2018年12月11日

熊穴にこもる

豪州から帰国して、2ヶ月が経とうとしている。

飲んだくれの日々を送ってはいるが充実している。

級友に会い、旅行へ行き、ヒラメを釣り、ここ数十年味わえないゆったりとした日々である。




豪州の冬も始まる頃に、総領事からお話があると言われた。

パースから移動があると言う。

そして、南米はトリニダード・トバコへ大使として赴任が内定したという。

それで、もし良かったら後2年程お付き合いをお願いできますかと。


トリニダードトバコ・・・・???

南米のベネズエラの上の小さな島で、大きさは千葉県と同じぐらいらしい。

1年の平均気温は30℃、季節は雨期と乾期の2期。

日本の裏側で時差は13時間。

カリブ海か・・・(●_−)

何やら面白そうだ。


家族と相談をするも子供達は、父が思うようにすれば良いんじゃないと。

女将曰く「もう少し稼いできてください」と・・・・・・

誰も寂しがる気配はないので、宜しくお願いしますと即決をした。


それから5ヶ月が経ち今に至る。


予防接種・健康診断と癌検査を兼ねて胃と腸の内視鏡。

歯医者に行き、免許証の書き換え、眼鏡を作り替えて、雑貨の買い物

日本の仕事の打ち合わせ、それと

万が一を考えて部屋の整理も終えた・・・ヾ(ーー )ォィ


先週、正式に発令が出て、出発は年明けの16日となった。

米国はヒューストン経由でトリニダード・トバゴへ入る。


残りの1ヶ月もあっという間なんであろう。

2年ぶりの日本の正月は、寒さを堪能しながらゆっくりと家族で過ごせる。



posted by tenmogura at 08:14| 東京 ☁| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。