2018年09月16日

上弦の月

公邸の管理をしているノブさんのお誘いで

再びYorkへ行ってきた。

日本から来ている造形作家先生の稲藁アートのお手伝いをした。

飲み会の酔った勢いも合ったが、足跡を残したい。



先週仕上がったビルビーより一回り広い床を張る。

造形物の床を仕上げるだけで、後は町をブラブラしようという

観光を兼ねた一泊二日のボランティア・・・のはずだった。

DSC_0147.JPG

クブカシゲガメの骨組み。

強度に不安があるとのことで、補強に半日を要した。

数十年ぶりに軍手をして、電動工具をいじる。

シェフからカーペンターに転職。

結局、床は一日ではで仕上がらずに今日も午前中まで動き回った。

DSC_0169.JPG

午前中まで床を張り終えた。

片付けをして、手伝った証として骨組みにサインを書く。

DSC_0170.JPG

甲羅の部分は、地元の造形作家の手助けでコツコツと仕上がっている。

DSC_0155.JPG

早朝にMount Brown という小高い丘に上がった。

360渡見渡せる景色は、豪州ならではの絶景。


午後に帰り、早々と缶ビールをあおる。

明日は、全身筋肉痛であろう。



posted by tenmogura at 15:11| 東京 ☁| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。