2015年07月27日

暑気                 本日定休


台風ハロラは熱帯低気圧となり、シオシオノパーとなった。


昨日は天気予報を考慮しながら、ネットを駆使して効率の良い魚種を探す。

須崎のいさきはETCが無く断念。

佐島のいさきは釣れていない。

そこで、ここに来て釣り始めた夏タチをやっつけに行く。

夏の太刀魚は何年ぶりか、重りが軽くて楽でよい。


AM4:50起床。

朝の準備をしてバイクを飛ばす。

早朝の横横は気分爽快。

横横終点の馬堀海岸を左折して、信号3つ目の船宿に到着。

ジャスト1時間。


AM7:15出船。

大貫沖のポイントまで走ること15分。

深水15メートル、棚1メートル。


底まで落として、ゆっくりと上に探る。

一投目からゴツゴツとエサをかじっている。

エサを踊らせるように誘いながら・・・・ガッツンと針掛かり。


夏は浅場なので、小さめながら引きが楽しめる。


前半の2時間は引きを楽しみながら、ポツポツと仕事をきなすも、

後半になると、当たりはあるのだが針掛かりしない。


11時半の沖上がりまで太刀魚は8本、ゴマさば2本で終了となった。

20150727 太刀魚釣行.jpg

店に戻り仕込みをする。

夏たちは小さいサイズなので塩焼きは無し。

明日のメニューは、湯引き刺身&天ぷら。

中落ちは、ほんの少し。

ゴマさばは味噌煮・・・・(。・ρ・)ジュル


釣れない無駄な釣りはするなとの命令で、

楽しめて、儲かって、美味しいとなると、色々考えなくてはならない。

今年の秋は太刀魚をメインにでもと思っているのだが・・・・・



posted by tenmogura at 16:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

三十六夜月               明易し


先日、久しぶりに釣り竿を買った。

ひらめ竿以来だから、約3年ぶりになるか。


ひらめ・かわはぎ・きす・めばるは専用竿なので4本ある。

太刀魚・いさき・あじ・ライト五目は、同じ様な環境では重複をする。

重りによる違いと、竿の曲がりが何処で曲がるかの調子の違いだけとなる。




竿はほぼ揃っているが、その竿を手にして心ときめいた。

釣りのスタイルにとらわれない、微妙な隙間を点いた竿を作ったものだ。


最近は短めの竿がブームとなっているが、2、25メートルは短くもなく長くもない。

重り負荷20〜80号、調子は6:4で胴に乗る。

1ピース竿で、繋ぎがない分だけ細く粘りがあり、強い。


自宅にて重りを付けながら手に握り、妄想をする。

(洲崎のいさきに使うと、引きが楽しめる)

(鹿島のひらめで使うと、当たりが鮮明で竿のしなりが面白い)

(太刀魚は誘いが難しいかナ)



