2018年07月21日

九夜月

エアーズロックはウルルという地名に戻った。

次女が、地球のへそと言われているウルルに出稼ぎに行っっている。

ウルルから12〜13キロほど北に上がった場所にユーラーラという町がある。

砂漠の中に観光客用として造られた町で、1000人程が住んでいる。

交通手段は主に飛行機で、食材やら日用雑貨は少なく値段は3割程高いという。


緊急物資援助支援要請が入り、インスタント食品やら調味料を詰め込んだ。

送ったのは先週の水曜日で、1週間で届くと言っていたが届いた知らせは一向にない。

こちらのポストオフィスに調べて貰ったら、発送した次の日には飛行機に積んで

5日で届いているとのこと。

娘に連絡をして取りに行かせた。

到着の伝票が手元に届いていなかったのかと思いきや、荷物が多すぎて作業員が仕分けに

追われているそうな。

砂漠の中の町、如何に宅配の荷物が多いことか。

娘から写真が送られてきた。

received_2057245531258819.jpeg

received_2057245527925486.jpeg

液体・本は重く、軽いインスタント類は嵩張る。

海苔やふりかけは重宝な食材だ。



posted by tenmogura at 07:48| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

土用丑の日

部屋の南側には天井まで届くはめ込みの高い窓がある。

窓の脇にダイニングテーブルを置き机替わりにしている。

テーブルの上にはマガジンラック・PC・スピーカー・文具が入った木箱。

そこでPCを開いたり、本を読んだり、ワインを飲んだりする。


日中PCを見ていると妙な違和感があった。

やけに明るく、日差しが強いのだ。

日は延びてはいるが、春を迎えるには1ヶ月早い。


窓から見える塀の外には小道があり、向かい側は空き地になっている。

空き地には雑草が生い茂り、ユーカリの大木が3本伸びている。


でかいクレーン車が来てユーカリの大木を切っていたのだ。

話によると空き地が売れたという。


3本の木を切るのに10日程掛かるぐらいの大木。

小枝を落とし、生い茂る葉が徐々に無くなっていく。

部屋を良く見渡すと、テーブルの上だけではなく部屋中が明るくなっている。

石で出来た部屋は冬は寒いのだが、明るくなった分暖かく感じられる。


夏は相当ヤバイな・・・・┐('〜`;)┌


posted by tenmogura at 07:41| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

蓮始めて開く

次女は7月始めに、メルボルンからエアーズロックのウルルという町に移った。

アルバイトで日本人観光ツアー向け観光ガイドの通訳をしている。

来年からエアーズロックの入山は禁止となるので、忙しいそうな。


行く前日に、悲しいかな日本人が滑落をして亡くなったというニュースが入り

着いた初日は慌ただしかったらしい。


砂漠の中に小さな町がポッとあるような場所で、都市と比べて物価が3割ほど高い。

日本の食材は殆ど売っていないらしい。

米は2キロで$10するし、怪しい中国産の醤油は不味いらしい。

味噌は未だ見つけていないと言っていた。


日本から送るより安いであろうと、緊急物資要請が入った。

日本食材店に行き、食材を買いそろえる。

醤油・味醂・本だし・粉末カレー粉・サバ缶・そうめん・マヨネーズ

インスタントラーメン・ふりかけなどなど・・・・

そしてナント、総領事からも援助物資を頂いた。

インスタント味噌汁に、海苔・胡麻・お茶にお茶漬け・ふりかけなどなど・・・

有り難い。


送料を調べて貰ったら、10キロで$210・・・щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!

購入品物と送料の一部は持つから$150を払えと言ったら、銀行に入金されてきた。


体重計で重さを量り、箱に詰め込む。

ノブさんとポストショップへ行ってきた。

受付のオネーチャン曰く「5キロずつ、2つに分けると安いわよ」と。

1枚$25の詰め用袋を2枚を買う。

箱に食材を振り分けて袋に入れる、これで送料$50・・・・(ー。ー)フゥ


DSC_0041.JPG

$100差額が浮いたが、買った食材は丁度$100で相殺だ。


パースからウルルまで1600キロ。

だいたい鹿児島から森までだが、ここでは一週間程かかる。

posted by tenmogura at 08:30| 東京 ☔| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

