2014年12月23日

天皇御生誕              繊月

AM2:15起床。

昨晩は早々に爆睡をして、夜明けには未だ早いが熟睡が出来た。

釣りの前の日に十分な睡眠が取れるのは希なこと。

早朝の準備を済ませて店へと走る。

平目師I師は月曜に行くと言ったのだが、無理を言い1日ずらしてもらった。


鹿島の早朝は未だ暗い。

冬至を過ぎて、夜空けが長い。


アクシデントは寒さに弱い。

なるべくモタモタせぬように、極力シンプルな準備をする。

今まで使っていた調子の悪いリールは、途中でギヤが空回りをする。

釣っている途中でも、カバーを外して直すという難易度の高い技術を要する。

これを訳あり最新式の手巻きリールに買い換えた。

同メーカーの同じ機種は15年も経つと、大きさが2回りも小さくなりチョー軽くなった。

これで爆釣間違いなし・・・・ヾ(- -;)


鹿島港から走ること30分。

鹿島の大海原に揺られて、仕掛けを落とす。

活けのいわしは、訳も解らずにひらめのエサとなってしまのか。


二流し目からガッツと咥える。

じっくりと食い込ませて、最新リールをゴリゴリと巻く。


重い・・・・ギリギリ (;`ー´)o/ ̄ ̄ ̄ ̄~ >°))))彡



未だくらい海面から上がってきたのは・・・・「(゚ペ)ありゃ?

