2018年06月18日

新月  メルボルン旅行記 その1

先週の木曜日は早朝6時の飛行機に乗り、メルボルンへは11時過ぎに着いた。


空港からスカイバスに乗り、走ること20分で市内に入る。

20180614 サザンクロスステーション.jpg

メルボルンの中心部、サザンクロスステーションはパースの5〜6倍程の大きさ。

駅近辺をブラブラと散策した後、クレッグさんに電話をして待ち合わせ。

お茶をしながら娘の学校が終わる時間まで待ち、市内案内をして貰う。

20180614 トラム.jpg

この町はトラムという市電が走っている。

市内中心部は只だが、外れるとお金が掛かる。

マイキーという電車・トラム用のカードを作らなければ乗れない。

とは言え、カードを使っている人はわずかしかいなかった。




市内観光を終えて宿へ向かう。

3人用のシェアハウスは1人一泊$25という破格の値段。

娘と2人で3泊$150。

他に1人が泊まっていると言っていた。


そして、キッチン・シャワー・トイレは共有だが部屋は別だという条件。


クレッグさんは心配だからと付いて来てくれた。



まぁ、寝るだけだからそれでOK・・・・と思いきや・・・6人もいた。

2DKのダイニングにカーテンを吊して仕切りを3つ作り、ベッドマットレスが並べてある。

他の2部屋は2人ずつ居るらしい。

そして、オーナーはしらっと、ダイニングの仕切りを2つ使えと言う。


個室じゃないし、条件が違う・・・(-゛-メ) ヒクヒク


部屋から出てきた1人は、マリファナの匂いがするとクレッグさんが言った。


ネイティブなクレッグさんを見て慌てたのか、

すぐ近くにもう一部屋あるのでそちらに移ってくれという。

だがそこも同じ様な仕切りとなっているし、全員アジア系の若いにーちゃん達。


詐欺だ、やられたとは言え、今さら部屋は探せない。

いくら父と一緒だからとて、若い娘は泊まらせられない。


娘は自分の部屋に帰る為に1人分の宿代を返せと交渉。

現金は持っていないというので、その場で口座に入金をしろとのやり取り。

返金させた娘の会話に成長を見た。




夜は娘と2人で夕食。

是非行った方がよいと言われていた手打ち蕎麦屋さん。

オーストラリアはハッピーアワーという幸せな時間がある。

忙しい時間帯以外1〜2時間程アルコールが安く飲める。

日本でも最近は取り入れている店があると言われた。


ハッピーアワーでスーパードライの小瓶が$5で飲めた。

蕎麦味噌をつまみに焼酎を飲む。

娘は揚げ餅納豆山菜蕎麦を注文。

普段は食べられない、こういうのが無性に食べたくなるのだなぁ。

20180614 手打ち蕎麦.jpg

久しぶりの手打ち蕎麦に感激。

メルボルンに来る前にそば粉が手に入り、蕎麦を打ったのだが

久しぶりの手打ちで、水回しを失敗して情けない蕎麦になった。


食べ終わるとそば湯入が出た。

こういうのは日本人しか出さないのだろう。




部屋へ戻るも、貴重品は娘に持って行ってもらった。

不安だったが、歩き通しの初日は疲れのお陰で良く寝られた。


二日目ともなるとこなれたもので、両隣のイビキも何のそので爆睡。

気を使わなければ値段が安く、此れは此れで良いかも。

その分美味しい料理を食べられる。



自分自身は繊細で、こういう所では寝不足になるのかなどと思っていたが違った。

そう言えば、来豪初日から爆睡していた記憶がある。

posted by tenmogura at 10:43| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