で、何時行けるのだ・・・・・┐('〜`;)┌

と、釣りオヤジの戯れ言。

posted by tenmogura at 09:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

世界海洋デー             いさき釣行

AM1:50起床。

3時間半の睡眠は店の小上がりで取った。

朝(._.?) ン?の準備を済ませて地上に出ると、南の夜空には半月が浮かぶ。

風は微風、凪ぎの良い気候の予感。


モダ氏と平目師I氏の自宅へ行き、I氏の車へ乗り換えて、いざ南房須崎へ。


前回の爆釣に気を良くして、今回もいさきを狙う。

そして釣り弟子J朗の供養の為に、J朗の帽子をかぶり竿を出す。

J朗ご母堂、普段の帽子が見つからずに冬用の厚手のボア付きとなった。

これが結構暑く、頭が蒸れる。



須崎の船宿は月曜日だというのに、25名の釣り人が押し寄せている。

恐ろしや。


前半はボチボチと良型が顔を見せたのだが、

後半は潮が効いていないのか、当たりが渋くウンともスンともいわず、

沖上がりまでダラダラとした。

こういう日は意外と疲れる。


20150608 須崎いさき.jpg

ということでいさき28枚、メジナ7枚、馬面剝ぎ2枚。

前回よりは数は落ちるが、これでも十分に仕事になる。

いさき炙り・刺身・塩焼き・煮付け、メインはいさきのフライ。

めじなの刺身・馬面剝ぎの煮付け。


いさきはたっぷりの真子を抱えていた。

これは味噌漬けにして焼く。


そして我が家は、いさきのあらの塩焼きのみ。



posted by tenmogura at 17:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

朔月                  いさき釣行

前回の鹿島釣行で、睡眠不足を舐めていた。

久しぶりの船酔いに・・・@(;・ェ・)@/反省・・


昨晩は早仕舞いをして、飲まずに店で寝た。



ウソウソ・・軽く飲んだ・・・・┐('〜`;)┌



AM2:10起床。

早朝というよりは深夜に近い。

4時間も寝られた。

朝の準備をしていると、釣り師モダ氏が迎えに来る。



本日はいさき釣行。

用賀から首都高3号線に乗り、環状2号線に入る。

羽田を抜けてアクアラインを渡り、館山自動車道を終点富浦で降りて約30分。

南房洲ノ崎は千葉県の南先端。

片道130キロは鹿島より短いが、初めての船宿で遠く感じる。



ここでモダ氏といさきを狙う。


房州のイサキは良方サイズが揃い、仕掛けは佐島と変わらずに数も出るという。


釣り宿はすでに2名が待っている。

聞くところに拠ると、群馬から2時間半かけて来たといい、

いさきは初めてらしい・・・・w(゚ー゚;)wワオッ!!



