2010年09月17日

宵月

中秋も半ば、日中はまだ暑いが朝夕は寒いぐらいになってきた。
味覚も秋味に替わりつつ、相模湾ではカワハギ船が出始めた。

暑くてやる気が起きなかった秋・冬の準備を始める。

冷蔵庫で管理していたぬか床のぬかを調整して常温に置く。
常温はまだ暖かく色がぼけやすいので、漬ける時間を細かく調整しなければならない。
うどん汁、天汁を秋冬バージョンにするが、乾し椎茸が入ることによって割合が複雑になった。

うどんの塩分割合と食塩水の量を変える。
粉がかわったので、またしばらく打ち込まなければならなくなった。

天丼の汁は徐々にコクを出していく。
味噌汁は豆腐わかめから野菜けんちん汁に変えた。
風呂吹き用に玉味噌を多めに仕込む。

食器の入れ替えと秋冬用のメニューの入れ替えは、来週の定休日にやる事にする。
お酒のメニューは先週入れ替えた。

季節の変わり目は何かと忙しい。

そして、本日女将の誕生日・・、、( ^_^)/▼☆▼\(^_^ ) カンパーイ。




posted by tenmogura at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 考学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

コナモンの日

「こ(5)な(7)」の語呂合せらしいがどうもベタすぎる。

米国製業務用フードプロセッサーは20年間使っている。
ねじが1本外れているのか、揺するとカラカラ音がするが、元気に働いてくれている。
切る・刻む・練るは頻繁に使っているのだが、最近竹の子を卸すときに卸用を使い出した。
便利この上ないが大根おろしはどうもいけない。

20年間使っていて今更だろうが、仕舞いっぱなしにしていた道具箱に新たに薄切り用の刃があることに気がつく。

20100507 葱仕込み.jpg先日、田舎から最後のネギを山と積んで来たのだ量が多すぎて仕込みに躊躇していた。
そこでひらめく。
このフードプロセッサーで刻めば良いと。
包丁で小口切りにすれば優に1時間はかかる仕事がボタン一つでわずか10分。
刻みは荒く多少の無駄は出るが、煮込んでしまえば変わらないので目をつぶることにする。
刻んだこれを良く水洗いして出汁で煮る。
鍋にあふれるようにあった刻みネギが煮るほどに半分以下になっていき、ネギ臭から甘い匂いに変わっていく。
これを小出しに冷凍して、秋以降の料理に仕舞っておく。

長ネギグラタン・・・
ネギクリームコロッケ・・・
ネギ巻き玉子焼き・・・
なんとも息の長い仕込みだ。
posted by tenmogura at 09:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 考学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

小望月           二月尽く

AM5:30起床。
外は雨で走れない。
この雨は昼間で続く予報で、これでフルマラソンは寒くて辛いだろう。
そしてこれからは一雨ごとに暖かくなり、バイク乗りにとって心地よい季節になる。

20100223 バイク釣行.jpgバイク釣行は、釣りの服装で出かけるので煩わしい着替えがない。

渋滞知らずで時間がきっちり計れ、駐車場に困らず場所によっては船の横につけられて便利なのだが、困ったことに荷物が積めない。

クーラーボックスを後部座席に乗せると後はリュック1つしか積めず、最低限のコンパクトなセットとなる。

釣り竿は、他のバイクをみていると細いパイプに差してたり、専用のバックで背中に背負っていたりとけっこう工夫をしているではないか。

東急ハンズで偶然見つけた、なんだかわからないフック。
見た瞬間に閃き即購入。
これをトランクの脇に差し込み竿を挟む。
先端はクーラーボックスの横にゴムバンドフックで押さえる。
これで落ちない。

何時も、こんなくだらないことばかり考えている。
posted by tenmogura at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 考学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

春一番           十三夜月

我が家の長男は大学1年にしてナンチャッテ受験生。
休学をしてまでもセンター試験に挑んでいた。
そして本日のセンター2次試験で2年越しの試練が終わる。

張り紙と参考書で散らかっている我が家もこれで心置きなく掃除が出来ると、女将がつぶやく。

本人は至ってまじめに取り組んでいるのだが、如何にしろ望みが高すぎる。
身の程をしり努力をしても報われず、ままならぬ事もあるがそれでも努力する事は大事な事だと背中を見せて教えてて来たつもりだが・・・。

今夜は雨。
仕事を終え自宅に帰ったら残り物をつまみに息子と一献やるか。
酒は奮発して正雪薄にごり。
posted by tenmogura at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 考学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

晦日月           春みぞれ

店の備品には3年前移転した時に購入した物とそれ以前から使っていた物がある。

製氷機が11年経ち怪しくなってきた。
氷ができる事はできるのだが肉が薄く握ると崩れてしまうクラッシャー状態で、すぐに溶けてしまう。
保守点検に入っていないので修理に呼ぶと数万円からかかるだろう。
買い換えをする余裕もなく中古でも探そうかと思案中。
未だ寒くて氷の需要が少ないので取りあえずは市販の氷を使っているが、暖かくなれば早々先送りも出来ず困ったものだ。

マグロ用の−60℃の冷凍庫があるので氷も自家製にするか。
posted by tenmogura at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 考学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

シルバーウィーク

世間では9月の第四週に5連休というのがあるが、仕入れ関係等チョットややこしい。

月曜日の敬老の日は河岸が営業しているので仕込みをしなくてはならず休みが半日つぶれる。
それでいっそのこと月曜日に臨時営業をして最終日に休んでしまおうということになった。