晦日月

公共の交通手段は電車・バス・タクシーだが

タクシーの他にウーバーと言う交通システムがある。

スマフォにウーバーアプリを入れると、スマフォの地図上に白タクが走る。

到着地点を入れてポッチットな・・・

位置情報で今居るところに白タクが来る。

支払いは銀行口座から引き落とされて現金はいらないという便利なシステム。

メーター幾らの値段が決まって車のランクで値段が違うが、タクシーより安い。


最近これを使い始めた。




次女はワーキングホリデイにて、3月からメルボルンに居る。

語学学校は6月に終わるのでメルボルンから他へ移るという。


「メルボルンにいる間に遊びにおいでよ」と言われ心が動いた。

6月は暇な時期で会食と大きなパーティーは月末に1件づつのみ。

パーティーの準備を考えて月半ばぐらいに金曜日の有休をお願いするも、

「どうせなら木曜日も休んでゆっくりとしてください」と言うことで

明日からメルボルンに遊びに行く。


やれ航空券だ宿の予約だとか細々とした手続きは公邸にいるノブさんにお願いをした。

航空券の予約時間のタイミングが合わず延期にしようかとか、

宿が高く予算オーバーだとか、何だかんだ色々あった。

飛行機の往復は取れた。

宿は娘に頼み、2人分3泊で$180の格安のシェアルームを押さえた。

流石に安い訳はキッチンがない。

だが、風呂とトイレとベッドがあれば問題ない。



今日早朝に、飛行機が欠航となったとのメールは入り慌てた。

こちらではよくあるとのこと。


時間をずらしての再予約をしてもらった。


明日の早朝、4時過ぎに家を出なければならない。

ウーバーで空港まで行こうとしたのだが、公邸にいるノブさんが心配だから送っていくと。

申し訳ないが、程有り難くお願いをした。



1月まで領事館で働いていたドライバー、クレッグさんはメルボルンに行って大学に入り直した。

連絡をして観光案内を頼んだら心地よくOK。


そういえば、去年の2月に、次女とクレッグさんと三人でマーガレットリバーに行った。

月日の巡りと人の出会いの面白さかな。

posted by tenmogura at 20:22| 東京 ☁| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

二十六夜月

豪州は冬に入り雨がよく降る様になった。

高い山やら山脈が無い国で貯水用の水が少ない。

外へ出かけるにはかったるいが如何にしろ水が少ない国で、大地にとって恵みの雨となる。

西から風が吹き雨雲が流れ、東側は晴れて太陽が照る。

すこぶる解りやすい空だ。


週末の天気は雨だが、丁度良く調べることがあるので今週末は引きこもる。



メルボルンにいる次女から連絡がきた。

メルボルンには6月一杯まで居るから遊びにおいでよと・・・・

来豪して3ヶ月、丁度ホームシックになる時期だという。

それに旨い物でも食べたいのであろう。

そして、前のドライバーもメルボルンに居る。

丁度良い機会だ。

遊びに行くかと言うことで航空券の予約をして、娘に宿の手配を頼んだ。

時差は2時間で飛行機で4時間掛かる。

そしてパースより寒いという。

つくずく広い国だ。


と言うことで、木曜・金曜日は休みを頂き日曜日まで豪州初の飛行機旅行となった。

豪州で一軒だけ手打ち蕎麦を出している日本人のそば屋があるので行ってみる。



シドニーにも友人が居るのだが、今回は会う時間がない。


posted by tenmogura at 12:17| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月01日

衣替え

6月に入り豪州は冬となり、冬用に衣替え。

これから雨の多い鬱陶しい時期が始まる。

日照時間は短いが、遮る障害物が無い。

日中は日が差せば温かいが、石で出来た家は冷えるのだ。

外にいるほうが温かかったりする。


5月は大きなパーティー1件と、100人分のデリバリーがキャンセルとなった。

会食も少なく時間をもてあましてしまったので、これと言った話しは無い。


今月は月末の50名のパーティーの他はまだ予定が入っていない。




休みの日は偶に知り合いの自宅にお呼ばれする。

こちらに来て5家の自宅にお邪魔をした。

夏は庭でBBQをしたり、冬はダイニングで食事をしたり。

偶にキッチンを使わせて戴き料理を作る。

押し並べて、こちらのキッチンの流しは狭い。

日本の流しの4分の1ぐらいのスペースしかない。

曰く、食器洗浄機があるので広い流しは必要ないとのこと。

そしてガス台の火力も小さく、BBQ用のガス台のほうが大きかったりする。

キッチンはその分他の調理機器があるので問題はないのであろう。


とは言え公邸のキッチンも家庭用で、流しが2層しか無く狭いのだ。

ガス台は12口あるがいずれも火力が小さく

うどんなどを大量に茹でるときはBBQ用のコンロを併用する。

大きなパーティー時の食器とグラスは洗わなくて良いようにレンタルで凌いでいる。


だが近々ガス台が常務用に入れ替わるのだ。

これは画期的な事だと言っていたが・・・・

今までの公邸料理人は良くやっていたと思う。




6月も大きなイベントが無い。

メルボルンにいる次女から会いたいなとの連絡有り・・・・・














posted by tenmogura at 19:34| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