上がって来たのは見事な、すずき。



これでも、宴会の準備が出来た。

後、願わくばお節の昆布〆用ひらめを3枚ほど、などと考えながらも・・・



その後、ウンともスンともいわに・・・強風が吹きちょっと早い起き上がりとなってしまった。

船中9人でひらめが5枚という見事に惨敗の日であった。

因みにヒラメ師はそげを1枚。

20141223 すずき.jpg


店へ帰り着き、計量するも4,3キロの見事なすずきに驚き。


夜の営業時間に合わせるべく、速攻で仕込む。

メニューを印刷して・・・、おしぼりを温めて・・・

包丁を研いで・・・・


寄る年波には勝てぬ・・・・・(;´ρ`) グッタリ



夜は営業の合間に、ゆっくりと昨日の野菜の仕込みをこなす。




posted by tenmogura at 16:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

有明月                 本日定休

春先に釣り仲間が病気で死去した。

今は昔、良く磯へ黒鯛を追いに出かけた。

先月、釣道具を使ってはくれまいかと家族から連絡があった。

本人には大事な道具なのだが、家族にとってはゴミ扱いだナ。


道具といっても磯竿とスピニングリールと仕掛け色々。

今は磯釣はしていないので貰っても・・・・・・(ーΩー )ウゥーン・・・という感じ。

取りあえず頂きますと、返事をしておいた。


先日、総ての道具を店へ持ってきた。

磯竿8本とリールに仕掛け、諸々と詰まったバッグ3つ分を置きにきた。

さてさて、どうするか・・・・


破損をしている道具を処分して、仕分けをした。

なんと、磯釣だけかと思いきや、船あじもやっていたのか、

あじ竿と電動リールあるではないか。

かといって、電動リールは3つも4つもいらないし。


ということで、総て中古買取ショップにもって行き、査定をして貰った。

細かい備品を含めて、総勢1000点弱。

見積もり時間は1時間にもおよんだ。


総て買い取って貰い、その足で何時も行く釣道具屋へ寄り、ひらめ用のリールを買った。

道糸と合わせて、買取金額より少し足が出た。

なにやら心苦しく、店長にこういう訳で道具を売ったお金だと言ったら、

「使わない竿を持っているより、使う道具に買い替えたほうが、良い供養になりますよ」と。

良いことを言ってくれるではないか。


因みに、小生の使っていた10年物のひらめ用リールも一緒に売った。

これは若干不具合が有り、たまにギヤが空回りをする。

だが、思っていた値段よりも良かった・・・・・ヽ(´o`; オイオイ

posted by tenmogura at 17:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

立待月            本日定休

AM4:50起床。

準備はすでに整っている。

早の準備を済ませて、バイクに乗る。

太刀魚釣行は前回の再チャレンジということで、横横を最終の馬堀海岸までひたすら走る。

冬の横横は、朝比奈付近で夜が白々と明け始める。

天気は快晴、風は微風で、絶好の釣り日和となる。

馬堀海岸を左折、大津港の船宿は太刀魚をメインで乗っている。


HPを観ると昨日辺りから調子が良く、潮は大潮。

6時過ぎの上潮から、沖上がりの下潮まで潮は流れる。

前回は指3本が3本しか上がらなかったが、釣れればコンスタントに上がってくるであろう。


久里浜沖、75メートル棚から攻める。

二流し目にガッツリと上がったのは、指4本の良型サイズ。


これにて、鼻のグシャグシャと怪しい咳は見事に消えた。


横に釣りバカオヤジが居た。

定年後金沢八景に移り住み、釣り三昧を楽しんでいる常連。

小父さん話し好きで、釣り竿持ちながら何だかんだと話が止まらない。

良く来るというだけあって、コンスタントに釣れている。


どうすれば数が出るのかと問うたら、

「HPを確認して、釣れている日を選ぶのだ」と・・・・ヽ(´o`; オイオイ

それは必中の極意だ。

それが出来ないから聞いているのに・・・・┐('〜`;)┌


それでも細かいポイントを教えてくれて、知らぬ間にポツポツと上がっている。

今日は細かい型は見ない。

船中5名でダラダラ釣って、船のエサが足りなくなった。

少し早上がりをして、1時には店へ帰還。

20141208 太刀魚.jpg

チャレンジか、リベンジか・・指4本サイズで13本。

写真に並びきれないではないか・・・・( -_-)フッ


炙りで刺身は濃厚な旨味。

サッパリと塩焼きか、柚子風味の柚庵焼きか、

さて煮付けはどうするか、

針生姜でしぐれ煮にするか、大根おろしでみぞれににするか。

天ぷらもあり・・・・(^。、^)ジュルジュル

太刀魚の縁側&中落ちは早い順。


我が家は、刺身&塩焼きで、残ったアラはバターで炒める。


自宅へ帰り船宿のHPを確認するも・・

竿頭は23本で、

小生は・・・・・(´△`) えっ?

ソデ?

オヤジの話しかけ攻撃にやられたのか。

十分に仕事をしたので良しとする。


明日は、太刀魚尽くしで・・・・v(・_・) ブイッ



今夜は・・ウィ((-−*)(((*−-))).oO,,ヒック!!

posted by tenmogura at 17:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

金盞花香し             本日定休              

昨晩は早めに帰ったにもかかわらず、自宅にてバタバタと野暮用あり。

床へ着いたのは、12時を廻っていた。



AM4:50起床。

月は半月をさらに欠けて、星が輝く。

風は微風で、長閑な釣り日和になること間違いない。


朝の準備をして釣り道具をバイクに積む。

バイク釣行は夏のライト五目以来か、流石に第三京浜・横横は暗い。

衣笠を過ぎてもひたすら走る。

最後のトンネルを抜けると、夜明けの馬堀海岸が見える。

目指すは大津港の太刀魚釣り。

金曜日に3本、土曜日は4本、昨日は6本上がり、そうなると今日はそれ以上であろうと読んだ。

船上で出船を待ちながら仕掛けを作る。

船中2名の大名釣りで、観音崎沖まで15分。


深水80メートルを、底から10メートル上まで探る。

竿をゆっくりと上げて当たりを聞く。

竿を上下に動かして、エサを踊らせてからゆっくりと竿を上げる。

竿をこまめに動かしながら、竿を上げていく。

その日のパターンを掴むべく色々な方法を試す。

そして、探る・・・・探る・・・・

探っても探っても、太刀魚の反応は無し。

ポイントを変えながら2時間半も探ったが、ウンともスンとも言わず。

途中、道糸のトラブルで40メートルほどロスをする・・・・/(´o`)\オーノー!!