べつに休んで何をする訳でもないが、多分連休最終日はヒマだと見越しての事。

という訳で9月21日(月)は営業で9月23日(水)はお休み致します。


posted by tenmogura at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 考学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

夕月             夏旺ん

戻り梅雨明け?戻り梅雨の間の晴れ?
兎に角、秋刀魚の酒干しが良い出来で仕上がりそう。

干すことにより水分を減らし細菌類の繁殖を抑える。
色々な干し方があるが、鰺や秋刀魚の大きさなら天日干しが良いが、小魚は日に当てると干しすぎてしまい、身が煮えてしまうので軽く水分を抜くだけにする。
そこで、日に当てず風干しとか一夜干しとかにする。

20090726.jpg若鮎の一塩干し。
今までは厨房のガス台の吸い込みフィルターの際で干していた。
吸い込みのモーターを回し、火を使うとほどよく干せるのだが、休憩になると無風状態になり具合が悪い。
かといってモーターを回しっぱなしにしていたのでは不経済になる。

そこで考えた。
麺打ち時に使っている冷風扇。
ざるを使って固定し、これを中風にして半日でほどよく干し上がる。
流石。

家庭では扇風機でOK。
お試しを。

posted by tenmogura at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 考学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

鷹技を習う         自給率考

田舎の義父は身体が悪く車いす&松葉杖の生活を送っており、義母が1人で農業をこなしている。
春は田植え、初夏はじゃが芋、秋の稲刈りが終わると、その田んぼに芹を植え出荷している。

家の横に畑があり自家用の野菜を作っている。
夏は茄子・胡瓜・トマト・南京・・・・その他色々。
冬はねぎ、大根、白菜・・・。

確か今年68歳だと思ったが、「私が動けるうちにどんどん食べておくれ」とせっせと野菜を送ってくれる。
有り難い。

日本の自給率を考える。
世界の自給率換算法は重量ベースで出しているが、何故だか日本はカロリーベースで出している。
農水省は世界の自給率をカロリーベースで推定して比較しているので数字に信憑性がなく、このカロリーベースの計算方法がややこしく農水省に上手くごまかされている。

それにしてもオーストラリアに至っては230パーセントを出している。

都道府県を見ると東京、大阪が1%で最低だが北海道、青森県、岩手県、秋田県、山形県は100%を超える。
因みに北海道は190%超。

農家の高齢化と農業では養えず、田畑がどんどん減って行く。
その中生産調整で野菜が捨てられていく。

少子化で20年先の数字は既に出ているので増える要素はない。

さてさて、どうしたものか。

自家用車の土日の高速道路優遇より、青ナンバートラックを優遇するべきではないのだろうか。
地方の露店では新鮮な野菜が格安で売っており、この値段があたりまえなのだ。

自給率の低い都心に安い食材を入れるには輸送コストを減らさなければならない。

地産地消、フードマイレージ、色々取りざたされているが兎にも角にも、足元の地の食材を使うことを心がけたい。

とりあえずアクアラインの通行料値下げに期待をする。

そして魚は自前で釣って来たいが・・・
なかなか時間が取れず。

posted by tenmogura at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 考学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

蓮始めて開く

地下の店にも響くほどの音量で喚く選挙カーの騒音から解放されて、静かな午前中をうどん打ちに専念出来る。
雑音は選挙カーだけではなく、某党の訪問攻撃で玄関のチャイムの音に過敏になり、我が家はノイローゼに近い状態だった。
茨城やら埼玉やら関係のない県から出てくるなちゅ〜の。
今回の都議選は衆院選の前哨戦、与野党真っ向勝負・・・・などとマスコミがあおるものだから批判の応酬ばかりで、なにか違う気がするが・・・もうチョット地に足を付けた選挙活動が出来ないものか。

20090712.jpg銀座のメイン、4丁目交差点。
日産銀座ギャラリーの裏にいつの間にか出来ていた。
ともするとロリータメイドカフェにも見えなくはない派手なカフェ。
〈花畑牧場経由・十勝幸福駅行き)だと。
砂糖水と北海道の生ちちで作ったお菓子を売りまくり、銀座でベコ飼う勢い。


posted by tenmogura at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 考学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

五月曇り

夏になると湿度が高く、食品管理の手間が掛かる。
お米は田舎より玄米で送られてくるのでいちいち精米をしているが、いちど洗米をすると鮮度が落ち始める。

冬の吸水は2時間、夏は1時間を目安としているが、夏場は気をつけないとご飯が変色して見た目が悪くなり旨みがなくなる。
そこで、画期的な方法を考えた。

名付けて、低温吸水方法。
研いだお米を吸水する時に冷蔵庫の中に入れてしまう。
約2時間で水を切り、炊くまで冷蔵庫で仕舞っておく

こういう下らない考えが、管理の秘けつなのかも知れない。


不況と言われている時期なのか、よく勧誘の電話がかかってくる。
ホームページ作成やら、公共料金を減らすシステムやら、金の投資話やら・・・・
自分で出来ないこと以外は全く興味がない。
だが、突っけんどんに電話を切ると逆恨みされるという話を聞いた。

そこで、スムーズに断れる方法を考えた。
非常に暗い声をして、金がなく今にもつぶれる様な愚痴話をくどくど話す。
かならず相手から「失礼しました」と切ってくる。

なかなか良い方法だが切られた後は妙に落ち込む。

posted by tenmogura at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 考学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。