総勢4名で出港し、走ること約5分。

港の目の前で竿を降ろす。


台風ドルフィンは小笠原を東にそれた。

天気は晴天で軽風、潮は大潮で条件は揃った。


早々に刻みのよい当たりが伝わる。

良方のイサキを手堅く1匹。


前回の佐島のあじより気分がよい。

この時期は梅雨いさきといい、脂が乗り出す時期となる。



中盤は渋ったが、コンスタントに当たりがあり、沖上がりまでいさきの引きを堪能できた。

尚かつ、でかい。

20150518 いさき.jpg

30p前後の大型が15本、塩焼きサイズが15本で、佐島サイズが10本の

40本・・頂きました・・・・アリガト♪(*゚ 3゚)/~チュッ♪


いさきは他の魚と比べて、産卵時期にどか食いをするので身が落ちない。

刺身良し、塩焼きも良し、そしてメインは・・・・・・


肉厚のあじフライも旨いが、いさきのフライは気品がにじむ。




三浦半島から直線でわずか30キロなのだが、何故こうもサイズが違うのであろうか、

と感動をした。


モダ氏も地道に32本だが、一人で仕込みをどうするョ・・・・(゚ー゚)ニヤリ




という訳で明日はいさきの舞い踊り。

刺身に炙りに、塩焼き。

メニューにはないが煮付けもOKで、大いさきのカマ焼きもあり。

そして・・・

そして、いさきのフライは、肉厚でジューシー。

サクサクながらフワフワ・・・・きゃっ (^^*)(*^^) きゃっ

他では食えない・・・・(-ε-)b" チッチッチッ


20150518 ゲスト.jpg

一応、ゲストで馬面剝ぎと沖めじな。

めじなは刺身で、馬面は煮付けでおすすめ。


posted by tenmogura at 18:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

春暑し                 本日定休

AM3:50起床。

船宿は何時の間にやら夏時間となっていた。

早々に早朝の準備を済ませて、釣り道具をバイクに積む。

2月始めの目張釣行以来、竿を握ってはいない。

何時でも準備万端なのだが、天候が意地悪をしていた。


第三京浜から横横道の合流で夜が明け始める。

風は微風だが、やや寒い。

それにしてもバイク釣行は心躍る。




佐島港から約15分、三戸浜沖で仕掛けを降ろす。

いきなり50メートル棚であじを釣る。

久しぶりの釣りで、当たりの間合いが合わない。

バラシ、棚間違え、段取りの悪さ等々で、

2時間で5匹という不甲斐なさに・・・(_ _。)・・・シュン


いさき狙いでポイントを変えて、城ヶ島まで走る。

だがイサキは姿を見せない。


再びポイントを変えシーボニア沖70メートルの棚。

・・で大当たり。

仕掛けを入れるたびにアジがかかる。

此所のアジは小さいサイズがいない。


横のオヤジとお祭りをしていても、あじが掛かる。

船長と話し込んでいても、あじが掛かる。

足下のバケツから逃げたあじを、捕まえていてもあじがかかる。


前半の不漁は何だったのであろうかという程の小気味よい当たり。

起き上がりまでの2時間で15匹を追加して、馬面・メジナをゲストに納竿となった。

20150427 佐島.jpg

大型あじは21本・・・ヌオォ!! (;`O´>゜))))彡 ガブガブ・・・


店へ戻り、仕込みをする前に島田農園へ。

予約した筍を買いに行く。

筍を仕込みながら、アジを仕込む。


刺身は薬味たっぷりのぶつ切りが良いか・・・

塩焼きも有り、なめろうも有り・・・・

そして、皆様お待ちかねの・・・


あの、幻のあじフライ・・・・(*^0゚)v ィエーイ☆彡

衣サクサクにて身はホクホクで、カラッとしながらジューシーで、

あじの旨味があふれ出る。

ソースのコクとあじの旨味、全てが溶けあって春野菜の上で踊る。

口の中は竜宮城・・・・・・ヘ('◇'、)/~ ウケケケケッ



天候不順なのか、いさきは姿を見ない。

あの小気味の良い当たりを堪能したいが、梅雨前後かナ。


posted by tenmogura at 18:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月08日

立待月                余寒

全然釣りに行けなく、悶々としている。

もっぱら道具の手入れをしたり整理をしたりと、心だけは海原を漂う。


そう言えば、最後に竿を握ったのは・・・・

2月の初めの極寒の中、活き餌の小いわしで釣るいわしめばる釣りへ出かけた。

早朝の雪舞う中、潮の悪さに加えてうねりが入り、

めばるの顔は見たものの、4匹という悲惨な結果に終わってしまった。


リベンジを試み、店にてコツコツと仕掛けを作っていたが・・・

店の修理だの田舎のお見舞いだのと、なんだかんだ野暮用で時間が取れない。

それに加えて、春の天候不順。

何時でも行ける準備は出来ていたのだが、ついにいわしめばるは終了となった。

エサの活けいわしが不漁だということも終了の要因だという。

仕掛けは来期まで仕舞って於く。


釣りから帰り、釣れようが釣れまいが、数日間はその日の総括をする。

何が良かったのか、何が敗因かを考え、

手先に当たりの感触が残っている内に、次の仕掛けを作る。


季節が移り、同じ釣りへ出かける。

テクニックは忘れていれど、仕掛けが当たりを覚えている。





先週、店のトイレの引き戸の調子が悪くなった。

戸を外して下を確認するも、戸車が1つ割れている。

これは交換だなと、サイズを確認してホームセンターへ部品を買いに走った。

戸車はサイズの他に、色々あるのだ。

プラスティックの安っぽい物から、重量感ある高級な物まで5〜6種類そろっている。

戸の重さと用途に関連するのだナ。

2〜3個見繕っていると、「ベアリング内臓高性能戸車」なる物を見つけた。


なにやら凄い物を発見した感がある。

電動リールで言えば「マグシールドボールベアリング」みたいな・・・ヽ(´o`; オイオイ


値段が300円程高いが、ここは奮発して高性能戸車を購入。


早々に交換をすると、滑る、滑る、良く滑る。


滑り過ぎて、戸板が壁に当たり煩い・・・・┐('〜`;)┌


posted by tenmogura at 09:31| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

十三月夜               春めく

先日の定休日、新宿へ出かけたついでに紀伊国屋へ寄った。

何ヶ月ぶりであろうか、久しぶりに嗅ぐ本の香りに心躍る。

和書売り場で、ウロウロと平積みを物色。


家をリフォームしてからは本を保存するスペースが少なくなり、単行本は買い控えていた。



平積みをフッと見ると・・・・・・・・・ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!


久しぶりに出る新刊は飯島和一「狗賓童子の島」。

幕末頃の時代小説となる。

6年ぶりの書き下ろしに、作家の名前を読み直すほど忘れていた。


そして北森鴻は、6年前に急死をした作家の遺作で、民俗学ミステリーのシリーズ物。

「天鬼越」、これは共著で浅野某氏が引き継いでいる。


絶対に買わなくてはならぬ作家の範疇が狭くなってきたのだが、この2人は外せない。

この2冊、値段も確認せずに無意識に脇に抱えた。



新刊だとて、直ぐに読む訳ではない。

以前紀伊国屋で買った文庫本やら、アマゾンで探した単行本やら、十数冊が積読になっている。

じっくりと本を読むには、気候と時期とノリがある。

冬は暗く寒いので、ページをめくる指先が億劫となり、

夏は暑くてソファーに寝ころべないので、本すら持てない。


夜明けが早くなりだすと、そろそろ読書の時期となる。



船戸与一の「満州国演義」の9巻目が発売されたが、これが完結だという。

5巻で諦めてその後は買っていない。

読み通したいのだが、細かなあらすじを忘れた。

読み返したいのだが、本を整理したときに5冊を売ってしまった。

・・・・・・(ーΩー )ウゥーン

アマゾンで中古本を探すか。

・・・・・・(ーΩー )ウゥーン

読む時間があるのか。

posted by tenmogura at 09:48| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

