2016年04月03日

神武天皇祭              春霖

昨晩は女将の旧友が集った。

気がつけば夜も更けて、日付を一時間も過ぎた。


早朝は流石に起きられないが、ジョギングのさぼりは雨で救われた。



女将の旧友達は開店以来約30年、毎年新年会で集まっていた。

そして、これで最後と言うことでドンチャン騒ぎ・・・・ヘ(~~*ヘ))...((ノ*~~)ノヨイヨイ

DSC_1204.JPG

なにやらみんなからということで、バカラのペアグラスを頂いた。

ありがとう (^-^)ゞ ポリポリ

ついでと言っちゃ〜何だが、

中に入れる液体があれば、なお嬉しいのだけれど・・(x_x) ☆\( ̄ ̄*)バシッ

posted by tenmogura at 09:50| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 何か頂戴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

雀始めて巣くう            春飆

東風か入り込む北風か、巻き込むように強く吹く。

2、2qの円周を回り走ると、追い風で楽であったり、向かい風で足が重かったり、

変化に富んで中々なトレーニングとなる。

彼岸を境に風が弱まってこれからの季節、長閑な晩春となるか。



日々河岸へ行き、野菜を買い魚を選ぶ。

1種類の食材から2〜3種のメニューを考える。

あら炊きのように、中には一人前しか作れないものもある。

それでもメニューに書かなければ、無駄が出てしまう。


コース料理の方が無駄も少なく円滑に仕事がはかどるのだが・・・

食べて側から考えると、色々と選びながら楽しみたいと思うし、

鮮度や熟成度合いやら、量を考慮して料理を作るのでコース料理が難しい。



忙しく、尚かつ単品料理が入ると、時間がかかり迷惑を掛けてしまう。

そこで、盛るだけで提供出来る料理をストックしておく。

サラダ・おひたし・和え物、などなど。


先日築地の八百屋で山葵の葉を売っていた。

これを刻んで塩蔵する。


昨日、数の子を買い塩出しして、小さくちぎる。

色づけに人参の千切りを塩もみして、水分を絞る。

手取川大吟醸酒粕と信州白味噌を少々。

味醂・砂糖を加えおろし山葵を混ぜる。

DSC_1146.JPG

数の子山葵漬け&ふき味噌落花生。

作るのには手間がかかるが、保存が出来る。

特別なおすすめではないが、クセになる旨さ。

これで一合はいける・・・(= ̄∇ ̄=) ニィ

posted by tenmogura at 09:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 何か頂戴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

臥待月                緑雨

昨晩、砧八M御夫妻が御友人と4名でご来店。

各々両手に、重そうに手提げ袋を抱えてきた。


青梅は10s以上、杏は約4s・・・・O(-人-)O アリガタヤ・・

20150605 青梅 杏子.jpg

仕事の合間を見て仕分けをする。

形の良い梅は蜜漬けにして、2s分はペーストを作る。

残りは梅ジュースの元を作る。


杏の半分は自宅へ持って行き天日で干し、干し杏を作る。

残りの杏は、店の冷風扇にて干してみる。


但し、杏仁豆腐は作らない・・・・m(_ _)mスミマセン

posted by tenmogura at 08:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 何か頂戴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

虹始めてあらわる           春暁

早朝の山チャリ通勤は、空が明るくなりライトが要らなくなった。

これで電池の消費も半分に抑えられる。



前回、前々回の土筆の御礼にと、うどんと日本酒の四合瓶を送った。

月曜日に送ったので届くのは翌日となる。


そして、昨日入れ替わりに土筆第三弾が送られてきた。

20150415 土筆.jpg

質も良く大きさも丁度良い土筆で、これで最後だという。

摘んでも摘んでも摘みきれないとはいうが、摘むだけでも一労働であろう。

それに加えてクール便ときたもんだ。

うどんや四合瓶では手間代にもならないが、高校時代の先輩ということで甘えてしまう。

有り難い・・・・・O(-人-)O アリガタヤ・・


そして"土筆はかま取り名人"の称号を勝手につける。


土筆とあさりの佃煮は、山椒がピリッと効いて初夏先取り。

あとはやはり、白和えと玉子とじ・・・・ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ



穀雨を過ぎればゴールデンウイークに入る。

ゴールデンウイークが終われば、立夏となり初夏になる。

土筆のはかま取りも難儀だが、実山椒・青梅・らっきょうなどなど、

手間が掛かる仕込みの嵐が待っている・・・・。。゙(ノ><)ノ ヒィ

posted by tenmogura at 09:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 何か頂戴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