モッタイナ〜イ。


いささか飽きてきた頃合いに、場所を変える。

久里浜沖まで走ること15分、太刀魚の船団がたむろしている。

底は150メートルで、「130メートルまで落としてから10メートルまで上げて探れ」と、船長指示。

・・・・・・(゚ロ゚;)エェッ!?

先ほどのトラブルで道糸40メートルのロス。

道糸は足りるのか・・・・・m(゚- ゚ )カミサマ!

残すところ20メートルで、何とか間に合った。


10年前に買った電動リールは、オーバーホールを一回しているが、
道糸の送られる長さと、リールのメーターにずれがある。

だが、100メートルの道糸で20メートルの誤差は、すでに誤差とは言わない。

これは壊れているという。


だがモーターはすこぶる調子がよい。


道糸のマーカーを頼りに130メートルまで落とす。

色別に10メートル、20メートル、と数えていくのだが、100メートルを超えると合っているのか不安になる。

130メートルまで落として、10メートル上までゆっくりと誘いながら探る。


モソモソとエサをかじる感覚が竿に伝わる。

ちょっと竿先を下げて、エサを食わすと・・・・



おぉら掛かったぁ!!(;`O´)o/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~ >゚))))彡

ガッツリときた。

引きは良いのだが、上がってきたのは指2本半のやや小さめ。

ポイントを変えてから、残り時間は1時間を切った。

1時間で3本を上げて、11時半で沖上がりとなった。


ここで釣れるのなら、初めから釣れば良かったじゃん・・・(=`(∞)´=) ブーブー!!

一応竿頭で、お隣さんはボウズ・・・・(/_<) ナケルネェ


大きさも、数も、感動も薄いが、とりあえず船代は取れたかというところ。

高速代まではちょっと難しいが、ガソリン代となると130キロ走って2,75リットル。

高速を80キロ走行すると、リッター47キロも走るのだ・・・・(`ー´)ヘヘーン

20141117 太刀魚.jpg

店へ戻り、三枚におろして皮目を炙る。

明日は太刀魚の炙りでメニューに載せるが、我が家の分は無し。


さてさて、今年も残すところ6週間チョットで、

最低もう1回は行きたい・・・^ヾ☆   ヾヽ( -^ #)流れ星さん、にお願い♪


今夜は牡牛座&獅子座流星群がダブルで出るという。

願えば、毎週行けるかも・・・ヘ(__ヘ)☆\(^^;ナンデヤネン

続きを読む
posted by tenmogura at 16:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

有明月                冬日和

時々釣り宿のHPを開き、釣果の確認をする。

仕事をしている日などは結構釣れているのだが、
釣りへ行こうと思っている日の数日前ぐらいから釣果が落ちてくる・・・・(゚ペ)?