うぐいす鳴く             本日定休

AM4:20起床。

早朝の準備を済ませてからバイクにまたがる。

釣り竿を受けるキーパーを自宅に忘れてしまい、速攻で取りへ帰る。

未明の環八は寒すぎて、北風が強い。

船は大丈夫であろうか・・と頭をよぎるも、北風なら問題はないであろう。


本日は目張の仕入れにと、釣り弟子モダ氏の運転で佐島の常宿へ走る。

釣り弟子とは言え、月に2回は行っているという。

モダ氏、すでに釣り師になっていた。


佐島は北風に加えてうねりが入り、昨日仕込んだ言い訳の引き出しをすでに開けようとしている。


佐島港から走ること20分、江ノ島沖でスカンパーを開く。

船長の合図により、活けいわしを針にかけて底まで落とす。

気温は判らないが、兎にも角にも指先がしびれ、膵液が凍ってしまう様な寒さ。


うねりと風で当たりが判らないし・・待てども待てども当たりがない。

先々週のひらめ釣行が頭を過ぎる・・・・・・・(゚_゚i)タラー・・・



忘れた頃に竿が叩かれ、前半はポツリポツリと2匹が上がる。



雪が降る〜、めばるは来ない〜〜〜 ♪ ♪

灰のような雪が舞う・・・・(((((((;´д`)))))))ガタガタ

睡魔にも襲われるのだが、ここで寝てしまったら逝ってしまうか。


如何に寒くとも竿がしなれば帳消しになるのだが、

昼前までは寒さと風の試練に耐える。



何時の間にか、空は晴れて太陽が出始めた。

凍り付いた髄液が解凍されていく。

・・・・だが当たりはない。


2時の沖上がり前に、やっとの事で竿がしなった。

20150209 めばる.jpg

大きくはないが4枚をゲット。

というか、わだつみの神に戴いた感じがする。


「金の目張か、銀の目張か、どちらが良いかえ」

「イエイエ、黒の目張で十分に御座いまする」・・・・O(-人-)O アリガタヤ・・

なんて感じかナ。



新年第二弾も試練の釣りとなってしまった。

4枚はどうして売ろうかと・・・(ーΩー )ウゥーン

刺身も旨いが、あらがモッタイナイ。

塩焼きか煮付けで4人前。

少し緩んだ頃が旨いのだが、寝かせておく数は無し。


皮剥にしろ、目張にしろ1枚で1人前。

損益分岐枚数は15枚。

商売としては、平目や太刀魚にはかなわないが、これはこれで旨いのだ。



早朝一番に取りに帰った竿受けは、船縁にチョイと押し込んだら根本から折れてしまった。

・・・・・(w_−; ウゥ・・

これが金の竿受けに替えてくれれば良いのだが・・・・・ヽ@(o・ェ・)@ノ ウッキ〜♪

posted by tenmogura at 18:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

御事始                淡月

立春を過ぎても未だ寒いが・・気分は春。


春の訪れを告げる魚といえば、にしん・めばる・さわら・・・

地方によって異なる。



春はめばる。

北海道から九州までの近海にいる。

赤めばるが主なのだが、他に黒めばる・白めばるがいる。


単に色の違いだけだと思っていたのだが、

釣り雑誌でDMAの違いによると書いてあった・・・(゚〜゚)ふぅぅぅん


そして、2月に解禁となった佐島の風物詩とは、いわしめばる。

活けの小いわしでめばるを釣る。

兎にも角にも、釣りの中で一番寒い時期となる。

それに加えて、誘いも動きも何もなく、

只々、じっと待つ・・・・・{{{{(+ω+)}}}}寒ううぅ〜


佐島は主に黒めばるで、めばるの中でも一番旨いと言われている。


「めばるは船頭が釣らせる」とか、「めばるは凪に釣れ」とか、

言ってみれば、船と天気を一番に選び、腕は二の次という人任せの釣りになる。


と、今から引き出しに言い訳を詰めておく。


2本針の同付き仕掛けで釣るのだが、如何にしろ目が良い魚で、細長い仕掛けで丁寧に釣り上げる。

いわしを咥えたときに違和感を感じさせない様な、胴調子の繊細な竿をを使う。