外務省開庁記念日

雨は中休みの週末で、風もなく晴れていると温かい。

昨日は、久しぶりにフリーマントルマーケットを散策しようと出かけた。

フリーマントル線の終着駅で、駅から歩いて10分。

ここのマーケットは金・土・日曜日の3日しか開いていない。

住まいから4駅目と近場なのだが、オヤジが1人でウロウロする処ではなく

2月に家族が来て以来足を運んでいない。


土曜日の午前中も早めに行ったのだが、相変わらずの混み具合。

鮮魚・肉類は無いが、野菜・菓子から雑貨、小物、軽食、コーヒーまで一通り揃ってる。

アルコールは売っていないので、水筒にワインでも入れるかと思ったのだが

流石に1人ではつまらなく止めた。

ざっくり見れば15分ぐらいで見て回れる小さいマーケット。

あてもなくフラフラと店を見て回るが、腹は空いていないし

荷物を入れるバッグを持っていない。


パースは7月から店で出すビニール袋が禁止となり、買い物は自前のバッグがないと

袋のお金を取られる事になった。


チョイと気になった皮製品のお店が数件あり、二渡ほど見て回った。

ビミョーな衝動買いで財布を購入。

DSC_0031.JPG

$55。

日本円にして約4、500円。

二つ折りの小銭入れがないシンプルなデザインで、カードが10枚はいる。

表側にもカード入れが3枚入る作りになっている。


昨年、次女とここに来たときに、こちらの札に合う小さいサイズの財布を買った。

今回は、高さが日本の札が入るサイズで、おまけにくじら柄の茶巾に入れてくれた。


豪州生活も2年目に近づくが、ワインと生活用品以外の物品など滅多に買わない。

良い買い物をした。

帰りは地元の酒屋で久しぶりにスパークリングワインを購入。



今日は総領事御夫妻とお出かけをした。

近く、西豪州日本人会のボーリング大会があり練習をということで

ボーリングをしに行ってきた。

まさか豪州でボーリングなどと思いもよらずに楽しんだ。

DSC_0033.JPG

ボーリングいえば若かりし頃やって以来35年以上経つ。

スコアの付け方さえ忘れたと思いきや・・

ナント、点数は自動で計算されるのだ・・・というぐらいのブランクがある。


投げると、ボールの重さも足の運びも忘れてしまった。

ブランクなどとはかけ離れて、始めてやった如くガーターの連続。

今は昔、もっと上手かった様な気もするのだが・・・

悲しいかな70のスコアだが、心はリフレッシュ。


午後はスパークリングワインを傾けながらマッタリと読書。


週明けは早々に14名様の会食が入っているが、先週の経験値と

リフレッシュをした心で仕事に励む。
posted by tenmogura at 18:27| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

温風至る

日本は小暑となり暑いと聞くが、台風の影響か大雨被害が出ているらしい。

豪州は仲冬に入り、雨の季節。

遮る物が無く空が広い。

ザッと降り、晴れる。

ザッと降り、晴れる。

雨雲の塊が見え、晴れているのに雨が降っているという事はよくある。

虹も好く見えるのだ。


公邸の会食&パーティーのお手伝いをして戴いているS子さん。

香港の友人から北海道産の干し貝柱を頂いたと言う。

ご主人と息子さんはこの匂いがだめで、家では食べないと御裾分けして頂いた。

DSC_0011.JPG

日本から香港を経由して、まさか豪州パースでこのような品物が手に入るとは思いもよらず。

しかも粒揃い。

下世話な話し、買うとなると萬は下らない。

日本でもなかなか買えずに、何時も割れ貝柱を買っていた。

家に電話をしたら送ってくれと・・・・・ヾ(-д-;)ぉぃぉぃ


早々に水で戻して、白菜と貝柱のあんかけを作った。

亜鉛がたっぷりなので肝臓と舌に良い。

豪州に来てから粉末出汁が多いので助かる。


先晩の会食は日本のお客様。

頂き物で申し訳ないがこれを使わせて戴き、〆のお食事に貝柱のおこわを炊いた。

戻した貝柱と葱と生姜で、味付けは塩と少々の醤油のみ。

貝柱の仄かな甘味に葱の甘味が交わり、生姜のピリッ感が食欲をそそる。



頂き物で申し訳ないが、貝柱のおこわを御礼に作ろうと

プライベートで餅米を購入した。

posted by tenmogura at 07:23| 東京 🌁| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

