2018年09月22日

十三夜月

夜明けが早くなり、朝晩の寒さはなくなった。

雨が少なくなって、天候も安定してきた。

日中は日が差せば25℃まで上がり、洗濯物の乾きが早くなる。

Tシャツ1枚で過ごせる春本番。



帰国が来月の19日に決まり、何やら慌ただしくなる。

来週の会食を始め、10月の始めには大きなレセプションが入り

翌週は離任レセプションとなる。

会食・レセプションが重なるので、メニューを作り込み、買い物リストの仕分けをする。

その間にPerthの焼き鳥屋さんへ行き、レセプションの打ち合わせをする。


個人的な送別会もボチボチと誘われている。


日本に送る荷物とスーツケースに入れる荷物の整理。

置いていく物、捨てる物の仕分けをしなければならない。



今日から3連休。

明日・明後日は再びYorkへ、藁アートのボランティアへ行く。

来週明けから慌ただしくなるので、出来うる想い出を残す。



DSC_0185.JPG

今年は食べられないと思っていた枇杷。

色付いた実に玉ねぎネットをかぶせる。

枇杷の木の周りにはポッサムの糞が沢山落ちている。

お互いに狙っているのだ。





posted by tenmogura at 11:29| 東京 ☁| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。