不思議だ。

自然に対しては、こちらの都合を合わせられない。



損益分岐点は・・・・ヾ(・ω・o) ォィォィ

ひらめは2キロなら2枚。

太刀魚は指4本サイズなら5本。

かわはぎなら15枚。

いさきも15本。


釣りの面白さを考えれば、何でも良いのだが・・・

仕事ということを鑑みれば、必然的に数の少ない魚が有利になる。


最近、太刀魚は調子が悪いが、かわはぎはコンスタントに釣れている。

明日は太刀魚かかわはぎかで迷っている。

今日の船宿の釣果で決めようか・・・・(ーΩー )ウゥーン

太刀魚の駆け引きと引きは、捨てがたい。

posted by tenmogura at 09:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

夕月                 とらふぐの日

夕方の暗くなり始める頃、南の空に夕月が浮き出す。

雲もまばらな夕空に、気高く神々しく浮かぶ。



釣り談義を・・・

鹿島のひらめは朝が早い。

未明3時に出発せねば間に合わない。

遠いこともあるが、出船時間が早い。

夏も冬も同じ時間なので、特に真冬は辛く寂しい。

但し、納竿時間が早く帰りは楽なのだ。


朝も早くから起き出して出かける。

船に乗り込み、大量を夢見て意気込むも、寝不足で頭はボーッとしている。

釣れているときは気が張って気分が高揚しているが、釣れなくなると気がゆるみ眠くなってくる。


釣り竿を持ちながら、船縁でウトウトと・・・・ウトウト(〃´`)〜o○◯・・・

海底をさまよう魚の夢を見ている。


こういう時に・・・ガッツ・・とくるのだ。

ウトウトから目覚め、慌てて竿を合わせるが、タイミングが合わない。

これでよくばらしてしまうのだ。

こういう時に限って大物だったりする。

前の日に熟睡したいが、店を早じまいする訳にもいかないし。

よって、釣りに行った夜は使い物にならない。

posted by tenmogura at 07:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

松陰忌                本日定休

AM2:30起床。

店の小上がりから起き出すも、流石に3時間半の睡眠は堪える。

だったら飲むなと・・・・@(;・ェ・)@/反省…


歯を磨き、顔を洗い、トイレに行き着替えるまで10分。

釣り竿&クーラーボックス&仕掛け箱を担ぎ、階段を上る。

そこにはひらめ師I氏が待っている。


夏以来の釣りに加えて、ひらめは今年の正月に出かけて惨敗だった。

少し不安を覚える。


鹿島のひらめ解禁は11月なので、とりあえずは根魚五目ということで。

そして、活きのいわしは使えない。


活き餌は現地調達で、サビキ釣りで小あじ・小さば・小いわしを狙う。

これらがまた、何番漬けにすると旨いのだ。


だが、あじ・いわしはここの処上がっていないという。

夜も明けぬ暗い中サビキ釣りで小魚を狙うも、
上がってくるのは20センチオーバーの中途半端なさば・・・(/_<) ナケルネェ

だが、エサはこれしかない。


鹿島の大海原に竿を構えて仕掛けを落とすと、サビキで釣った小さばは海底に沈む。

そこにひらめが近づくと、こいつが暴れ始める。

ここからが、活き魚を使った泳がせ釣りの醍醐味となる。




待てども待てどもいっこうに咥えない。

エサが大きすぎるのかと思いきや・・・隣のヒラメ師は2枚も上げている。


数回目の流しで、根際から離れる瞬間にガッツときた。

暴れる魚に食いつくひらめ。

針掛かりするまで待たなくてはならない。

・・・・・(*^o^*)ドキドキ(*゚O゚*)バクバク

ゆっくりと上がってきたのは2キロの丁度よいサイズ。

やはりこんなさばでも釣れるのか・・・(*`д´)b グッド


その後2枚を追加して、沖上がりの12時を待たずに終わる。

エサが無くなったのだった。

ひらめ師は4枚・・・・・(・ω・)bグッ

帰りがけ、恒例の潮来道の駅のにより野菜を購入。

20141027 ひらめ.jpg


店へ帰り仕込みに専念して、明日はひらめ祭り開催。

天然ひらめの刺身は旨いし、

昆布〆は今週一杯は旨いし、