母の日

週末が明けると五月も中半となり、残す半月で冬を迎える。

そして、冬も明ければ豪州生活は丸2年が過ぎてしまう。

月日は早く過ぎるがばかりで、何も進歩していない。

心は焦るのだが、ダラダラと流されて行く様な・・・・感じ。

募る焦燥感と、溜まるワインの空き瓶・・・ウィ((-−*)(((*(_ _).。o○


20180513 オレンジ.jpg

気がつけばたわわに実ったオレンジも徐々に色づき始めた。

これは酸味が薄くジュースにすると野生の味がする。

木は2本有り、数にして三百個は実る。

20180513 パパイヤ.jpg

後半年もすれば実が熟れてさっぱりとしたパパイヤに実る。

20180513 枇杷.jpg

今年も数が期待出来そうな枇杷。

花が散って実が膨らみ始めたら全部に玉ねぎネットを被せる用意をしている。


今年も、鳥&ポッサムとの戦いになる。


表の庭のアプリコットは食べる前に全てやられてしまった。




ワインの空ボトルは、こまめに片付けをしているので溜まらない。

posted by tenmogura at 15:19| 東京 ☁| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

十六夜

4月も終わり、今日から晩秋に入った。

朝夕はもとより、日中も陰ると寒くなり始めた。

日中は25℃ぐらいで、Tシャツ一枚では肌寒くウインドブレーカーを羽織ると汗ばむ。

気候も程よくなり、空いている時間は本を読んだりPCを開いたりする。

散歩を兼ねて食材を探求しにブラブラと歩く。

酒屋を覗き安いワインを見繕う。

一日の時間は余るのだが・・何故かあっという間に過ぎていく。


週末に掛ける安否確認の電話で、東京は暑くなり始めてきたとか。



会食は毎週入ってはいるが、此処のところは人数が少ない。

仕事をこなすと言うより、鈍っている頭と身体のリハビリと言うほうが

しっくりとくる。



公的な買い物のドライバーがいる。

1年半の間お付き合いをした、日本語が堪能なドライバーが今年の初めに辞めた。

その後に入った運転手はベトナム系2世で日本語が出来ない。

合う前は不安だったのだが、色々と気を使って頂き何とかなっている。

ブロークンイングリッシュでもOKだ・・・・・ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ

とは言え、細かな買い物の注文が出来ずに忸怩たる思いに駆られている。


今日、前にいたドライバーから近況報告の電話が入った。

メルボルンにて、大学に入り直して頑張っているという。

地元の“上北沢”を知っているので尚更情が深い。

それに加えて次女がメルボルンで頑張っているので、何かとお願いをする事もある。


来豪した当初のドキドキとした思いは変わってはいない。



posted by tenmogura at 19:25| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

霜止み苗出ず

夜が白々とし始めるのは6時半を回る。

夜明けが随分と遅くなってきた。


部屋のバックドアを開けると、凜とした空気と笑いカワセミの鳴き声が流れる。

4月も終わりを迎え、あと1ヶ月もすれば冬になる。




休日はオーストラリアの祝日に加えて日本の祝日が数日入り、日曜日の他に年間16日程の休みある。

今日はアンザックデーで休日。


天気予報に因ると、穏やかな晴れの日。

先日の日曜日が一日中雨で引きこもっていたので、前から気になっていた布団干しと大掃除をする。


20180425 洗濯.jpg

早朝から溜まっている衣類を洗濯して、掛け布団を干す。

バケツに水を入れて雑巾で部屋中を拭く。

夏物の服をクローゼットに仕舞い、冬物を取り出す。


床に掃除機を掛ける。

豪州に来た当初は部屋履きと外履きを分けていたのだが、いつの間にかいい加減になってきた。

土足で部屋には居るが、一応はドアの前にある雑巾で靴は拭いている。


昼過までこまめに働き、午後は缶ビールをプシュッとな・・・

夏程の暑さはないので感動はしないが、心地がよい。


午後は軽く散歩でもしてから干し物を取り込み、まったりと本でも開く。




太陽が北に傾き、北側の大木が洗濯物の日差しの邪魔をする。

葉が落ちれば一日中日は差すのだが、枝だけの大木は寒さが浸みる。

と・・豪州、2度目の秋を堪能中。


posted by tenmogura at 13:09| 東京 ☔| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

