2018年09月13日

鶺鴒鳴く

毎朝5時に目を覚ます。

店を営業していた約30年間のお定まりとなっている。

床に着く時間は早くなり、遅くても11時には寝てしまう。

休みの日などは8時にはベッドの上で本を開くが、

開いた本の活字が泳いでしまうのだ。


毎夜夢を見るが、よく寝る所為か目覚める時に鮮明に覚えている。

書き留めていれば、幻想小説を書けるぐらいの物語になる。



豪州生活は9月8日で丸2年を過ぎた。

ここ豪州も夢を見ている様な生活であった。

単身での生活には不自由はない。

会話は不自由をするが、それなりに買い物は出来るようになった。

飲んだワィンのラベルは百数十枚か、写真で保存をしている。

住めば都だ。


会食・パーティーのメニュー構成、買い出し、仕込みを含めてやっとこなれた。

料理も失敗がなくなり・・・ヽ(´o`; オイオイ

知り合いも出来てお誘いも増えた。


最低でもあと半年は居られると思い、平成最後の天皇誕生日レセプションは

力の限り尽くそうと思っていたのだが・・・・




総領事の離任が決まり、豪州を離れなければならなくなった。




そして、ステージが代わり、新たな展開を迎える。

またしばらくは面白い夢が見られそうだ。

次の夢を見るために、来月19日に日本に一時帰国をする。

秋刀魚・落ち鰹は名残を迎え間に合うか・・・とりあえずは、美味しい魚が食べたい。





IMGP0200.jpg

一度捕まっているのだが、出国出来るか・・・┐('〜`;)┌



posted by tenmogura at 07:39| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。