下弦の半月

早いもので今年も折り返しを過ぎた。

早朝起きてから、部屋のバックドアを少し開ける。

日が出始める頃に冷たい空気が部屋に流れてくる。

寒いがこの空気の入れ替わりが心地よい。


週の初めに14名様の会食があった。

12名までは何回かこなしたが14名は始めて。

頭の中での段取りは出来ているのだが、時間の調整と食材の量が微妙に判らない。

尚かつ、お一人様だけビーガン&グルテンフリーの食事制限あり。

植物性食品だけに加えて、小麦系も使えない。

醤油もだめ、乳製品もだめ、玉子もだめ・・・・・o(´^`)o ウー


前菜は揚げ出し豆腐と野菜のおひたしで、1人だけ鰹節は抜き。

肉系は牛フィレのサラダ仕立てで、1人だけ肉抜き。

肉が無いと不公平のように見えるのだが、ビーガンだから関係ない。

天ぷらは片栗粉を使い精進揚げ。

〆の食事は野菜寿司に、昆布&干し椎茸だしの付けだれ。 

DSC_0019.JPG

蓮根とエリンギは薄くスライスをしてソテーする。

赤パプリカは握りのサイズに切りボイルして皮を剥く。

これらは甘酢に漬けておく。

オクラはボイルして縦切り、種を取る。

アボガドは薄くそぎ、握る。


案の定、食事の握りでもたつき、少しお待たせをしてしまったし

盛りつけに雑さが見える。


経験値を上げたが、これが精一杯の人数だな。

70〜80名のパーティーのほうが、ある意味楽かもしれない。


来週も14名様が入っているが、後はスムーズに進む・・・と思う。

posted by tenmogura at 08:03| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

望月

今週で初冬も終わり来月から仲冬となる。

雨の多い時期だが日中は温かく、日向にいると日本の春を思わせる。



明日は大きなパーティーが入っている。

メニューを作り、買い出しを済ませて仕込みをしているが

久しぶりの大人数で、頭が回らずにバタバタしてしまった。




豪州野菜の種類は日本より少ないが、それなりに揃っている。

この時期は蓮根・タロイモなどがおすすめ。

青葉類は一年中揃っているが、春菊は今しかない。

茸類は季節を問わず売っている。

葱は細く白い部分が少ないが甘味はある。

悲しいかな、深谷葱の様な中太が無い。

だが、ナント・・・そうめん南瓜も売っている。



DSC_0274.JPG

一昨日の会食ですき焼きをメニューに入れた。

この寒い時期に旨いのだ。


豆腐、白滝は日本食材屋さんで調達をする。

豆腐を水切りしてバーナーで焼き、焼き豆腐を作る。

春菊・椎茸・榎木・しめじに葱。

霜降の牛肉は無いので、脂が乗るロインを冷凍してからスライサーで薄切りにする。


すき焼きには生卵。

生卵は日本でしか味わえないと思っていたが・・・・

パースにも「生で食べて大丈夫だった」と言われている玉子がある。

確率の問題だナ。


大丈夫だと言われている生卵を熱湯に入れ煮沸消毒をする。

これと一緒に温度玉子を作り、お好きなほうをお使いくださいと。


ゲストのお客様は生卵を使ったが、何かあったときの責任は料理人にある。



メルボルン旅行から2週間が経った。

すっかり散財をして手もと不如意となり、日本から飲代分を送ってもらった。

娘が日本からの入金口座を持っているというので、そこに日本から1萬円を送金。

娘の口座から小生の口座に$100を振り込まれた。

為替差額の$24は取られてしまった・・・・┐('〜`;)┌


posted by tenmogura at 20:54| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

乃東枯る   メルボルン旅行記 その4

日本は夏至となり一番日が長くなるが、豪州は逆で日が短く寒く雨が多い。

豪州生活2度目の冬。


2年も過ぎようとしていることを思えば

3泊4日なんてクシャミをしたような瞬間に終わってしまう。


最後の日は早朝から雨が降り、クソ部屋からも雨が分かる。

着替えと出かける準備をする。

出かけに物干し竿のバーをずらしてちょっとの振動で落ちるようにしきた。

これは意趣返しではない、いたずらという・・・ψ(*`ー´)ψ ゥヶヶ



スタバで娘と落ち合うが、少し早めに出てまったりとする。


2年間でやっと、買い物やコーヒーを飲むぐらいの事が出来た。

バーでワインのオーダーも出来た・・・・(*`д´)b OK!



メルボルンに来る前の天気予報は雨だった。

着いたら晴天に恵まれて、外を歩いているときは晴れか曇り。

室内に居るときは雨が降っているという、晴れ率80パーセントの晴れ男。



娘と落ち合い、さて出かけようかというときに雨が上がった。

二人でコラムに乗りクィーンヴィクトリア・マーケットに行く。


買う物はないがブラブラと散策をする。

昨日のマーケットより質が落ちるが値段は安い。


フードコートで食事をしようと、酒屋でワインを買ってコップをもらう。

フードコートのテーブルで、中華の盛り合わせとホッとドック。

酒屋で貰ったコップにワインをつぐ・・・・ヾ(- -;)

