2012年05月06日

望月                初夏

吉田ファームご子息Y君から「実家に行くけど何かありますか」と連絡あり。
お米がそろそろなくなるのでお願いをする。
一昨日の夜中に戻ってきた。
お米と一緒にふきと三つ葉を届けてくれた。

連休は妙に時間が余るので、即仕込み。

20120506 蕗.jpg
葉の部分は伽羅蕗。
本醸造醤油は少ない量でも煮詰めると伽羅色になるが、味は濃くない。
薄揚げと桜海老で濃くを付け、豆板醤でピリッとアクセント。

ふきは豚こま肉と煮る。
絹揚げを入れて、山椒を加える。

伽羅蕗は焼き物の前盛りに使い、煮物はご飯セットの1品。
こういう素材が重宝をして嬉しい。

三つ葉はごま和えで、休み明けのお通し。



posted by tenmogura at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 何か頂戴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

穀雨                  葭始めて生ず その1

20120329 溜まり醤油.jpg
釣り弟子R太に勧められた溜まり醤油。
関東人は使い方に戸惑う。

溜まり醤油に生酢を加えて溜まり酢醤油を作る。
和え物に掛けるとこれが旨い。

20120420 溜まり酢.jpg
少しアレンジをして溜まり醤油ドレッシングを作る。
溜まり醤油・酢・胡麻油、芥子を少々加え良く混ぜる。
セロリ・大根・人参・胡瓜・焼き茄子・胡麻、これらを千六本にして良く混ぜる。
これだけで・・・・・・・・(゚д゚)メチャウマー

20120420 よもぎうどん.jpg
よもぎうどん第2弾は宵ごねをした。
昨晩閉店間際に、玉にしてワインクーラーで寝かせていた。
ネットリとして吸いつく様な好い感じに伸せる。
これだと短く千切れないのだが、切る時にうどん同士がくっつかない様に打ち粉を多めに篩う。

香り立つよもぎうどんは一手間掛かるので、ある時のみ・・・・・ペコリ(o_ _)o))


posted by tenmogura at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 何か頂戴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

淡雪                天使の囁き その2

20120217 手取川酒粕.jpg
手取川の吉田酒造さんから毎年送って戴く大吟醸の酒粕が届いた。
香りが強く粕漬けやら粕煮にすると旨味倍増。

毎年、誰かしらにお裾分けをするのだが今年はあげられない。
1つは暮れ用の粕漬け&粕煮の分を冷凍する。
1つは重しをして練り粕を作る。
そしてもう1つはお節用に保存をしておく。

posted by tenmogura at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 何か頂戴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

吉良祭             冬最中 その2

昼過ぎに釣りカメラマンI氏から電話が入る。
「今、沖縄の那覇空港。天竺太刀魚の指5本サイズが6〜7本あり、夕方に持ってきます」と。

20111214 太刀魚.jpg
天竺太刀魚・・・(゚_。)?。
初耳だ。
ネットで調べると、国産物だったら太刀魚と比べて遜色はなく旨いとのこと。

6本の太刀魚は三枚に卸してしまっておく。
明日早々に仕込む。
カウンターにいたジビエK氏にぶつ切りにして、1本を贈呈する。


posted by tenmogura at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 何か頂戴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

哲学の日          春嵐

AM5:30起床。
午前中に野暮用がある為に、早朝うどん打ち。
うどんを打ち終え、一端自宅へ戻り用事をこなす。
20110427 竹の子.jpg
AM11:00店にもどると、入り口に何と見事な堀たて竹の子が置いてある。
タイガーマスクの標はない。
毎度、常連マービーO氏の自宅の堀たて成城竹の子。
京都産より時価が高いか。
お礼の電話を入れるも、毒は入れていないので安心して使っておくれとのこと。

仕込みはこなしたが、さて何を作ろうか。
posted by tenmogura at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 何か頂戴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。