ひらめ昆布〆卯の花和え・・・・・(゚д゚)メチャウマー

ひらめの兜煮・・・・(゚д゚)メチャウマー



そして、晩酌はひらめの握り寿司・・・・・(゚д゚)メチャウマ

posted by tenmogura at 16:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

二百十日               本日定休

AM5:00起床。
外は雨が降っている。

営業日が晴天なら、休みの日が雨でも良いやと日頃思っていた。
・・・だが、今日の午前中はバイクで走らなければならぬ。

・・・・嫌な雨だ。

朝食までソファーに寝そべり読書をする。

ご飯、塩鮭、めかぶの赤だし、青菜のおひたしに海苔玉ふりかけ。

朝刊を広げながらの、久しぶりに食べる自宅の朝食に・・・・・(* ̄◇)=3 ゲプッ


レイン雨エアーを着て、区役所へ走る。

嫌な鬱陶しい雨だが、涼しいので救われた。

店へ寄り、玄米をバイクに積み、地元の大型スーパーの精米所まで走る。

雨が降るので70gのビニールを被せる。

精米ついでに調味料&食材の買いだし。

油が無いので一斗缶を購入するも、お米と缶でバイクはフラフラする。

店へ戻り、明日の粗仕込み。

床&下水の掃除をして不燃ゴミの片付け。


午後は自宅のソファーで読書。

高田郁の“澪つくし料理帳”という時代物小説を借りた。

江戸時代の女性料理人が、料理で人生を切り開くという全10巻のシリーズ物。

借りたのは2週間程前になるか。

何となくかったるいと思って読み始めたのだが・・・・

何だかんだで嵌ってしまった。

店の空き時間にページを捲り、読み進むにつれて感情移入。
あっという間の7巻目。

料理で問題を解決する小説は数あるが、北森鴻は外せない。

ジャンルは違うがJ.M.ジンメルの“白い国籍のスパイ”か、
ロバート.P.パーカーのスペンサーシリーズに同じ匂いを嗅いだ。

読むにつれてほろりと涙た。

そして、夕食後はDVDで涙する・・・・・・(/_<) ナケルネェ

これが脳の栄養となる。

posted by tenmogura at 17:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

朔月                 本日定休

AM3:45起床。
未明の夜空は雲が多く生ぬるい。
湿気を含む雲が流れる。

釣り道具をバイクに積み準備をする。

日の出5:30、潮は大潮。
佐島小田和湾は干潮10:30、満潮17:00
・・・だからどうした。

約3ヶ月振りの釣りに心躍るも、今季の相模湾のいさきは不漁ぎみ。

にせよ、潮風に当たらなくては心が萎れてしまう。

兎にも角にもバイクを走らす。

佐島いさき釣行は天候不順で2回続けて蹴られてた。
3度目の正直ということで、溜まったポイントを使いロハで船に乗る。

右舷4名、左舷3名の総勢7名。

左舷の真ん中に座ったのだが、両隣が常連氏。
前後で大物狙いの泳がし竿を出している。

3人しか座っていないが、竿は6本というナント賑やかな釣りになったことか。


三戸浜からシーボニア沖を流す。

流せども流せども・・・・・ゴマさば・・・・((((_ _|||))))ドヨーン

上から下まで、さば・・さば・・・さば・・・・・゚・(ノД`;)・゚・

相模湾一面、さばがひしめき合っている様に思えてならぬほどの・・さば。

前半はさばの引きを楽しみ・・・ヾ(ーー )ォィ、とりあえず10本ほどキープをした。

ポイントを替え替え、やっと当たったあじの漁場。

棚50メートルを丹念に探り、ポツポツと顔を見せる。


隣の常連氏、泳がせ用の程良いサイズが出ないで泣いている。

仕方がないと小さいあじを1匹プレゼントをしたら、倍のサイズになって還ってきた。

わらしべ長者か。

20140825 佐島.jpg

いさき2本・・・・・(_ _。)・・・シュン

あじ7本、ごまさば10本。

うまずらはぎ1枚。

高速代ぐらいは出るか。


さばで悩んでいる最中、もそもそとした当たりが出た。

ゆっくりと持ち上げると、ナント1キロはあろうかというひらめが顔を出す。

慌てて船頭にタモを頼む。