料理の味はさておき、非日常のふわふわした感じが良いのです。


フードコートで乾杯すると、一転にわかに大雨が降ってきた。

この雨でコラムが止まってしまった、というほどの豪雨だった。


面白いことに、そろそろ帰りの時間だと言うと雨は止んでいる。


サザンクロスステーションのバス停で娘と別れてバスに乗る。


娘は仕事が決まり、エアーズロックで有名なノーザンテリトリーの

ウルルという町に半年程滞在する。

日本人向けの観光ガイドの通訳をする。

来年からエアーズロックには登れなくなるので、それまでは忙しいそうな。

金を貯めて最後はヨーロッパを回りたいらしい。


娘を4日間見てきて心配ないなと感じいる。




空港でチケットの取り出しが分からずにうろうろ。

飛行機に乗り慣れていないので分からない。

係りに聞いたら、スマフォのバーコードで大丈夫ダヨって。

時差2時間、PM3:00に飛び立ち、PM5:00に着く。



パース空港に着くと日が落ちかけて、東の低空に三日月が浮かび星が輝きだしている。

帰りの道すがら、ウーバの中で・・・・

あれっ、パースは仮住まいだと思っていたのだけれども・・・

我が家に帰ったという思いが強く、街の匂いまで感じ入った。



住まいに戻りシャワーを浴びてから、SNSで日本に電話をして近況報告。

4日間の写真にはいつもワインのボトルが写っていると言われた。

飛び切りの連休だから良いんです。

20180617 メルボルン.jpg

滞在中に娘が宿のオーナーにメールをしたそうな。

「父は領事館で働いている。何かあったら只ではすまさない」と・・・

posted by tenmogura at 07:21| 東京 ☁| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

上弦の半月   メルボルン旅行記 その3

メルボルン3日目

娘が旧メルボルン監獄を見学しに行きたいと言うのだが、お金を払ってまではイヤだと言ったら

娘が奢るという。

そういえば昨年パースに遊びに来たときも、フリーマントル刑務所を見学したいと言って

連れて行った。

こういう処が好きなのだという。


トラムと徒歩で出かけるも、ビル風が強くメチャクチャ寒い。

20180616 メルボルン監獄.jpg

1人$28だったか、1人分無駄な出費をしてしまった。

とは言えクソ寒い中、1人で外で待つのも辛い。


フリーマントル刑務所では2人分日本語ガイド通訳器を貸してもらったが

今回は娘に通訳をしてもらった。


出てきたその足で、南メルボルン市場へ行こうとトラムに乗る。

肉・魚・野菜・チーズにパスタに雑貨などなどなど、店がひしめき人で賑わう。

20180615 マーケット2.jpg

メルボルンの魚事情を調査。

20180615 マーケット3.jpg

やはり、パースより他種類で値段も安い。

20180615 マーケット1.jpg

この国でガッカリするのは、鮪の柵取りがいい加減なこと。

柵で売っている鮪は、サイズと切り付け向がバラバラ。

生で食べられるほどの鮮度だが、ステーキ用に切られては切ない。

20180615 牡蠣.jpg

魚屋さんで売っている牡蠣は、日本の中粒サイズが12個で$19。

パースより粒が大きく安い。

側にあるテーブルにはレモン・タバスコ・醤油などが置いてあり、その場で食べられる。

そして勿論、持ち込みワインを開ける。


市場を廻りを堪能しながら、クレッグさんと合流。

スペイン料理とインド料理をごったに食べながら、これまたハウスワイン。




メルボルン最後のディナーは市内に戻り、一風堂にてラーメンで〆る。

いつもは行列を作っているらしいが、5時前と早めに行ったのですぐに座れた。

ここでもハッピーアワーだ・・・・(*`▽´*)ウヒョヒョ

20180616 つまみ.jpg

キリンビールとサッポロビールそしてオリジナルの柚子ビール。

ビールには山芋の唐揚げと枝豆。

海老せんべいはアボガドに山葵が効いたディップ。

これにはワイン。

20180616 ラーメン.jpg

〆は明太子の小丼に、普通の豚骨と味噌豚骨ラーメンを3人でシェア。

久しぶりに美味しいラーメンを堪能し、どんぶりの残った御飯にラーメンスープを掛けた。



クレッグさんとは「もう当分会えないね」とお別れをする。

何やら切なくなりメルボルン最後の夜だと、娘がよく行くバーに寄る。

グラスで頼むつもりが、めんどくさいとボトルを注文した。

残ったら持って帰れば良いよ言ったのだが、結局1本開けてしまった。

娘も両親の血を引くだけあり、結構飲むのだな。



部屋へ帰り爆睡。



宿では1回しかシャワーを浴びていない。

シャワールームの床がヌルッとするのと、ボディーシャンプーの匂いが

メチャクチャココナッツ臭でめげてしまった。

冬場で良かった。

シャツの着替えは朝にしているが、そのまま寝るのでシャワー時以外

ズボンは1回も脱いでいない・・・・┐('〜`;)┌


posted by tenmogura at 07:13| 東京 ☁| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