同じ活けいわしでも、ひらめのガッツとくる釣りとは一味違う。


めばるが近づくといわしが微かに暴れだす。

めばるがいわしを咥えると竿がしなり、道糸が風にあおられてキューンと音を立てる。

この感触が堪らない・・・・…o(;-_-;)oドキドキ♪。


刺身良し、塩焼きでもOK、煮付けも旨い。


と言うことで、今夜はお泊まり・・・・・o((=゚ェ^=))o''ワクワク♪


明朝5時にお迎えあり。

posted by tenmogura at 10:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

冬されば                本日定休

AM2:30起床。

店の小上がりから起き出す。

暮れ以来の店泊まりに、軋む身体をほぐす。


3時間ほど熟睡が出来た。

今年初の釣りは、鹿島ひらめ。

朝の準備をすませて地上に出ると、ヒラメ師到着。

昨日は風が強くあたりが取れなかったらしく、釣果は芳しくなかった。

などなど、行きの車で釣り談義に花が咲く。


1月末の月曜日は2人だけかと思いきや・・・(。・ρ・。)ヘー

総勢6名の予約となった。


夜が明けぬ暗いうちに出船をする。

鹿島の大海原をひたすら走る。

身体は寒いが、心は篤い。


風は強くはないのだが、海はうねりにうねっている。


今週の宴会分と週末のお祝い分でどうしても2キロ3枚は欲しいところだが・・・

年末のボウズが頭をよぎる。



港から30分も走ったであろうか、一流し目は反応が無し。

二流し目も反応無し。

三流し目も反応無し・・・・ε-(ーдー)ハァ


うねりを堪えながらひたすら当たりを聞く。


ググッと竿先がしなる。

待つ・・待つ・・待つこと三分間。

じっと我慢の子であった・・・・(^◎^)チャン

竿が海中に引き込まれる・・・・(;´▽`A``

が、重くない。

今年の初魚は600グラムのソゲ・・・・( ̄▽ ̄)うへへへぇ〜



うねりの荒さは変わらない。

後ろのオヤジとお祭りをしてしまった。

仕掛けを巻き上げて、糸と仕掛けをほぐす。

こんがらがって、なかなかほどけない。


下を向いてひたすらほどく・・・・・( ̄┓ ̄)ゲフッ

胃の奥底から突き上げてくる、酸っぱい感触。

やってしまった。

うねった海では、手先は見てはいけない。


グルグル(◎_◎)目が…(|||__ __)/オエー

この後断続的に来るムカムカと、眠くて眠くて仕方ない症状は・・・

二日酔いではない。

十数年振りに味わう船酔いに涙が止まらない。

竿を手に取るも、目が開けられない。

手先の感触だけで海を探るも、集中力は無し。

みるみるHPが減っていき、回復のMPは0ポイント。


寝ました。

久しぶりにデッキで寝ましたョ。

この船漁船でキャビンがない・・・ムカムカ…((o(-゛-;)

波しぶきに打たれながら、小一時間ほど寝ていたのか、

船長の最後の一流しコールに無理矢理起きだし竿を握るも、

空しい沖上がりとなってしまった。

因みに平目師は1,2キロのほうぼう&1,6キロのひらめ1枚。

20150126 鹿島釣行.jpg

奥の2枚は平目師の魚。

船代の足しにしておくれと、ほうぼう半身とアラ&ひらめのあらを頂く。

今日は有り難く頂戴をした・・・・O(-人-)O アリガタヤ・・

ひらめのあらはじっくりと煮込んで“あれ”にする。


自宅へ戻り、道具を丁寧に洗い仕舞い込む。

今季のひらめ釣行はこれにて終了。

3回行って、1勝2敗。



ムカムカは無くなったものの、揺れは消えない。

風呂に浸かり、迎え酒みたいな妬け酒。

今日の風呂酒は、余り感動はしない。


このリベンジは再来週。

佐島のめばるはエサも同じで、活けいわし。








posted by tenmogura at 17:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。