2019年01月01日

冬生じ夏枯る

新年明けましておめでとう御座います


暮れの続く忘年会の合間に、家族用のお節料理を仕込んだ。

まずは、贅沢にも鰹節をふんだんに使い、命の出汁を引いた。

きんとん・黒豆・伊達巻き・膾・数の子松前漬け・・・

スーパーの食材なので贅沢は言えないが、腕は衰えていない。


大晦日は長男と長女のと、4人で久しぶりの晩酌。

仕込んだ料理をつまみ、年越しの麺は手打ちうどんを打った。

かも葱かき揚げうどんに舌鼓。

また2年間贅沢出来ないことを考えながら、じっくりと咀嚼をする。


20181214070322_IMG_0003.JPG

自宅ベランダより新春の富士山を眺める。

きな臭くなっている世界情勢。

平和で有りますように、とは言え日本には居ない・・・ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ



posted by tenmogura at 08:52| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。