桜桃忌    メルボルン旅行記 その2

メルボルン2日目の朝は5時に目を覚ますも、暗く寒い。

スマフォのバッテリーが残り少なく、娘に預けた貴重品のバッグに

スマフォのバッテリーが入っている。

何もすることが無く二度寝。


8畳ぐらいのダイニングをカーテンで4つに仕切ってある。

ビニールひもを輪にして画鋲で壁に留めてある。

カーテンは物干し竿に引っかけて、ビニールひもの輪に掛ける。

反対の通路側は、頭の高さぐらいの物干し竿用のボールを立てて引っかけてある。

各々の仕切り部屋にベッドマットレスが置いてある。

これにシーツと枕、毛布1枚のみ。


夜中にトイレから出てきて仕切りに入ろうとしたら、何処かが引っかかったのか

ボールが倒れてカーテンが全て落ちてしまった。

めんどくさい部屋だ、自分のカーテンだけ直して寝た。



2日目はクレッグさんがドライブに連れて行ってくれるという。

娘の住まいのビルの玄関で待ち合わせをして電車に乗る。

この街の電車は現金が使えない。

マイキーというパスモの様なカードを買ってピッとする。


市内まで迎えに来てもらうと、渋滞で時間が掛かるので

アップフィールド線のバトマンという駅で待ち合わせ。



車に乗ること約1時間半。

ヤラバリーのチョコレート工場で試食とお土産を買う。

その足でドメインシャンドンのワイナリーで試飲。

ここはスパークリングワインを作っている。

20180615 ドメインシャンドン.jpg

$25の試飲用ワインセットを娘と2人で味比べ。

甘口のワインにオレンジの皮と氷を一つ落とす。

甘めの味にオレンジの苦さと香りが絶妙に混ざり合う。

こういう飲み方もあるのか。


試飲のワインで勢いが付いた。

ランチをしようと近くのレストランに入るも、スパークリングワインを注文。

休みの日の醍醐味は昼酒だ・・・・゙ヨッパライヘ(~~*ヘ))...((ノ*~~)ノヨイヨイ

娘も負けじと2〜3杯飲んでいた。

クレッグさんがお酒を飲めなくて良かった。



ディナーは高級和食居酒屋を堪能しようと街中に戻る。

けっこう人気な店で予約をしないと座れないという。

コースを注文すると予約が取れるという仕様だが、そんなには食べられない。

満卓だったら他の店を探そうと居酒屋に向かう。



ビルの地下にあり、ドアに店名が書かれているだけで看板もなく判りづらい。

階段を下りると、途中に黒いカーテンが掛かっている。

寒さ対策なのか秘密基地感覚なのか知らねども、兎にも角にもカーテンは鬼門だな。


カーテンをめくり店へとはいる。

店全体は薄暗い。

カウンターは30人ぐらい座れる細長い店で、カウンター内には日本人の料理人が8人程いる。

4人掛けのテーブルは10卓ほどで一つだけ空いていた。

メニューの時は小さく、印刷がかすれて読みづらい。

これも戦略なのか・・・・・"o(-_-;*) ウゥム…


当然ハッピーアワーはない。

焼酎ロックと娘は梅酒を頼む。

グラスに入った焼酎と梅酒は、三口も飲むと終わってしまうほどの量で$14。

パースの倍だな。


鶏の唐揚げはターメリックが隠し味に効いていて柔らかくて美味しかった。

サーモンのすり身が入っているというだし巻き玉子は・・・サーモンの風味が分からなかった。

揚げ出し豆腐は出汁が効いているのだが、天に乗る糸唐辛子が多すぎて辛みだけしか感じない。

でも、牛タンの炭焼きは柔らかくて美味しかった。


楽しみに来ているのだから批評はすまいと思っていても、ついつい愚痴る。

〆の食事は止めようとお会計をする。

味は居酒屋で、値段は高級料理屋なみ。

ウエイトレスはみんな日本人で、ブツブツ言っている会話は聞こえているのであろう。



物足りなくて娘と2人でワインを飲みに行く。

雑多で喧騒なワインバーが丁度良いのだ。


そして、雑多な部屋は2日目にして慣れた。

posted by tenmogura at 08:52| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。