水面まで持ち上げて、後少しで取りこめるという処で・・・・(´Д`|||) ドヨーン

ハリスを切られてしまった。

船頭曰く「ハリス1,7号じゃ難しいね」と。


取りこんで、仕込んで、売って、何ぼの仕事。

利益が出るまでが我が釣りのスタイルなのだ。

まだまだ未熟なのだな・・・@(;・ェ・)@/反省…


女将が握ってくれたおにぎりを、クーラーボックスの海水に落としてしもうた。

流石に、さばが詰まっている海水を含んだおにぎりは頂けない・・・@(;・ェ・)@/反省…

posted by tenmogura at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

横浜港開港記念日               本日定休

休みの日は、毎週の如く野暮用が入っている。

昨日は、大手を振るって釣りに行くような売り上げが出ていない・・・(/_<) ナケルネェ

釣りは諦めて野暮用でもこなすかと思っていた矢先に、「気分転換に潮風でも浴びてくれば」と、女将が言う。
そして、コマセを撒いてお客さんを集えと。

先週の大掃除といい、先々週の田舎といい、
気が休まらずストレスが溜まっていたところ・・・O(-人-)O アリガタヤ・・

閉店後、自宅へ戻り速攻で釣りの支度をした。
仕掛けは日々コツコツと仕込んでいるし、いつもの常宿で準備の抜かりはなし。


AM3:45起床。
朝の準備を済ませて釣り道具をバイクに積む。
初夏もそろそろ過ぎ去ろうという時期、さわやかな早朝バイクの心地よいこと。

第三京浜入り口当たりで夜が明け始め、一路佐島を目指して横横を走る。

佐島の常宿手前、嫌な雰囲気が漂う。

船宿にたむろする小学生共&親子。

月曜日は大名釣りのはずなのだが、
親子含めて総勢18名の大賑わいとなってしまった・・・・(´Д`) =3 ハゥー
これが後に引き出す言い訳の一つになる。

開始前半は・・・ウンともスンとも当たらず。
横のオヤジの竿には、リリースサイズのうり坊が時たま掛かる。

開始1時間半を廻った頃、50メートルの深場に移動。

竿は2本用意してある。
1本は手巻きリール用の超ライト竿と、電動リール用のライト竿。

手巻き竿から電動用の竿に換えて、50メートル立ちを攻める・・・

・・・???r(・x・。)アレ???

竿の感覚が違う・・・(゚_。)?

ナント、ライト用の竿を持ってきたつもりが、カワハギ竿であった。

・・・・ε-( ̄ヘ ̄)┌ ダミダコリャ…

総てをこなせるオールマイティな竿など有りはしない。

再び竿を入れ替えて、手巻きで攻めるが左肩が痛む。

アジ・イサキ・メジナ・・・は、申し訳ないような数しか掛からず、オマケにお祭りの連続。
戦意喪失をしかけていたところに・・・だめ押しの試練。

お祭りのあおりで、超ライト竿の穂先が折れてしまった・・・・。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

残り1時間半はカワハギ竿で攻めるも、当たりが取れず、合わせが出来ず。

超難解な釣りとなってしまった。

カワハギの竿だからか、律儀にもウマズラハギが顔を出す・・・・(・・∂) アレ?

20140602 佐島.jpg

大小の格差が大きすぎて、メニューには書けないか。

おすすめは小サバの文化干し・・・・ヾ(--;)ぉぃぉぃ

20140602 竿.jpg

折れた竿はかろうじて修理できるか・・・(ーΩー )ウゥーン
直れば、もう少し重い重りにも耐える竿が出来る。

釣果が出ずとも潮風を皮膚から吸収をし、精神が安定した。

そして、ポイントも貯まり、次回はロハで釣りが出来る。

人間万事塞翁が馬か・・・・

突っ込みどころ満載の釣行であったが、店にコマセを撒くほどの釣果は出ていない。

だが、あるものはある・・・サ、

小サバの文化干しとか、
日焼けで赤ら顔の、オヤジの言い訳とか・・・・・┐('〜`;)┌

posted by tenmogura at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 晴釣雨読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。