新月

週末の日曜日は、日本食レストランのご主人御夫妻に誘われて

カーレースを観戦。

ご主人のお友達がレースに出場するという。

シティから北に、車で約40分のバーバガロウレースウエィ。

一人では行けないのでノブさん御夫妻を誘い車を出して戴く。

DSC_0077.JPG

日産スカイラインをレース仕様に弄くる。

高級外車を買っても足りないぐらいにつぎ込んでいるらしい。

アナウンスは何だか判らなかったがエンジン音に興奮をした。


ランチはお友達グループ総勢20名程で、持ち寄りの昼食会。

パイやらサンドイッチやら、唐揚げやらでワイワイと賑わう。

炎天下のサーキットには、売店で買ったビールが旨い。

DSC_0060.JPG

洒落も効いている。

夕方までには住まいに戻り、ワインを傾けながらまったりと読書。

ここの処、休みの日に仕事が入っていたので

久しぶりに充実をした休日だった。


posted by tenmogura at 20:39| 東京 ☁| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月12日

有明月

AM3:00起床。

ガス台に掛かっている寸胴5個に火を付ける。

早朝の準備をしてからシャワーを浴て眠気に喝。

本日は、日本人学校の40周年と校舎移転のレセプションで

子供達に手打ちうどんを振る舞い、うどん打ちのパフォーマンスを披露する。

先週末に打って於いたうどん13キロは、パックにして200個分。


公邸の厨房と言っても家庭用のガス台しかない。

茹でる量は、1回につき7パックが限度。

寸胴5個を沸騰させて、小出しに茹でていかないと火力が上がらない。

逆算をすると、4時に始めなければ間に合わない。

DSC_0053-eac7e.JPG

200パックのうどんに5時間も掛かってしまった。

これに早朝一番で捏ねて於いたうどん玉1キロと、うどん打ち道具を

車に詰め込む。

20180412 うどん打ち.jpg

100名以上の供達とご父兄。

うどんを振る舞い、子供達に作るところを見せて

帰ってきたのは午後2時を廻った。

11時間労働・・・・ヽ(゚▽、゚)ノ ウヘヘヘ

こういう仕事は初めて。


総領事御夫妻の夕食は野菜多めの天ぷらうどん。

今夜のワインはいつものだが格別に旨い。

そして明日は4名様だが会食が入っている。

posted by tenmogura at 16:39| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

花祭り

AM5:00起床。

久しぶりの寝不足だが、毎日同じ起床時間なので身体が自然と動いている。

部屋のカーテンを明け留めて、窓を開き裏のドアを開ける。

夜が明けぬ裏庭から、爽やかな風と笑いカワセミの鳴き声が流れる。

ストレッチをしてからバスルームに行く。


日曜日と木曜日は洗濯日で、洗濯機に洗い物を入れる。


約3週間毎の散髪日は、バスタブに頭を突っ込みバリカンで髪を剃る。

剃り残しが判るように最近は1.5ミリと短くした。


シャワーを浴びてから机に座り、白湯を飲むのが毎日の日課。


脱水をした洗濯物をロープに干す時に顔を上げる。

頭上のロープの先に青空が映え、下弦の半月が見える。

豪州の空は蒼が強く、朝日で明るくとも月がはっきりと見えるのだ。



週の中半にうどんのデリバリーがある。

日本人学校の40周年と校舎移転のレセプションで

子供達に手打ちうどんを振る舞い、うどん打ちのパフォーマンスを披露する。

DSC_0047.JPG

200パック分の小麦粉は量にして13キロ。

ロスを考えて少し多めに打つ。

一日では打ち切れずに、昨日から仕込みながら打っていた。

朝から打ち込み、昼までに打ち終えた。

柔になったか、量を打つと手のひらが痛む。


休み返上のうどん打ちを終えて、自分へのご褒美に

ビールをプシュッとな・・・(*~ρ~)ゞプハー

昼下がりのビールは旨し。

ビールを飲みつつ、ピスタチオをポリポリと囓る。

そして、スマフォを片手にウトウトと微睡む。

・・・・・至極。

20180408 本.jpg

女将が帰って早1ヶ月以上が経つ。

持ってきて貰った本の1冊、遠田潤子「雪の鉄樹」を読み始めた。

過酷な生い立ちの中、愛する人を待つというサスペンス。

だが、ハラハラするというよりはイライラする。

一度読み出したら止まらなくなり、450ページを一気に読んでしまった。

気がつけば既に丑三つ時であった。


これはもう一度読み返す。

posted by tenmogura at 13:17| 東京 ☀| Comment(0) | 語る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする