2012年04月20日

穀雨                  葭始めて生ず その2

群馬安中在住のS氏は店の常連にして、高校の先輩。
S氏の奥方の趣味は土筆摘みだそうだ・・・・(o^-')b グッ。

午前便で大中2箱のクール便が届いた。

20120420 土筆.jpg
「今期最後だから力一杯摘みました」と。
ありがたや、ありがたや・・・・゜(-m-)パンパン。
土筆は伸びているので、はかまを取るというか切る感じで仕込む。
いちいちはかまを取る作業より早くて楽でよい。
・・・・だが、量は半端ではない。
さて何にしようか・・・・

とりあえず明日の一品は「あさりと土筆の佃煮」




posted by tenmogura at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 他人のフンドシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

全国交通安全運動           晩春 その2

成城にすんでいた常連S氏。
2年前に、群馬県安中に引っ越しをして余生を謳歌している。
実はS氏、高校の先輩でであった。
元は硬派の男子校だけに面倒見がよい。

先日連絡があり、土筆が生えてきたので送るとのこと。
昨年も春先に送って戴いた。

20120406 筑紫.jpg
季節になると築地のツマ屋でも売っているが、けっこうな値段がする。
はかまを取る仕込みを考慮しても、大量の土筆は有り難い。
このほろ苦さを上手く引き出して・・・
白和え・・おひたし・・天ぷら・・ツマ・・・・さてと、なんに化かすか。

指先に付くアクはなかなか取れない。

posted by tenmogura at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 他人のフンドシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

宵月                秋霖

鮭児祭りが始まったが、小柴祭りは終わった訳ではない。
真だいが2枚眠っている。

そして、新たに祭りが始まろうとしている・・・・・(ノ゚ρ゚)ノ ォォォ・・ォ・・ォ・・・・。

昨日、休憩時間に電話で起こされた。
ジビエK氏「エゾ鹿いる?」
「当然、ついでに柚子もお願いします。」

20111106 えぞじか.jpg
ジビエK氏が持ってきたブツは、1キロは優にあろうかというエゾ鹿のしんたまの塊。
内ももの下にある球状の部位で、きめ細かい肉質を持つ赤身部位。

営業の合間に鹿肉を仕込む。
筋を取り除き、冊にする。
宴会の一品用に真空冷凍をかけて、来週のメニュー用に保存をする。

肉の臭みが全然なく、噛めば噛むほど肉の味がしみ出してくる。
素晴らしいの一言。

ジビエK氏から頂くような綺麗な柵には出来ず、取り除いた筋には肉がしこたま付いている。
これをミンチにして玉葱たっぷりのハンバーグにする。
メニューにはないが焼けば何時でもOK。

20111106 吉田ファーム.jpg
桜川吉田ファームの野菜が届いた。
桜川市の検査では放射線は検出されないとのこと。

季節はそろそろ初冬に変わる。
大根・白菜・人参・里芋・八頭・小松菜・春菊・京菜・赤カブ・赤大根・柚子・ほうれん草・・・・
野菜は冬もの。

最近は面白く、旨い素材に恵まれている。
仕込み色々、楽しみ色々。

posted by tenmogura at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 他人のフンドシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

紅葉蔦黄ばむ           文化の日

ご来店は少ないものの、魚の仕込みに追われた夜であった。
閉店後、だるい足を酷使しながら山チャリで帰宅。
西に沈みかけるオレンジ色の上弦の半月が、もう一漕ぎだと囁く。

昼の営業を終えて自宅で調べ物をしていると、携帯が鳴る。
中学時代の友ウッチーから電話あり。
「今船宿に居るんだ出れど、魚をさばいてョ」と。
旦那と娘で釣って来たらしい。

聞くところに由ると小柴の船宿。
どうせアジとサバであろう・・・めんどくせーと思いながら了解をする。
だって、江戸前のブランド小柴だ。

20111103 小柴釣り.jpg
店に届いたクーラーボックスには魚が詰まっている。
アジは沢山。
ゴマサバは8本。
ソーダガツオは5本。
ウマズラはぎ1枚。
カイワリ5枚。
汐子はカンパチの幼魚1本。
真鯛大小5枚。
メインは赤甘鯛1本。

何だかワクワクする宝箱みたいな・・・。
それにしても、脈絡のない釣り方だ。

家族で食べに来るので、残りはあげると・・・・・ラッキー\(^^\)(/^^)/チャチャチャ。

久しぶりに気合いを入れた仕込みをした。
そして明日は小柴祭り。

アジは卯の花合えでお通し。
8本のゴマサバは、仕込みに仕込み南蛮漬け。
小鯛・カイワリは姿焼き。
甘鯛兜は一塩干し。
メインは甘鯛昆布〆。

だが、それでも明日は河岸へ行く。

posted by tenmogura at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 他人のフンドシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

         朝涼

震災・放射線・天候不順・・・などの影響で夏野菜が少ない。
この時期は露地物野菜が出回るのだがなかなか値が落ち着かない。
トマトは割高で偶に安売りが出ても物が悪い。
胡瓜は中にすが入っていたり、茄子はその日によって値段の格差が激しい。

築地の八百屋は2軒、店の向かいの生協、近所の無人野菜売り場と量販店。
安くて良い品物を探しに、女将とかけずり回っている。

桜川吉田ファームの野菜は安くて美味しくて助かってる。

西日本の大雨と台風で、柑橘類は異常に値段が張る。
この時期のスダチは築地の店頭に山積みになって、投げ売り状態なのだが・・・・。
今年は数が少なく、平年の2倍強の値段がつく。

20110729 へベス.jpg

昨日、常連さんから宮崎産のへベスを頂戴した。
長曽我部平兵衛さんが作った、この柑橘を毎年戴いている。

焼き物に輸入物のレモンでしのいでいたので、今年は何時もにまして嬉しい。

このへベス、皮は薄く果汁があふれんばかりに詰まっている。
酸味は柔らか、香りは南国。

このへベスを楽しむために、焼き物を注文するお客様がいる。

posted by tenmogura at 09:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 他人のフンドシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

国際生物多様性の日    夏嵐

成城在住G家、新宿駅西口広場の「東北復興支援チャリティ物販フェア」に行ってきたらしい。
旦那は用事があると別れ、ビニール袋を抱えて御婦人お一人様でご来店。
20110522 白和え.jpg
会津のわらび・白アスパラ・山ウド・ドーナッツを戴く。

白和えを作る。
豆腐は毎度の絹ごし豆腐を湯がき水切りをする。
練り胡麻、生醤油、みりんを少々加えて、サーモミックスの毎分4000回転で3分撹拌。
クリーミーな白和えの元が出来上がる。
仕込んだわらび・うど・車海老・こんにゃくを混ぜて和える。
甘さが少し欲しいので、オーガニック干しぶどうを加える。

マッタリとして胡麻の香りと山菜の苦みが初夏の味・・・・・・ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ。

ドーナッツは子供達へのお土産。
posted by tenmogura at 13:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 他人のフンドシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

竹酔日          夏兆す

この時期になると、竹の子の頂き物が多くなる。
静岡・千葉・成城、だが茨城産は採りに行く人が居なくなってしまった。
20110513 京竹の子.jpg
昨晩、地元自宅近所の常連O嬢より連絡有り、「京都産竹の子、入る?」と。
有り難きかな。
桜川吉田ファーム・静岡・成城の竹の子は使い終わり、先日戴いた千葉産の竹はでかすぎて根元が硬くすり下ろしてしまった。

竹の子の味噌バターが好評で竹の子がよく出る。
5oぐらいにスライスした竹の子をバターで炒める。
蛍烏賊を加えて、竹の子に焦げ目が着くぐらいに炒め、浅葱をザックリと加え、仕上げに玉味噌を絡める。
皿に盛り、天に木の芽をパラパラと・・・・(^¬^)メチャウマ~。



震災の影響は雨で解る。
震災から2ヶ月がたち雨が続いている。
雨による放射線の影響ではない。

店のビルが震災で歪んでいるのか、はたまた防水箇所がわれたのか、厨房奥とカウンター横の2箇所雨水が漏れる。
至急大家さんに言わなくては。


この雨でベランダのサンダルと植木の被爆を心配しているクレーマーがいる。
それは、病院のレントゲン室のサンダルよりかは安全であろうし、
植木は非常食にするのか・・・と。
posted by tenmogura at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 他人のフンドシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

雁水へ帰る       桜東風 その2

昨年の夏に群馬へ疎開したご夫妻S氏から、地震の影響は大丈夫かとの近況の電話が入った。

20110410 土筆.jpg土筆はいるかと問われたので、是非下さいと答える。
田舎にも土筆はあるが、取りに行く手間がないので嬉しい頂き物。
届いた箱は、山ほどの土筆と昨年完成した家の写真。
欧米風の家で暖炉の煙突が目立つ。
戴いた土筆は天ぷら・白和え・おひたし・・・

凄まじいほどの仕込量だが、気合いは十二分。
半分は女将にやらせよう。
posted by tenmogura at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 他人のフンドシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

羅山忌           待春 その3

先日、今度は開いている梅の写真を戴こうとつぶやいたら・・・・

20110123 梅.jpg昨日、怪しい写真家ygo氏からメールが届いた。
ファイル転送サービスからウンロードした写真は、開花の梅が10枚入っていた。
梅の写真はプロの仕事で、写真を眺めていると、絶対にあの風貌が想像できない。
それにしても、何だか心が通じ合えた様で嬉しい。

立春を過ぎたら早速に入れ替える。

posted by tenmogura at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 他人のフンドシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

金盞花香し         朝時雨 その1

昨日昼過ぎに、釣りカメラマンI氏から携帯に連絡有り。
 「アジの入れ食い・・・キタゾー!!(;`O´)o/ ̄ ̄~ >゚))))彡バタバタ 。
只今豆葉新道に入ったところで、後1時間半ぐらいで到着」
ボール面器を用意して待っていると、そんな器では入らないと言われた・・・・・・ヽ(。_゜)ノ へっ?

20101117 あじ.jpg25pアップの大アジ40数匹&ごまさば3本。
アジ15本&次回のひらめ釣行用にさば1本を戴き、10本を怪しいバー用に仕込む。
これは凄い・・・というよりもズルイ。

活けアジは歯ごたえだけで甘味が出ないのが常だったのだが、これは違う。
身は生きているのに、濃厚な旨みがあふれ出している。
この旨さは2〜3日変わらないだろう。
薬味タップリのアジのたたきは絶品だが、アジフライも身がしっとりとして旨みが濃縮で見逃せない。

昨晩はポリープ切除で食事厳禁だったのだが、マア味見ぐらいは良いだろうと、適当につまむ。
posted by tenmogura at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 他人のフンドシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。