いている時間は本を読んだりPCを開いたりする。

散歩を兼ねて食材を探求しにブラブラと歩く。

酒屋を覗き安いワインを見繕う。

一日の時間は余るのだが・・何故かあっという間に過ぎていく。


週末に掛ける安否確認の電話で、東京は暑くなり始めてきたとか。



会食は毎週入ってはいるが、此処のところは人数が少ない。

仕事をこなすと言うより、鈍っている頭と身体のリハビリと言うほうが

しっくりとくる。



公的な買い物のドライバーがいる。

1年半の間お付き合いをした、日本語が堪能なドライバーが今年の初めに辞めた。

その後に入った運転手はベトナム系2世で日本語が出来ない。

合う前は不安だったのだが、色々と気を使って頂き何とかなっている。

ブロークンイングリッシュでもOKだ・・・・・ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ

とは言え、細かな買い物の注文が出来ずに忸怩たる思いに駆られている。


今日、前にいたドライバーから近況報告の電話が入った。

メルボルンにて、大学に入り直して頑張っているという。

地元の“上北沢”を知っているので尚更情が深い。

それに加えて次女がメルボルンで頑張っているので、何かとお願いをする事もある。


来豪した当初のドキドキとした思いは変わってはいない。





posted by tenmogura at 19:25| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。