鴻雁帰る               春時雨

昨日、群馬安中から第2弾の土筆が送られてきた。

20150410 土筆.jpg

今回はクール便で送って頂いたので鮮度がよい。

箱を開けると摘み立ての如く鮮度がよい。


昨晩は、営業中に仕事をこなしながらはかまを取った。

丁度夜営業も終わり頃に取り終え、重曹水でザックリとゆっでる。


前回はスモークサーモンと合わせて白和えとしたが、

今回は定番の玉子とじとする。

合わせる素材は、やはり生麩。

土筆は1人前用鍋にたっぷりと入れて、卵で綴じる。

晩春の苦みと、生麩の食感を堪能する。


1人前ずつをビニールに入れて冷凍をして置くので、足が速いとて最後の1本まで無駄なく使える。

20人前ぐらい取れるのであろうか、土筆と生麩の玉子とじは明日からのメニュー。

posted by tenmogura at 07:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 何か頂戴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

小望月                神武天皇祭

少し遠回りをして、地元の桜並木を山チャリで走る。

早朝からの強風で、満開の桜が舞い散る。

道は桜の川となり、今週末の桜祭りを心配する。



ついこの間まで、お正月だと浮かれていたのに、もう桜だと騒ぎ出す。

なにやら月日は早すぎる。




20150403 土筆.jpg

ついこの間、土筆のはかまを取って、指の灰汁が取れないなどと騒いでいたのに、


また今年も、群馬は安中の先輩から土筆が送られてきた。


まず、買うにしても大量には売っていない。

河岸では刺身のツマ用に10本単位で並んでいるという程の貴重なもの。


有り難い。



はかまを取るのが面倒だとか、指に付いた灰汁がなかなか取れない、

などとは言っていられないほど有り難い・・・・(人-)謝謝(-人)謝謝


早々に仕込んで、湯にて湯がく。

週末は白和えでメニューに載せる。

胡麻の香りを強めに加えて、定番のスモークサーモンで焦げ臭をだす。

新玉葱と干しぶどうで甘味を付けと・・

土筆とスモークサーモンの白和え。


これは春酒だな・・・・(。・ρ・)ジュル

posted by tenmogura at 09:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 何か頂戴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

待春                 重ね正月

つい先日までお正月気分であったし、昨晩も「今年もよろしく」とご挨拶をした。

のに・・・すでに卯月になってしまった。



昨年、お祝いのお礼にと角皿を戴いた。

店の食器は、一つ欠け二つ欠けと、何だか寂しくなって来たこの頃。

購入もためらっている時に、織部の角皿はうれしいお返しであった。

主に刺身の盛り込みに使っている。



お正月のご注文で、暮れに真鯛の姿焼きのご注文が入った。

パックには入りきらないのと形が崩れるので、店の大皿に盛りつける。


この大皿は30年ぐらい前に購入した伊万里の絵皿。

普段は使っていないが、派手派手なのでお祝い事など丁度よい。


お正月明けに、お客様が神妙な顔をしてご来店。

手が滑って割ってしまったとのこと。

菓子折を持参・・・・(~ヘ~;)ウーン

約30年前の器で値段もすでに解らないし、

余り使っていないので「器は割れ物ですから、お気になさらずに」と、

家族でお菓子を食べて終わりとした。

20150201 織部.jpg

昨晩、器のお詫びにと紙袋を持ってご来店。

中を開けると・・・

同じ皿が無かったのでと、織部の八角皿。


お祝いに送った食材が角皿になったり、

古くて使わない大皿が小洒落た八角皿になったりと、

なにやらわらしべ長者の様な展開になってきた。



それにしても、店のイメージは織部なのかと考えると、

有田がメインではあるが、そういえば織部も多いナ。

posted by tenmogura at 09:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 何か頂戴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

暁月                 小春日

昨日、ジビエK氏がビニール袋をぶら下げて、久しぶりに来店。


蝦夷じかをget・・・・(⌒〜⌒)ニンマリ

頂いた訳ではない。

物々交換だナ。


部位は腿の内側のしんたまで、柔らかくて旨味たっぷり。

仕込んでシカカツにする。

メニューは明日からだが、本日はあり。

posted by tenmogura at 07:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 何か頂戴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

文月                 本日定休

AM5:00起床。
起きだしは早いが、ゆっくりとした早朝を満喫する。
朝食までの2時間でネット&読書。
久しぶりの家での朝飯は、秋刀魚の干物と野菜の味噌汁。
胡瓜のぬか漬けが旨い季節となった。
日本に生まれて良かりけり。
食後の茶もまた良きかな・・・・( -_-)旦~ フゥ...

午前中に雑用をこなす。
新宿西口の地下駐車場へバイクを留める。
ヨドバシカメラへ行き、メニュー用の紙を探す。
ここの駐輪代は30分200円も取られるので買い物もせわしない。

高島屋の前の駐輪場へバイクを突っ込み、ハンズで備品購入。
ここは2時間無料。

久しぶりに寄る紀伊国屋で本の香りを堪能する。
良きことか、最近は保守系の小説が多く顔を見せ始めた。
単行本と文庫本を購入。

地元の釣り屋へ寄りハリスを買い、スーパーで野菜を見繕う。
店へと行き野菜を仕込み、夏日に備えてクーラーのフィルター掃除&下水の大掃除。

相も変わらず、バイクの機動力の良さよ。

PM2:00帰宅。
ソファーに寝そべりながら、単行本を開く。

どうしても欲しい作家は単行本を買いじっくりと読み込む。
それ以外は図書館で借りるか、文庫化されるまで待つ。

単行本は乙川優三郎“脊梁山脈”。
戦後の動乱期を生きた復員兵の話だが、未だ読み終えていない。

文庫本は百田尚樹の“永遠の0”。
単行本は値段が張るので手が出せなく、図書館でも数十人待ちときた。
これは店へ置き、ヒマを見て読む。

ソファーで読む本は何故か3Dに変わってしまう。
飛び出す活字になって手から滑り落ちる。

忙しい休みでも、ゆっくりとした休みでも、
夕方頃には眠くなる・・・・・ヽ(  ̄○)ゞ。o○ファ~~~♪

posted by tenmogura at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 何か頂戴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

二百二十日              本日定休

AM5:20起床。
時間までDVD鑑賞をする。
朝食の後、半年ぶりに総合病院へ行く。
問診と胃カメラ検査の予約で、検査は来月の第2週となった。

その足で、店へ。
店舗の更新時期が来たのだが、多々問題点あり。
一つ一つ話し合うが、納得してもらえるものと答えがですに先送をしたものがある。
ややこしいので、これは後日語る。


店へ行く前にワイン屋へ寄ってきた。
昼前のまったりとした時間に世間話をする。

ここのワイン屋は楽天に出店をしている。
話によると、出店費用は馬鹿にならない。
それに加えてメール配信費、送料、口座引き落としなどにも幾ばくか課金されて、百万単位の出費にもなるらしい。
下手をすると利益がまるまる楽天に取られる状況も出てくるという。
出店しなければ売れないし、なんのための営業だか・・・・・(_ _。)ハァ~


我が家は高校を卒業したら自活をする方針。
飯・光熱費・交通費は持つが、小遣い&必要経費は自分たちで稼げと。

バイトを始めた長女のつきあいで携帯ショップへと行ってきた。
ガラケーからスマートフォンに機種変更。
嬉々として買い換えたのだが、月々の支払いは大丈夫だろうか。

本日我が家の夕食は、いさきのフライ。


posted by tenmogura at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 何か頂戴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする